sakuraraボード

『産経新聞』『チャンネル桜』『やまと新聞』『青山繁晴さん』『みおボード』を大応援しています☆日本がまともな国になるまでの期間限定の予定です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | EDIT | TOP↑

【みおボード】拉致問題6_拉致被害者のみなさんを奪還しなければ!!他

みおボード07年5月~より
これが人権擁護?(2008年2月23日)
恐ろしい法律ができそうだ。
人権擁護法案。過去、一度国会に提出されたものの、保守派の政治家やマスコミの激しい反対にあい廃案。
安倍政権から、リベラルの福田政権になり、推進派が勢いづいてるらしい。
法務省の外局に人権委員会を設置し、全国に2万人の人権委員を配置して、人権侵害の問題解決にあたる。
この人権委員会は、「人権侵害された」との申し出を受けると、裁判所の令状なしで、調査のみにとどまらず出頭要請、住居への立ち入り、証拠品の差し押さえ、質問まで強行できる。

まずこの時点で憲法違反じゃん(笑) 護憲派、社民党のみなさん。こういうときだけ黙んないでください(笑)

人権委員に従わない場合は、氏名を含む個人情報の公表など罰則を課せる一方、人権侵害の疑いがなく間違いだった場合の、謝罪も含めて名誉を回復する手段は、今のところ法案には書かれていない。

「人権侵害された」と感じる概念は、人それぞれだと、みおは思うけど、人権侵害の定義を一切明確にせず、あらゆるものを対象にしている。
推進派の自民党、古賀誠選挙対策本部長 「実際に差別に泣いてるひとたちがいる」だってさ(苦笑。。) なんだかなあ・・・

みおが、それより問題だと思うのは、この人権委員に、国籍条項がなく、日本人でなくともなれるという点だ。

特定の思想に偏った、組合団体 在日の外国人でもなることができる。

たとえば北朝鮮による拉致問題を厳しく追及し、政治体制を批判する産経新聞やジャーナリストの櫻井よしこさん。
あるいは、家族会の増元照明さんやみなさんの存在や発言は 祖国に愛郷心をもつ、在日朝鮮人の方々にとっては苦痛だろう。
もちろん、そう感じるのは当然だし、祖国を思う気持ちは当然の権利で、なんら批判されるべきものではない。

ある日、金正日を批判した家族会メンバーを、「私の祖国の首領様を汚い言葉で批判されて、深く傷ついた」と、人権委員会に人権侵害の申し出をされることも可能になる。

安倍政権では、党の政策を決める政調会長に、保守派で志を同じくする中川昭一氏を就けて事実上、この法案を話し合いの土壌に載せることすら葬り去ったのだ。

平沼赳夫さんと中川昭一さんの、真保守研究会に、安倍前総理も入会し、人権擁護法案の国会提出断固阻止、反対を貫くことを採択したそう。

しかし、こんな法律ができたら、それこそ、偉そうに安倍さんを批判してた人たちや、いわゆるサヨクのみなさんがよくおっしゃってる「軍靴の音が、ひしひしと最近聞こえてくる」(苦笑)とか、「表現の自由、報道の自由の権力による介入」な世の中になるんじゃないのかしら。

その他にも、公教育で、卒業式に国歌を斉唱することや、総理大臣が靖国神社に参拝し、戦没者に敬意を表すという、諸外国ではごく当たり前の行為が、「思想信条の自由を侵され、重大な苦痛を感じた」と、人権侵害の申し出が殺到するだろうね。

「人権」や「平和」という言葉を声高に叫んでるやつほど怪しい。あぁ、おそろしいわ(笑)


*☆*:;;;:*☆*:;;;:
人権擁護法案について
人権擁護法案に反対する(神)議員たち
YouTube概要より:この人たちがいなくなったら日本終わり。


【反対派】人権擁護法案反対の勇者たち2【国民集会追加+a】

*コメントを消したい時は右端のこのボタン☆sakuraraボード☆-buttanを押してください。

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

みおボードより
拉致被害者のみなさんを奪還しなければ!!(2008-05-31)
北朝鮮に対して、なぜ経済制裁を続けなきゃならないか?みおはこう考える。
まず、みおのなかでは核問題と、拉致問題を同列に考えることはできない。
核の危険は、もちろん対策や対話は続けるべきですが、まだおきてない仮定の話。
一方、拉致問題は、発生から30年近くたち、今も日本で帰国を待ちわびる高齢のご家族、
そしてなにより、異国で長年監視下におかれ、助けを待っている数百人の同胞の方々がいるのだ。
それを考えれば、拉致のほうがはるかに優先順位が高いことは言うまでもないはず。

そういう観点から、みおは家族会のみなさんが、引き続き、制裁を望んでる以上 世論も、それを支持するべきだと思う。

ご家族のみなさんは、20年近く、愛する子供がどこへ消えたかすらわからない 発狂しそうな毎日をすごし 家族会を結成したあとも、国会議員に裏切られ続け、社民党共産党、などのリベラル勢力には、
「拉致は、日本の右派が北朝鮮を敵視し、国交正常化を妨害する為に考えた捏造だ」のような罵詈雑言を浴びせられ続けた。

北朝鮮寄りの報道を続けてきた朝日新聞は
「日朝国交正常化の前には、日本人少女拉致疑惑など、障害がいくつもある」と、拉致問題を
「課題」というならともかく、「障害」扱いしたり、2002年の9.17のトップ会談を受けての社説では
「いかなる場合でも拉致は正当化できないが、そもそも日朝の不正常な歴史は
日本による植民地支配から始まる・・・・・」と、同列に扱うことがおかしい、過去の問題を持ち出し
「北朝鮮も悪いが、日本はもっと悪い」と言いたげな主張をしている。

ご家族の皆さんは、自分の子供たちに 被害が及ぶかもしれないということを承知のうえで
「北朝鮮には厳しく対峙しなければ、なにも解決しない」と、長い孤独な戦いのなかで実感されたのだと思います。

06年の6月末には、みおも1日だけ参加しましたが、炎天下のなか
国会前で、小泉元総理に、経済制裁の発動を求めて、ご家族のみなさんは、
救う会、拉致議連、一般の市民のみなさんと3日間も座り込みをされた。

まさに命がけで、この「経済制裁」というカードを、その後の安倍政権まで時間はかかったが勝ち取ったのだ。

今再び、北朝鮮と対話をするために、制裁のカードを安易に放棄するべきだと考える文化人やそして国交正常化をすれば、拉致の解決が早まると信じている短絡的な愚かな国会議員が多すぎて、みおは恐怖を感じる。

隣国の飢えに苦しむ子供たちの存在は、確かに胸が痛い。
しかし、脱北者の証言からも、援助物資や食料が、一般庶民に渡ることはまずなく、
党幹部、軍人などで独占するという。そして、残りはヤミ市場に流されるらしい。

そのことからも、現体制では制裁を解除するメリットなど、ひとつもない。
自国民が拉致された「怒り」をしっかり表現するためにも、拉致で進展がない以上、経済制裁を続けるのは 普通の独立国家なら当然のことだ。
むしろ国際社会で包囲網を作り、圧力をかけ続けることで、あの独裁政権を崩壊に追い込み
レジーム(体制)チェンジを実現させたほうが、はるかに苦しむ人々を救うことになる。

いや、そんなたいそうな話じゃないと思います。問題なのは、自国民が数百人と拉致されてるのに
世論も盛り上がらない、拉致問題の解決を最重要政策に掲げた安倍政権より

「生活が第一」などと、奇麗事を言った政党が勝ち、税金として地方に財源をまわすために、
ガソリンが少し値上がりしたぐらいで馬鹿騒ぎして怒り出す このていたらくな現実だ。

その「生活」とやらも、しっかりとした安全、生命を守る法律や体制があってこそなのにね。

みおは「日本国憲法」も「憲法9条」も、「平和国家」という言葉も嫌悪する。
同胞が他国に拉致されて、奪還しようとすらしない、平和ボケしたこの国は異常なのではないか。

もちろん、自衛隊の方々のみではなく、米軍のみなさんと、安保条約を結んでるんだから共同で救出するのが、本来の独立国家の姿なのではないかと思います。
「拉致」は、日本の主権が侵害された「テロ行為」なんだから。

だいたい自国の国防をアメリカの皆さんに任せといて、したり顔でアメリカ批判してる連中は
親に食べさせてもらって学校に行かせてもらってるのに、偉そうな口を聞く、生意気な子供みたいなものだ(笑)

だったらアメリカ軍に全員祖国に帰ってもらって、基地を撤去して日本人のみで国を守ればいい。
もちろん、みおは大歓迎ですが(笑)

「戦争がいけない」って、言うのは当たり前のことだと思います
しかし、それと「国を守る」という事とは全く別の話だ。
憲法9条の奇麗事に酔いしれ、「国を守る」ことをおろそかにしたから、拉致問題がおこったのだと、みおは思う。

戦後、「平和」という言葉ばかり追いかけて、憲法の前文にもある、あの怪しげな文章。
「諸国民の公正と信義に期待して、永久に武力を持つことを放棄した」結果
数百人の日本人の若者が、夢も青春も奪われて、北朝鮮に拉致された。
過去の政治家たちは、どう責任をとるつもりなのだろうか?

安倍前総理は、国防から教育までの そういう戦後の矛盾と、国民の生命と財産を守る体制が不十分と感じ
「戦後レジームからの脱却」と、おっしゃって 「自分たちの手で新しい、しっかりとした憲法を書いてゆこう」
と主張された。きっと戦後初の、まともな保守感覚を持った総理大臣が 
あまりにも真の姿を国民に理解されずに 1年という短命で散ってしまったことは、みおは本当に悲しい。

今も異国で監視下におかれ、日本の救出を待ってる拉致被害者の皆さんを「帰国」させるのではなく、「救出」いや、「奪還」しなければならないのではないかと、みおは思った。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

西村眞悟ホームページより
眞悟の時事通信時事通信バックナンバーIndex
拉致被害者救出!国民大集会 No.191 平成17年4月24日日曜日
 本日四月二十四日は、晴天に恵まれた日曜日であった。
 この日、日比谷公園にある日比谷公会堂において、北朝鮮による拉致被害者の救出のための国民大集会が開かれた。
 主催者は、被害者家族会、救う会、拉致議連の三者である。
 
 参加してくれた国民は、約六千名である。
 即ち、場内に常時二千数百名が入っており、場外の公園広場に千数百名程が入りきれずに集まっていた。
 そして、家族会と拉致議連は、場内における集会に加えて、場外にあつまる人々と新たに集会を開くことにした。
 結局、本日集会は、日比谷公会堂の中と外で行われることになったのである。この場外の人々は、午後二時から五時の開会時間の間に絶え間なく入れ替わり、結局総計六千名ほどになったのだ。

 この国民集会は、拉致問題に関する国民の関心が、五人の家族帰国という山を越えたなかで開かれた。
 即ち、国民の関心が、北朝鮮が言うように、拉致問題は終わったとして終息に向かうのか、それとも、北朝鮮が死亡したという横田めぐみさんら八名と、さらに多くの被害者の救出に向かうのかという分岐点のなかで本日の集会が開かれたのだ。
 これを、小泉内閣が指向している方向と関連していうと、今日の集会は、小泉内閣が、北朝鮮と同様に拉致問題の終息を願うなかで開かれたといえる。

 よって、本日の集会が失敗したならば、我が国の拉致被害者救出運動は挫折し、未だ帰国できていない拉致被害者らは、祖国から見捨てられ北朝鮮の地に放置されることになる。

 それで、結果は!
 拉致問題は、断じて終息しない。これからが、新たなる戦いだという意気込みと、小泉総理に断固として対北朝鮮経済制裁を要求する結果となった。
 
 今までの、拉致被害者救出の国民集会を観てきたなかで、この度の集会においては、参加者が、「同情する国民」から「戦う国民」に変わっているのを強く感じた。

 この参加者の変化は、厳しさを増す周辺情勢の変化、とりわけ、中国の度重なる暴慢や反日運動に接しての怒りを反映したものであろうが、実にこれからの被害者救出運動の本質に即したものである。
 つまり、金正日が生存を認めた五名の帰還は、お土産を提げた「小泉訪朝」で果たせたのだ。

 しかし、これからは、金正日が、死亡したと言い切った八名と存在を否定した二名、それと、日朝両政府とも存在自体を認識しようとしていない数百名の日本人(特定失踪者)の救出が目的なのである。相手が存在を認めた人々の救出ではないのだ。従来のお土産を提げた「対話」で、救い出せるはずがないではないか。従って、この人々の救出の為には、本日の集会に参加してくれた人々の雰囲気と心意気、即ち、「戦う意欲」が必要なのだ。

 本日の集会を以て、拉致被害者救出運動は、
 新たな戦う段階に入ったといえる。
 本日の国民集会で決定された、
「小泉総理に経済制裁断行の決断を迫る決議」は、
二十六日午前十一時三十分に、拉致議連役員と家族会役員が、首相官邸に持参し、総理に伝達する予定である。

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

花うさぎの「世界は腹黒い」より
家族会・救う会、守りから攻めに!
去る2月2日、「頑張れ日本!全国行動委員会結成大会」が開催されましたが、この時はスタートして間もなく座席は満杯、立ち見も出るほどの凄い参加者と熱気でした。
家族会の増元照明事務局長はこの時のイメージが鮮烈だったようで、「私たちの集会も日比谷公会堂をあのような熱気で埋めたい」と語っておりました。


2010.4.25(日)【日比谷公会堂】
☆sakuraraボード☆-220425

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

デモや街宣は「中国側に対するメッセージにもなる」【一部文字起こし】

○●○●○●○●○●

【みおボード】拉致問題1_増元照明さん がんばってください!!他
【みおボード】拉致問題2_国内の敵 拉致問題ほか
【みおボード】拉致問題3_思想の対立っていやだね。他
【みおボード】拉致問題4_「家族」をあらためて読んで。/待ったなしの問題他
【みおボード】拉致問題5_感性を疑うよ。他
【みおボード】拉致問題6_拉致被害者のみなさんを奪還しなければ!!他
【みおボード】拉致問題7_がっかりした。/この人きらいだ。
【みおボード】拉致問題8_よくぞ 言ってくれました!!/最近思った。
【みおボード】拉致問題9_「保守」が聞いてあきれるぜ** 他




☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
みおさんの一日も早い病気回復をお祈りします。
皆様からも暖かい応援&祈りをどうぞよろしくお願い致します。
本日の 『みおボード


やせ我慢AさんTwitterより~  
*画像をクリックするとTwitter画面に飛びます。
☆sakuraraボード☆-miosan_yaseAsan3
やせ我慢Aさんからの掲載許可のお返事です♪
ツイッターで遊んでばかりの、A太郎です^^)
あんなコメントが、何かのお役に立つなら自由に使って下さい。
みおちゃんに、新しい出会いが増えることを祈って。

やせ我慢AさんTwitter
やせ我慢Aさんizaブログ

みおさんとの出逢いはコチラを☆
志は高く、熱く燃える女性「みおさん☆」(出逢い)
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
スポンサーサイト

| みおボード | 2010-04-17 | comments:2 | EDIT | TOP↑

COMMENT

1 ■ポイントは。。

文中にある、この部分だと思います。

「拉致」は、日本の主権が侵害された「テロ行為」なんだから。

拉致被害者家族の個人の問題ではなく、国家と国家の問題であること、ひとつの国による凶悪な犯罪であることなのですよね。

| mami | 2010/04/17 23:57 | URL | ≫ EDIT

2 ■Re:ポイントは。。

mamiさん、おはようございます。
> 拉致被害者家族の個人の問題ではなく、国家と国家の問題であること、ひとつの国による凶悪な犯罪であることなのですよね。
本当にそうですよね。拉致被害者のご家族にばかり負担を強いています。毎日どういう想いで過ごされているだろうと思うと胸が痛みます。
早く政治家が国家の問題として取り上げられるように(西村眞悟さんたちは早くから取り上げて下さっていますが)、今度の選挙、そういう国会議員がたくさん出るように応援したいと思います。

| sakurara | 2010/04/18 08:45 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sakurara2012.blog.fc2.com/tb.php/108-7cf8a834

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。