sakuraraボード

『産経新聞』『チャンネル桜』『やまと新聞』『青山繁晴さん』『みおボード』を大応援しています☆日本がまともな国になるまでの期間限定の予定です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | EDIT | TOP↑

【動画】青山千春博士 日本は「メタンハイドレート」で資源大国に!【文字起こし】

青山繁晴さんのブログが更新されていました。
真夜中の空を見つつ(熊本に着いてから、すこし補足したり書き直しました)
(2010年04月20日 02時34分43秒)

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

週刊たかじんのそこまでやって委員会 
私は青山繁晴さんの動画が見たくて「週刊たかじんのそこまでやって委員会」(有料)の会員になっています。
昨日のメルマガを読んでビックリ! 青山繁晴さんの「メタンハイドレート」の取材を、「多くの人にご覧頂きたい」という事で無料配信してくださるそうです!
なんと青山千春博士がご出演でした! 是非ご覧ください。
そしてここまで日本のことを考えてくれているスタッフさんの気持ちにこたえるためにも!? 
是非入会をお願いします!

たかじんのそこまでやって委員会
入会・退会について
会費
月会費 840円(800円+消費税40円)
年会費9240円(8800円+消費税440円)
ご入会日から1年間有効
※年額払いの場合1ヶ月分無料になります。← お得です!
☆sakuraraボード☆-たかじん新規登録

■□■□■□■□■□

会員限定メールマガジン『号外!やって委員会』第17号より
■2. 編集部発24時
「青山繁晴さんが、ここまで怒るとは・・・」と感じた、今回の「メタンハイドレート」の取材でのこと。

祖国・日本を思う気持ちと、いちキャリア官僚が言い放ったフザケた一言。
政府が「新資源の開発促進」をうたう一方で、組織内部から開発を阻害する人々。
巨大な石油利権にまつわる闇の黒さと深さ。「国賊」は誰か?「国益」とは何か?

青山さんに言われた一言。「命が狙われますよ」・・・将来の日本にとって光と、闇の正体とは。

この動画はより多くの日本人にご覧頂きたいと思います。
そこで、「メタンハイドレート」の動画記事は無料で配信することにいたしました。

また、皆様のご感想をお寄せください。

*☆*:;;;:*☆*:;;;:

たかじんのそこまでやって委員会
無料動画コンテンツ
【動画】青山千春博士 日本は「メタンハイドレート」で資源大国に![2010.04.11][2010.04.18]
資源エネルギーを他国からの輸入に頼っている国家、日本。

ところが、ある資源によって日本が資源小国から資源大国になれるかもしれないのです!
その夢の資源の名は・・・

「メタンハイドレート」

・日本が資源国として真の独立を果たすためには?
・メタンハイドレートが炙り出す日本の『病根』とは?

今回の動画は「1人でも多くの日本人に見ていただきたい」との観点から会員の皆様がご覧になっているフルバージョンを無料で公開いたします。
有料サイト内のコメント書き込み欄ではこうしたテーマで日々、読者の皆様による活発な議論が行われています。
「見ているだけじゃ物足りない!!」「自分も発言したい!!」という方は是非、入会登録をお願いいたします。
☆sakuraraボード☆-たかじん新規登録

*☆*:;;;:*☆*:;;;:

【動画】青山千春博士 日本は「メタンハイドレート」で資源大国に![2010.04.11][2010.04.18]

動画が見られない方のために、画像を抜き出してみました。小さくてすいませんm(_ _)m。

☆sakuraraボード☆-T1

☆sakuraraボード☆-T2

☆sakuraraボード☆-T3

☆sakuraraボード☆-T4

☆sakuraraボード☆-T5

☆sakuraraボード☆-T6

☆sakuraraボード☆-T7

☆sakuraraボード☆-T8

☆sakuraraボード☆-T9

☆sakuraraボード☆-T10

☆sakuraraボード☆-T11

☆sakuraraボード☆-T13

青山千春博士のお話:
あのーメタンガスはみなさんご存知だと思うんですけど、都市ガスの主な成分なんですけど、そのメタンガスが深い海の底とかの圧力があって、あとは冷たい水がある、そういうところで、水の分子とメタンガスが一緒になって固まっちゃうんですね。氷の塊みたいな、見た目は全く氷の塊と同じですね。
その中にメタンガスの分子が含まれている。それをメタンハイドレートといいます。

☆sakuraraボード☆-T14
メタンガスというのは、メタンガスがそのまま例えば大気に出るとですね、それは二酸化炭素CO2の温室効果というのは高くなってしまって、非常に悪役なんですけども、メタンガスを燃焼する。燃焼してエネルギーとして使うときは、化石燃料の中の石炭や石油よりもCO2が出るのが一番少ないです。
環境負荷が一番小さいので、一番環境にやさしいといえます。

☆sakuraraボード☆-T15

☆sakuraraボード☆-T16

☆sakuraraボード☆-T17

☆sakuraraボード☆-T18
青山千春博士:
南海トラフの方は砂の中に広く薄く存在してるんですね。実際に見るとただの砂の塊なんですけれども、そこに分子レベルでメタンガスがくっついている、メタンハイドレートがくっついている。
かつ海底のかなり深いところ300mとか400mとか深いところにあるというのがわかってきました。

☆sakuraraボード☆-T19
青山千春博士:
海底油田ありますよね? とか海底の天然ガス田とかそういうのの取り出し方法を応用して開発してるんですね、なのでなかなか無理があると海底の油田とか天然ガスというのは、何かストローみたいに棒を突き刺せば磁粉といって圧力の違いで下からシューッと上がってくるんですね、自然に。
なんですがメタンハイドレートは固体なので突き刺しても自然に上がってこないからそこで溶かす必要があります。

☆sakuraraボード☆-T20

☆sakuraraボード☆-T21

☆sakuraraボード☆-T22

☆sakuraraボード☆-T23
青山千春博士:
新潟の佐渡の南西沖というところには海底の深くではなく、海底の上までメタンハイドレートが上がってきているような特別な海域を見つけることが出来ました。
範囲は小さいんですが、そこに濃集してるんですね。濃く集まってるというのが日本海の特徴です。

☆sakuraraボード☆-T24

☆sakuraraボード☆-T25
青山千春博士:
これが無人の潜水艇なんですね。これで海底まで降りていって、船上の司令室なんですけれどもここでマニプレーターなどを操作できる。

☆sakuraraボード☆-T26
青山千春博士:
これはピストンコアと言ってですね、これを海底の底に突き刺します。そうするとこの中に海底のメタンハイドレートが入ってくるわけです。

☆sakuraraボード☆-T27
青山千春博士:
みんな歓声をあげてます。取れたので感激してるんですね。(これ初めて取れたときですか?)
そうですね、いっぱい入って興奮しています。実際南海トラフを研究している研究者はこの映像を見たときも歓声をあげました。「初めてメタンハイドレートの結晶を、天然界のを見た」というので。
(南海トラフってこういうのないんですか?)
はい、全然なくて見た目はなんにもない砂の層なんですね。

☆sakuraraボード☆-T28

☆sakuraraボード☆-T29

☆sakuraraボード☆-T30

☆sakuraraボード☆-T31

☆sakuraraボード☆-T32

☆sakuraraボード☆-T33

☆sakuraraボード☆-T34
青山千春博士:
漁師さんというのは実は昔から知っていて、魚群探知機に映るんですね、そのメタンハイドレートの泡が出ているところが魚群探知機に簡単に映ります。
あ、これが映るところに蟹かごを降ろすと蟹が沢山獲れる。で、漁船というのは毎日漁に出てるわけじゃないですか、その漁の行き帰りに例えば魚群探知機を付けたまま画像にメタンハイドレートが映ったら、今はGPSもすごくいいのが漁船についてますから、その時刻と位置とを全部取りまとめてもらって、それを我々研究者に教えてもらうと。
そうすると漁師さんは全国で毎日漁に出ているわけですから、ものすごい人海戦術であっという間にどこからメタンハイドレートが出てるかというのがかなり短時間で、かつ安価にわかると。

☆sakuraraボード☆-T35

☆sakuraraボード☆-T36
青山千春博士:
これを取っとかないと、他の国がもしこれを取ってしまったら、これは漁船を使って簡単に調べられる方法ですのでこれが使えないとなると、かなりコストもかかってしまうのでまずは日本で取っておこうと。

☆sakuraraボード☆-T37

☆sakuraraボード☆-T38
青山千春博士:
竹島がありますね、竹島の周辺にもたいへんあるという事が最近わかってきて、なので韓国の研究者はそこを一生懸命研究しています。
で、国際学会でわれわれは毎年発表しているのですが、去年から韓国の研究者の発表が増えて、それも全部竹島の周辺のデータ、それの発表になっていて、で、それでちょっと頭にくるのは、日本海の事を全部「東海」と書いてあるんですね。それはちょっとムカッときます(笑)。

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

昨年のサンフランシスコでの国際学会は、こういう事件(?)と重なりました。アドレスを貼っても飛んで行かれないかたもいらっしゃるみたいですので、該当箇所を転載いたします。でもできれば全文、青山繁晴さんのブログへ行って読んで欲しいです!!!

青山繁晴さんブログより
おはようございます。今朝は、ふだんのごく個人的な呟きとは異なります。(2009年12月12日)← クリック☆
(前略)
 ぼくは、きょう、サンフランシスコへ出発します。
 サンフランシスコで、日本の運命を切り拓く自主資源であるメタンハイドレートをはじめ資源をめぐる重要な国際学会が開かれ、そこに出席するためです。
 メタンハイドレートの資源探索について国内特許および国際特許を持つ、独研(独立総合研究所)の自然科学部長が同行します。
 というより、自然科学部長が主役です。彼女が例年通り、学会発表をおこないますから。
 その発表は、日本国内では、既得権益にまみれてきた政治や、同じく既得権益のなかにあるマスメディアからほぼ無視されてきましたが、国際社会では年々、大きな注目を集めているために、社長のぼくも同行し、世界の学者や研究者、政府当局者らとさまざまに、自在に議論します。

 その海外出張中に、会見中止と総理と幹事長の進退をめぐって、国内で議論もおこなわれるでしょう。
 この降ってわいた事件のために、国内に留まりたいと思うほどですが、国際学会の日程はもちろん動きません。日本の国益と国民益のために、ぼくと独研がささやかなりに寄与するには、この学会への参加は欠かせません。
 だから予定通りに出発します。予定通り出発するためにも、今朝のこの意見表明はどうしても必要です。
(中略)
▼さて、シスコへの出発の時間が迫ってきました。
東京湾岸の夜が明けました。われらの、たったひとつの祖国に、ほんものの救いあれ。


▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

夜明け前のシスコから、緊急にお伝えします(2009年12月14日)← クリック☆
▼ひとつ前の書き込みで申したとおり、ぼくは今、メタンハイドレートなど資源をめぐる国際学会出席のため、独研(独立総合研究所)の自然科学部長とともにサンフランシスコにいます。
 国際社会で重要な意味を持つ、大規模な学会ですから、簡単には終わりません。
 またメタンハイドレートは日本が建国以来初めて持つことになる、ほんものの自前の埋蔵資源です。人類の見つけた埋蔵エネルギー源としては、もっとも燃焼効率が良くCO2の排出も少ないエネルギー源である可能性が高いという共通認識が、この国際学会でのこれまでの論議を含め、科学の世界では急速に有力となりつつあります。
 これを、わたしたちの目前の生活と経済のためだけではなく、子々孫々にどうやって手渡すかを、日本は考えねばなりません。
 環境アセス(評価)を正確に行いながら、地に足をつけて研究し実用化していくことが、われらと子々孫々のためにきわめて大切であり、祖国とアジア世界のこれからの命運をも左右します。

 この学会を、途中で投げ出して帰るわけにいきません。

▼今週の関西テレビ・水曜アンカー(12月16日)の「青山のニュースDEズバリ」のコーナーは、したがって早い段階から、生出演ではなくVTR出演となることが決まっています。

 12月16日水曜は、まさしくこの国際学会で、独研の自然科学部長が日本海でのメタンハイドレート探索について、国内外の特許を取得している新技術を用いてどのような進展をみたかを発表する日です。
 今回はポスター・セッションでの発表であり、過去の学会のようにオーラル(口頭)発表ではありませんが、それでも国際社会からの関心は高く、独研の最高責任者(社長・兼・首席研究員)としてのぼくが、ちゃんと現場に居る必要があります。
(中略)
日本では、このような変事と危機に直面しながら例によって妙ちきりんな発言が盛りだくさんのテレビ報道もあるようですが、きょう放送された月曜アンカーが、キャスターのヤマヒロさんをはじめみなさんがフェアネスに徹した発言を敢然とされ、素晴らしかったようですね。
関テレのぎりぎりの努力に、視聴者のみなさん、応援をもしもできればお願いします。

あおやま しげはる 拝
サンフランシスコにて 2009年、平成21年12月14日月曜 未明4時50分。

正直いえば、眠いです。吐き気もします。ほんとうは泥のように眠りたい。しかし急ぎ、これだけは、こころあるひとにお知らせしておきたかった。


▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

あたらしいこと、ふたつ(2009年12月16日)← クリック☆
(前略)
みなさまへ
青山繁晴 拝
サンフランシスコ(アメリカ太平洋標準時間)2009年12月16日午前3時半

 きょうは早朝から、いよいよ国際学会で、独研の自然科学部長が日本の自主資源メタンハイドレートについてポスター・セッションで発表する日です。
 きのうガスハイドレートのオーラル(口頭)発表会場にいると、他の分野の会場に増して世界からの参加者が多く、国際社会でのメタンハイドレートに対する関心の高まりをあらためて痛感しました。
 特に、インドのほか、中国、韓国の参加者が多いのです。中韓の最大の関心事のひとつが、わたしたちの日本海にある、きわめて良質のメタンハイドレートです。


▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

☆sakuraraボード☆-T39☆sakuraraボード☆-T40

☆sakuraraボード☆-T41☆sakuraraボード☆-T42

*☆*:;;;:*☆*:;;;:

無料動画をご覧になった皆様へ・・・
『週刊!たかじんのそこまでやって委員会』は有料会員の皆様からの会費のみで運営する自主独立の動画サイトです。
企業スポンサーをつけないことで、あらゆるタブーを排し大手メディアが報じない真相を取材し続けています。

こうした活動を継続するために、皆様からの会費という形の支援が必要です。
当サイトの志にご賛同いただける方は是非、入会登録をお願いいたします。

☆sakuraraボード☆-たかじん新規登録

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

「次回予告」の動画はもうUPされていました! こちらは会員だけの視聴みたいです。
会員になって損はない!と、私は思います(^^。会員さんのコメントにもありました。 
「中にはこんな物に金を払うなら購読は止めようと思う映像もありました。しかし、青山さんの動画を拝見したときに会員になってて良かったと初めて感じられました。」

論説委員はコチラです。動画一覧までは無料で見られると思います。

論説委員:青山繁晴【独立総合研究所社長】動画一覧

【動画】青山繁晴 メタンハイドレートが炙り出す日本の病巣 [2010.04.18] ← 会員のみです!
青山繁晴さん大激怒! メタンハイドレート採掘が進まぬ「ある理由」!
日本が資源大国になる! 日本近海に眠る夢の資源「メタンハイドレート」。
この採掘についての研究・開発を民間の立場で行っているのが、青山繁晴さんの独立総合研究所(独研)です。
前回は独研の青山千春博士から、メタンハイドレートが「夢の資源」である理由を伺いました。

さて今回・・・青山繁晴さんは「激怒」しています。
その怒りの相手は日本の官僚、そのウラにある利権、利権に群がっている民間企業。

この国の病巣が露になった、ある「事件」とは。

☆sakuraraボード☆-たかじん新規登録

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

【追記2010.5.1】
まさか、右翼と呼ばないで!』さんで見つけました。訪問した際はランキングクリックをお願いします。
資源国、日本!!!知らぬは政府と日本国民ばかり(2010/05/01)

紙芝居 メタンハイドレート②


紙芝居 メタンハイドレート③


゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

ブルーリボンを急募しています!【話の花束さんより】 ← 作り方もあります。是非! ご協力ください。





☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
みおさんの一日も早い病気回復をお祈りします。
皆様からも暖かい応援&祈りをどうぞよろしくお願い致します。
本日の 『みおボード


やせ我慢AさんTwitterより~  
*画像をクリックするとTwitter画面に飛びます。
☆sakuraraボード☆-miosan_yaseAsan3

やせ我慢Aさんからの掲載許可のお返事です♪
ツイッターで遊んでばかりの、A太郎です^^)
あんなコメントが、何かのお役に立つなら自由に使って下さい。
みおちゃんに、新しい出会いが増えることを祈って。

やせ我慢AさんTwitter
やせ我慢Aさんizaブログ

みおさんとの出逢いはコチラを☆
志は高く、熱く燃える女性「みおさん☆」(出逢い)
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
スポンサーサイト

| 青山繁晴さん | 2010-04-22 | comments:0 | EDIT | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sakurara2012.blog.fc2.com/tb.php/120-fc19a8a3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。