sakuraraボード

『産経新聞』『チャンネル桜』『やまと新聞』『青山繁晴さん』『みおボード』を大応援しています☆日本がまともな国になるまでの期間限定の予定です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | EDIT | TOP↑

JSN■沖縄県民緊急フォーラム 89歳!感動の訴え! 「開会の挨拶」呼びかけ人:仲村俊子さん 他

是非! 多くの方にみて頂きたい動画です。89歳だそうです! 

JSN■沖縄県民緊急フォーラム「開会の挨拶」呼びかけ人 仲村俊子さん

JSNさんのブログに文字起こしがありましたので転載致します。
「開会の挨拶」呼びかけ人 仲村俊子 沖縄から「日米安保堅持」の声をあげなければ、日本の未来はない。(2010年04月10日)より
<平成22年4月4日 沖縄県立武道館>
☆sakuraraボード☆-沖縄1
ただいまご紹介にあずかりました仲村俊子でございます。
紹介にありましたように、私は去年米寿をおわりました。
しかし、いつ、お迎えが来てもおかしくない年ですが、「ちょっと待ってください」と。
☆sakuraraボード☆-沖縄2
「私やることがあるんです。」
「沖縄のために、日本のために、まだやることがありますので、お迎えはちょっと待ってください。」
「用事が済んだらこちらから行きます」

と、今お願いをしているところなのです。

今日、お集まりの皆さんは、昔で言えば金鵄勲章を頂くような方々です。
英雄の方々です。今ふうの言葉で言うと、人生の金メダリストであると私はご尊敬申し上げます。おめでとうございます(拍手)。
それはなぜかと言いますと、今日のこの集いは日本を救う、アジアの平和を築く救国運動の突破口を築く日だからです。

日本は建国以来、二千六百七十年になります。いろんな国難がありました。黒船の時もありました。元寇の時もありました。60年安保も革命寸前のことがありました。
しかし、今ほどの国難はありません!
自分たちが立ち上がらないと、この国は滅びるんです。


私はこの目で沖縄の流れをずっと見てまいりました。
ですからもう年なんか考えておれない、そう思って今日皆さんにお話しできることは話しておきたいという思いで、ここに立たせていただきました。

沖縄の現状はと申しますと、県議会が全会一致で普天間基地の返還を、県外国外で全会一致で決議しました。沖縄には保守はいなくなった。
そしてついで那覇市長、那覇市議会も全会一致です。

本来自民党の議員が多いと私は覚えていますけれども、これがどういう風の吹き回しか、自分の友達に言わせるとみんな宇宙人に頭をやられてるんじゃないか、という返事が返ってきました。

全会一致で基地を県外・国外に移せと。

何か聞くところによりますと、沖縄の「21世紀ビジョン」、これが基地のない平和な島を築くという文言が折り込まれているそうです。

これは世界じゅうに国が日本だけあったならば、どこも国がなくて日本だけが地球上に国があったならば、この夢は夢のままではなく基地がなくても平和が保たれるかもしれません。


皆さん、中国は沖縄は自分のものだと、それを日本が盗んだと言っているんです。
だから取り返すと言っているんです。

こういう時に基地がなくて、はたして平和が維持できるだろうか。恐ろしいことなんです。


そしてもっと恐ろしいことは、日本じゅうの安保廃棄の団体が、これは安保廃棄統一連というそうですが、その全国組織の事務所が那覇市の泊にあるんです。
【注:徳之島にも??→JSN■徳之島にも安保破棄中央実行委員会

そして今、総力を挙げて安保廃棄を今度こそということで、安保を破棄してアメリカも立ちきって、基地を全部なくして丸裸にして、そのあとどうなるか、もう目に見えているじゃないですか。

こんな恐ろしい時代を迎えて、60年安保の時も革命寸前だと言われました。
だけどあの時の総理は断固として安保堅持するという強い意思を持っていました。

しかし、現在は鳩山総理を取り巻いている方々は安保廃棄を今まで目指して戦ってきた方々、人々なんです。それが日教組なんです。

私が現役の時に見ました。ポスターを貼られていました。
そのポスターの前を通る時は、絶対こんなになってたまるか、私は握り拳を握りしめて歩きました。
それはどんなポスターだったかと言いますと、「沖縄を日本革命の拠点にしよう」こんなものだった。
これは今から数えると43年前です。私の記憶では。そういうポスターが貼られていたのは43年前です。

その43年かけて、着々と沖縄を洗脳していったんです。

基地があるから戦争になる。だから基地撤去だ、と洗脳していったのです。

そして今、日米安保50周年記念のこの年に、今こそ民主党政権ができて、それを取り巻く団体が皆左、皆安保廃棄のメンバーですから、今こそ安保を廃棄して日本を中国の属領にできるとそういう狙いをもって全国から沖縄に集中しています。
ですから沖縄から安保堅持の声を上げないと、今、私たちの未来はありません。

ですから第二次大戦で命をかけて戦ってくださった従軍の方々は、第二次大戦に負けたとはいえ、今日本には自由があります。平和があります。

その英霊の方々の遺志を受け継いで、私たちが日本を守らなくちゃいけないという固い決意を、この場で固めていきたいと思います(拍手)。

英霊の方々の遺志にそって、昨日、護国神社に参拝して皆様方の死を無駄にはしません、この美しい日本、平和のある日本、自由のある日本を絶対守りますと誓ってまいりました。

皆さん、頑張りましょう。よろしくお願いします(拍手)。
☆sakuraraボード☆-沖縄3

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

JSN代表仲村覚氏の動画も、コチラ↓に文字起こしがありましたが、一部でしたので、全部起こしてみました。
ブログ:沖縄と共に「自立国家日本」を再建する草の根ネットワーク(JSN)より
JSN■沖縄県民緊急フォーラム 「沖縄レポート」JSN代表 仲村覚(2010年04月13日)
JSN■沖縄県民緊急フォーラム 「沖縄レポート」JSN代表 仲村覚(1/2)


今まで何度かシンポジウム、講演会とやっておりますが、今までにない盛り上がりを見せてですね。
もう講釈を述べているような状況じゃなくて、早くデモに行きたいというような雰囲気ですが、最後に少しだけ簡単にまとめのお話をさせて頂きたいというふうに思います。

JSN初めてお名前を聞く方もいらっしゃると思いますけど、私、沖縄出身でありますが、東京に、関東に住むようになりまして30年になります。
ですが、やっぱり心は沖縄県出身で、とてもとてもニュースを見ても心配をしております。

そこでちょうど一年前になりますけれども、コチラに主催で掲げてありますJSN■沖縄と共に自立国家日本を再建する草の根ネットワークというのを立ち上げました。

名前は非常に長いんですが、非常に深い意味があると自分では思っております。

東京で見てますと、みんな沖縄の人たちが左翼に見えております。
そして客観的に見ると、いろんな保守の方々が憲法改正運動をやったり、保守の運動をしているんですが、「この沖縄を無視して憲法改正、自立国家再建、これは出来ませんよ」という意味が実は込められております。

国を立て直そうという時にはこの沖縄県民と一緒に国を作ろうというネットワーク、国家が一致団結しなければ日本国家再建は無理だということを、これまで一年間ずっと訴え続けておりました。

それで今日の英霊来世のみなさん、そしてイリハムさん、この想いにご賛同いただいてこの沖縄のために力を貸しますよという応援してくださる方々がようやく一年かけてたくさん増えてまいりました。

そして協力関係ができてきているんですけれども、その流れに逆行するように沖縄を中心に革命運動、左翼の革命運動、これが広まってきたわけであります。

今の日本の国難、鳥瞰するとどのように見えるかといいますと、東京の方では保守の皆様、特に日本海を中心とした保守の方、そしてチャンネル桜というインターネットのテレビ放送局があるんですけれども、そちらに集まった言論人、毎週毎週毎日毎日戦いを繰り広げております。

どのような戦いかと言いますと、民主党の売国法案、今日も受付の方で署名をお願いをしましたが、夫婦別姓、それから外国人参政権、その他、外国人人権なんとか法、この売国法案、実は13用意してあるそうです。まだ戦いは2つぐらいまでしか行っておりませんが、これからどんどんどんどん出てきます。

これの一つ二つ通っただけで日本はもう植民地になってしまうよ、と、これぐらい危機感を持って東京では戦っております。

そして保守の方々が東京で戦っている間に、民主党と戦っている間に、沖縄にはどういう人たちが来たかといいますと、共産党。共産党の党の党規を見ると、一番目にあるもの、これが、日米同盟の破棄です。ちゃんと党の規約にも謳っております。

民主連合政府政権樹立したら、真っ先に日米同盟を破棄して、そして、基地を全部撤去すると、こういうことを彼らの党には謳っております。

ですので共産党、彼らは、立党以来、これをずーっと念願に地道に地道に戦ってきたわけです。

そして民主党政権が樹立して、この大チャンスが来たと、そして日米安保50周年、このチャンスに日米安保を破棄しようというふうに動いております。

その決戦場が沖縄なんです。
その沖縄、今どういう状態かといいますと、耳をふさがれ目もふさがれております。
めくら状態です。何が起きているかわからないまんまに日米同盟が破棄しようという、直前まで来ていると。
このタイミングをもって今日の集会は、ある意味沖縄県民の決起集会だというふうに思っております。

私は、人間一人ひとり生まれたからには、何らかの使命があると思います。
不必要な人は一人もいません。
一人ひとり何らかの使命を持っている。
成し遂げることですね。これを持っていると思います。
そして、それと同じように日本という国、日本という国にも日本という国の使命が必ずあるというふうに思っています。

それは、今、中国共産党がアジアの覇権を握ろうとしておりますが、それに立ち向かって
「アジアの自由と平和を守る!」
という使命が日本には必ずあると思っております。

そして、沖縄県、沖縄県にも使命があるというふうに思っております。
では、どういう使命か?

それは米軍を追い出す使命でないことだけは、皆様、今日ここに集まっている方はご存知だと思います。
どういう使命かといいますと、今、沖縄県民に課せられた使命は
「日本を守る!」
という使命だと思っております。

この日米同盟の危機、これを東京の人が訴えても何にも通用しません。
沖縄県民かわいそうじゃないか、基地負担どうするんだ、なぜ沖縄県民だけに押し付けるんだ、という事でみんなタジタジになります。

ですので日米同盟堅持、そして普天間基地の移設、これを日米合意、国と国との約束です。
政権が変わったからって捨てられるものではありません。(会場から「そうだ!」の声)

例えば幕末、不平等条約結びました。明治政府無視しましたか? ちゃんと守りました。守った上で頑張って先人は条約を改正して行ったわけです。

自民党政権、民主党政権、関係ありません。国と国との約束です。これは守った上で、もし文句があるなら次の出で変えてもらうべきです。ですので日米同盟は堅持をするために普天間基地の移設問題これはちゃんと政府間の合意、これを履行してほしいという事をこれも沖縄県から訴えていく。

JSN■沖縄県民緊急フォーラム 「沖縄レポート」JSN代表 仲村覚(2/2)


目と耳をふさがれている沖縄県民に真実を伝えなければなりません。
その真実、たくさんあると大変ですので、今日受付でこういうチラシ、一枚もの、こちらお配りをしております。
☆sakuraraボード☆-沖縄4

まずこれにも書いてありますが、伝えなければいけないこと、二つあります。

まず、一つ、
「中国は一党独裁政権」だということです。「一党独裁」をもうちょっと言葉を変えて言えば、
「恐怖政権」です。

これを全県民に早く伝えなければいけないと思っております。
詳細はイリハムさんのお話を聞いた方はご理解頂いたと思います。

今日デモの集結地、泊でイリハムさんの書籍も販売しますので、是非!今日お買い求めをお願い致します。
どれだけひどい事を中国共産党がやっていたかとわかると思います。

そして、沖縄県は中国と昔交流があったと、近しい国たと、琉球王国の時に仲が良かったというこの言葉に、だまされないでください!

私たちの祖先は決して中国共産党と交流したことはありません!

そして、もう一つ、

「中国共産党、中国ですね。中国共産党は沖縄の支配を虎視眈々と狙っている」と、この事実を伝えなければなりません。

今、新聞の報道、全くしませんが、このチラシに一つとして捏造記事はありません。ニュースで書いてあること、全てを書いてあります。

今日、開場前にニュース、それからベトナムでの事件流しましたが、正式なニュースです。NHKですら報道をしておりました。
一番大事なニュースですね。

チラシの左上のNHKのニュース。2009年2月、沖縄県の尖閣諸島の沖合いで去年12月(去年というのは2008年ですね)、中国の海洋調査船2隻が日本の領海を侵犯したことについて、中国の政府の高官は「実際の行動で中国の立場を示した」と述べ、尖閣諸島における中国の主権を主張する意図があったことを明らかにしました。(日米安保破棄のためにマスコミから消された尖閣諸島問題

これ去年の2月です。そう昔の話ではありません。

尖閣諸島はどこの国の領土でしょうか?
それは、日本の領土です。
そして、沖縄県の領土です。
そして、石垣市の行政区であります。

このような私たちの領土、これを「自分たちのもの(領土)だよ」といった国があるわけです。
この事実に対して、日本政府(民主党政府)が抗議したことがまだありません。
なぜか、それは中国の影響下にもう丸め込まれているからです。
このような中、誰が声をあげなければいけないのか、それは、私たち沖縄県民ではないでしょうか。

なぜ中国は尖閣諸島を狙っているのか、チラシの下に書いております。

中国にとって沖縄は太平洋への出口であるという事です。

中国は太平洋覇権を目指しております。そのために中国は海軍を力を入れて増強してきました。
そして大陸間弾道弾、ついにワシントンまで届く大陸間弾道弾を去年の軍事パレード、こちらでご披露をわざわざしてくださいました。私たちはワシントンまで届く大陸間弾道弾があるんですよと。

そしてもう一方、沖縄にとって怖い兵器が水陸両用戦車ですね。水陸両用戦車、海兵隊の船の前がカパッて開くと、そこから戦車が水の上をパチャパチャパチャと行って、敵地に上陸をすると。
☆sakuraraボード☆-沖縄5

中国の中では必要ない武器だと思います。これはもちろん、台湾そして沖縄の島々、こちらへの上陸を想定して作っていると。

これはどういう事かと言いますと、大陸間弾道弾を、東京、ワシントンに向けます。そして、もし、もしですよ、私たちが尖閣諸島上陸する時には、アメリカさん黙って見ててくださいね、という事が出来るわけです。

アメリカだって自分たちの国民を犠牲にしてまで、沖縄の無人島、これをわざわざ守るかどうか、それはその時その時の国益です。

そしてこれが守ってくれるかどうか、これはこれからの日米同盟、これがどれだけ固いものになるかどうかに全てかかっています。

今、岡田外務大臣がアメリカと日本の核持ち込み密約、こういったもので騒いでおりますが、これはわたくしからみると非常識極まりない。

密約ができるという事は、それはそれだけ深い同盟関係にあることの証拠です。仲のいい友達同士だから内緒で敵に対して黙って約束事ができるわけです。
日本とアメリカの密約、これは同盟関係としていくらあっても問題ないというふうに私は思ってます。

その内緒話は誰を敵としてやるか、それは中国であるべきです。

そして逆にこれから私たちが恐れなければいけないことは、アメリカと中国がこれから密約を交わす可能性が多分にあると、これを恐れなければいけません。

日米同盟が何かトラブルになった場合、もし尖閣諸島を中国が取りに来た時にはアメリカさん不干渉でお願いしますね。という事を言われかねません。

それをそんな約束をしないでくれという説得をするだけの日本は日米関係にはありません。

これをこれから私たちの行動で直していかなければいけないと思っております。

具体的な活動ですけれども、今日署名を配っております。
「日米同盟堅持と普天間基地の辺野古移設を求める署名」
沖縄県民の私たちは日米同盟堅持のために普天間基地の辺野古移設を決定し、日米合意を履行することを強く求めます。

これは、東京、本土の皆さまには言えないことです。細かいことはいろいろ書いておりますが、これは全国の皆さまに署名を、応援をお願いを致しております。
最後のところに今日、本土から来た方もいらっしゃると思いますが、このように書いてあります。

全国の皆様、沖縄県民に遠慮することなく、日米同盟堅持と、普天間基地の辺野古移設を訴えてください。

このように発信したいと思います。

あとこれからやろうと思っている事が二つばかりあります。

その一つ「尖閣諸島の日」これを制定の要望書を出したいと思います。いかがでしょうか?
「尖閣諸島の日」何月何日がいいのかと議論したところ、それは「4月4日」しかないという事を頂きました。

なぜ4月4日か、今日が4月4日だからではありません。
それはですね、沖縄県が沖縄県になった日、廃藩置県で琉球王国から琉球藩から沖縄県になった日ですね。これが実はくしくも4月4日だという事だそうです。

この「尖閣諸島の日」はですね、各県知事にはもちろんですけれども、各沖縄の市町村ですね、こちらも市長に要望書をこれから準備してお届けをしたいと思います。

その時、それぞれお住まいのところでご協力頂くかもしれませんので、その時はよろしくお願いします。

そしてもう一つですけれども、なんという呼び名にしていいかちょっと迷っているんですけれども、嘆願書、これをアメリカの領事館に届けたいと思っております。

これは日米同盟、これがどれだけ重要なもので、アメリカにとっても日本にとっても、世界の東アジアの安定にとってもこの日米同盟は必要だ。そして米海兵隊、砥板さんのお話にもありましたように、これはどうしても沖縄にはなくてはならないものだと。これを沖縄県民は受け入れますし、全面的に協力をしていきます。と、こういう沖縄県民もいますという事をアメリカの領事館の方にお届けしたいと思います。

*☆*:;;;:*☆*:;;;:

4月4日を「尖閣諸島の日」というのは、前の石垣市長さんなら絶対ダメ!だったと思いますが、幸いな事に、今年の2月28日の市長選で保守系の新人・中山義隆さんが市長になりました。
なので実現あり?なんて思うのですが……。
【石垣市長選】中山義隆さんってどんな人?[桜H22/3/1]


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【沖縄県民緊急フォーラム】イリハム氏講演
okinawajiyu0117 — 2010年04月14日
2010.4.4 沖縄県民緊急フォーラムより イリハム氏が国を失う悲しみを全身全霊で訴えています。
沖縄県民、日本国民は必見です。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

普天間県外移設は、県民総意に非ず! 沖縄県民による保守デモ


SATORU777777 — 2010年04月08日
2010年4月4日、那覇市内で行われた沖縄県民緊急フォーラム「このままでは、沖縄が再び日本でなくなる」のデモ行進です。

これは、沖縄県内で行われた、沖縄県民によるデモです。

普天間基地の県外移設は、沖縄県民の総意ではありません。
沖縄にも、日米同盟堅持を訴える心ある人々がおりますが、
琉球新報、沖縄タイムズをはじめとするマスコミは、
米軍基地の県外移設を、あたかも県民すべての総意であるかのごとく世論を操作し、あろうことか、抑止力となっている米軍基地の県外移設を強く推し進め、沖縄を無防備にしようとしているのです。

私たちは、これ以上黙っていることができません。
沖縄のマスコミは、中国に都合のいい報道しかしません。
これ以上、マスコミに騙されてはいけません。
心ある県民の皆様、気づいてください。
沖縄の危機に、日本の危機に気づいてください。
私たちは一党独裁国家、中国の脅威を訴え続けてまいります。
県民の皆様、私たち日本の領土である石垣市登野城2392番地の尖閣諸島を守りま
しょう。

騙されてはいけません。
中国の尖閣諸島侵略の脅威に気づいてください。
沖縄のマスコミは、中国の脅威を県民に伝えようとしていないのです。
日米同盟は、日本の命綱です。
日米同盟を強化し、沖縄の自由と平和を守りましょう。
日本を守りましょう。
祖国を守りましょう。

沖縄と共に自立国家日本を再建する草の根ネットワーク(JSN)
HP http://jiritsukokka.com/

*☆*:;;;:*☆*:;;;:

デモに使った横断幕はコチラで見れます!
JSN■【最新情報】4月4日沖縄県民緊急フォーラム「このままでは、沖縄が再び日本でなくなる」(2010年03月30日)

*☆*:;;;:*☆*:;;;:

この情報は花うさぎさんのところで知りました!
花うさぎの「世界は腹黒い」より
沖縄と共に『日米同盟堅持』の声をあげよう!(2010/04/28) 

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

この講演で英霊来世さんがLIVEをされたみたいですが、英霊来世さんの動画は別エントリーを立てました。

JSN■沖縄県民緊急フォーラム 英霊来世さん【沖縄ライブ】

AreiRaise 英霊来世「8.30」


*☆*:;;;:*☆*:;;;:

拙ブログ:沖縄関連エントリー
≪日本人に臓器提供した兵士≫←感動です!


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
みおさんの一日も早い病気回復をお祈りします。
皆様からも暖かい応援&祈りをどうぞよろしくお願い致します。
本日の 『みおボード


やせ我慢AさんTwitterより~  
*画像をクリックするとTwitter画面に飛びます。
☆sakuraraボード☆-miosan_yaseAsan3
やせ我慢Aさんからの掲載許可のお返事です♪
ツイッターで遊んでばかりの、A太郎です^^)
あんなコメントが、何かのお役に立つなら自由に使って下さい。
みおちゃんに、新しい出会いが増えることを祈って。

やせ我慢AさんTwitter
やせ我慢Aさんizaブログ

みおさんとの出逢いはコチラ☆
志は高く、熱く燃える女性「みおさん☆」(出逢い)
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
スポンサーサイト

| 沖縄関連 | 2010-04-30 | comments:0 | EDIT | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sakurara2012.blog.fc2.com/tb.php/133-0683c65d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。