sakuraraボード

『産経新聞』『チャンネル桜』『やまと新聞』『青山繁晴さん』『みおボード』を大応援しています☆日本がまともな国になるまでの期間限定の予定です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | EDIT | TOP↑

成人式式典で「凛として愛」上映はいかがでしょう?♪【山田宏杉並区長テキスト起こしあり】

「2.2頑張れ日本!全国行動委員会結成大会」では、杉並区長のお話を直にお聞きできました。
成人式に英霊さんの遺書のお話をされると、成人の方々がシ~ンとなるというお話はジ~ンときました。

と、そのときにふと、成人式に「凛として愛」の上映っていいんじゃない?と思ってしまいました。
全国の首長さん、是非ご検討を! 私も地元の役所にお願いメールをしてみましょうっと♪

凛として愛YouTube(1/7)
http://www.youtube.com/watch?v=Hpz5rFqI7jA

「凛として愛」上映会に感激の拍手!
http://hanausagi.iza.ne.jp/blog/entry/1388528/

DVD購入はコチラから → 「愛国女性のつどい花時計」さん

頑張れ日本!全国行動委員会21 杉並区長・山田宏 成人式は英霊の遺書を

*杉並区長の発言部分を起こしてみました。( )内は会場の反応です。

ご紹介頂きました杉並区長の山田宏と申します。
杉並区は最初に扶桑社の教科書を採択した区です(拍手)。
元々左巻きの人たちが多いところで(会場:笑)、大変な反対を受けました。しかし私は、日本の自立というのは過去の先人たちの喜びや、涙や、血や汗と、しっかり若い人がつながってこそ再生する(拍手)。自分から過去の人たちと違うんだと、無責任、他人事、無関心を決め込んでいる日本人がいる限り、日本は再生しないんです。そういう想いで、扶桑社の教科書が採択されました。

その時もっともひどい反対をしたのが、在日の韓国人の団体でありました(拍手)。

傍聴席に異常な数の人たちが動員されまして、大きな声で、私が答弁をいたしますと、答弁が聞き取れないぐらいのヤジが飛びました。区長室の前では、そういう方々が陣取って、シュプレキコールをしました。

私はそのことに対して、外国の人が、外国の教科書に対して、外国の指定の教科書に対して、そこまで口を挟むのはエチケット違反である(そうだ!(拍手))。だから区長室への入室を今後はお断りすると、こうしたわけです。

もし外国人の参政権が認められるような事があれば、こういう人たちが大手を振って、地方議会や、地方の首長に圧力をかける事になるでしょう。私たちの国民の子供たちの教育は、国民が決めるものなんです(拍手)。

私は10年間この仕事に就きましたけれども、成人式を最も大事にしておりました。成人式で新成人に話す言葉は決まっておりました。毎回一緒です。

それはどういう事かと言いますと、「成人になるには2つの事を今日考えてほしい。一つは君らを育てた両親への感謝だ(拍手)」。もう一つは「君たちが知らない人たちの話をしよう」と言って、靖国神社に納められている英霊の言葉の中から、戦死をされた方の遺書を拝読するのです。

ほとんどの成人式が大騒ぎになっている中、杉並の成人式では一切荒れることもなく、シーンとこの遺書の言葉を聞くんです(拍手)。それは最初はザワザワしていても、みんな、みんなと同じ年の人が、60数年前にこういった遺書を書いている。だから聞いてくれと言って読みますが、読んでいるうちにシ~ンとなります。

前の方では目頭を押さえている女性の方もいらっしゃいます。私はそういう話を紹介しながら、彼らに対して、みんな過去ニッポンには戦争があった、こういう人たちが、みんなと同じ年の成人が、尊い命を捧げて、今のニッポンがあるんだ。この人たちの想いまで、君らは立派な人間となって、立派な日本を作る義務がある。

お母さん、お父さんに感謝すると同時に、こういう尊い犠牲を払った人たちにも乾杯するとともに感謝をして欲しい。

こう言えばみんなわかるんです。みんなシーンとなるんです。過去の先人たちの努力と、成人が結びつく一瞬なんです。彼らの背筋がピンと伸びるのを感じます。

この話を毎回するたびごとに杉並区の中にいる一部の勢力が、翌日鬼の首をとったかのように、「区長がまたしても特攻隊の遺書を読んで、戦争を礼賛した」というビラを配り続けます。しかしそんな事を思っている成人が一人もいないのは私に寄せられる感想文を見ればすぐにわかります。

彼らは素直にそういう人たちがいたのは知らないと、自分は今までの事を反省して、その人たちの分まで立派に生きますと、そう言っているんです。

ニッポンはね、捨てたもんじゃないんです。我々大人がしっかりすれば、ニッポンはほんとはこんなていたらくにならないはずなんです。杉並区でそういうことが証明されています。どうかこの機会にみなさんの力を結集して、ニッポンはもう正念場しようという時になりました。アレコレ言っている状況ではない。それぞれの人が小異を捨てて、大同について新しい日本を作りましょう。どうぞよろしくお願いします。ありがとうございました。

****************

「末永く繁栄する、新しい日本の形づくりを…杉並区長 山田 宏 公式ホームページ」
http://www.yamadahiroshi.com/

いくつかエントリーをピックアップしようと読み始めたら、たくさんになってしまいました。でも心温まるお話&勉強になるお話がたくさんでした☆

とっても暖かいお話です♪
2009.11.12 ■天皇皇后両陛下の思い出
2009.02.01 ■皇居の駐車場
2009.01.01 ■サンタクロース

2009.12.17 ■天皇訪韓の条件
2010.02.06 ■再び、天皇訪韓は反対

2009.06.26 ■山田宏の政治理念 「今の日本、まずどうしたらよいか」その1
2009.07.01 ■山田宏の政治理念 「今の日本、まずどうしたらよいか」その2
2009.07.06 ■山田宏の政治理念 「今の日本、まずどうしたらよいか」その3
2009.07.14 ■山田宏の政治理念 「今の日本、まずどうしたらよいか」その4
2009.07.16 ■山田宏の政治理念 「今の日本、まずどうしたらよいか」その5

2009.08.18 ■憤慨しています。
2010.01.14 ■いよいよ問題法案提出か~外国人地方参政権付与法案

2010.01.25 ■すぎなみバッグとすぎなみバンド
2009.11.30 ■歯磨きとインフルエンザ

話し方、訴え方が下手??
2008.06.01 ■ラグビー姿もつらいよ
2008.07.01 ■演説のコツ!

松下幸之助さんとのお話♪
2008.08.01 ■天国からの請求書 その1
2008.09.01 ■天国からの請求書 その2
2008.10.01 ■天国からの請求書 その3
2008.11.01 ■天国からの請求書 その4

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

関連エントリー☆
英霊来世さんも、成人式式典のゲストで唄って頂くというのはいかがでしょうか?♪
英霊来世さん関連
凛として愛関連

***************

【追記】

市川市の成人式で「凛として愛」の上映は絶対無理でしょうねぇ。。。

MSN産経ニュースより
外国人参政権反対決議 民団工作、一夜で否決 千葉・市川市議会(2010.2.1 00:36)


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

渡部 昇一さんの『東條英機歴史の証言 東京裁判宣誓供述書を読みとく』に、山田元杉並区長の教科書採択のお話が紹介されていました。

山田宏氏の成人式の文字起こしと、教科書採択時のエピソードはPDFにしました。
http://blogchirasi2011.web.fc2.com/yamada_hiroshi_seijinsiki_kyoukasho.pdf

私は、「凛として愛」を成人式に上映してもらいたいお願いや、保守系教科書の採択のお願いをする時に、首長さんや教育委員会、保守系議員さんにFAXしたり、郵送しています。
皆様も拡散用にお使い頂ければ嬉しいです。

東條英機歴史の証言 東京裁判宣誓供述書を読みとく/渡部 昇一
 ¥2,310 Amazon.co.jp

Their purpose, therefore, in going to war was largely dictated by security
(彼らが戦争に突入した主たる動機は、自衛のためだった)

この英文は、すべての日本人が覚えておかなければなりません。日本人はいまこそ、本当の「昭和史」を知るべきなのです。


*☆*:;;;:*☆*:;;;:
                                  *赤色はsakuraraが入れました。
はじめに――この第一級資料が、なぜ埋もれていたのか(P.3~13)
東條供述書を必読とする五つの理由

 この本は東條英機被告の先生供述書の復刊であり、またその解説を試みたものであるが、本書刊行の主たる動機は、東條被告を弁護することが目的ではない。

 本書刊行の第一の理由は、大東亜戦争(アメリカ側の言い方では太平洋戦争)の前夜から日本政府の中心にいて、開戦時の総理大臣・陸軍大臣・内務大臣であり、後には参謀総長も兼ねた人の大戦に関する詳細な記録であり、これを抜きにしてこの前の戦争を語ることはできないということである。立場の違う人でも、当時の日本の政治・軍事の最高権力者が事態をどう見ていたかを知る必要があるであろう。つまりこれは第一級資料なのである。

 第二の理由としては、これは単なる覚え書きとか日記ではないことである。覚え書きなら覚え違いもある。日記にも書き手の立場が無意識的に入りこんでいる可能性があることはインドのパル判事も指摘している通りである。しかし東條供述書は法廷文書である。彼に対しては敵意丸出しの検事たちが反対尋問していた。少なくとも事実に関するウソはここには入りこめない。これを第一級資料と呼ぶ所以である。

 第三の理由は、ここで東條被告の主張が正しかったことを、東京裁判(国際極東軍事裁判)の法源であったマッカーサー元帥自身が、裁判終結後の約二年半後に、アメリカ上院の軍事外交合同委員会という公式の場で認めたことである。すなわち昭和26年(1951年)5月3日、マッカーサーが公式の場で述べた中には、次の言葉があった。

 日本は絹産業〔蚕〕以外には、固有の産物はほとんど何も無いのです。彼らは綿が無い、羊毛が無い、石油の産出が無い、錫が無い、ゴムが無い。その他実に多くの原料が欠如してゐる。そしてそれら一切のものがアジアの海域には存在してゐたのです。
 もしこれらの原料の供給を断ち切られたら、一千万から一千二百万の失業者が発生するであらうことを彼らは恐れてゐました。したがつて彼らが戦争に飛び込んでいつた動機は、大部分が安全保障の必要に迫られてのことだつたのです。
(小堀桂一郎編『東京裁判 日本の弁明』講談社学術文庫564、565ページ。下線渡部)


 この下線の部分は特に重要なので、英文でも示しておきたい。

Their〔The Japanese people's〕 purpose, therefore, in going to war was largely dictated by security.

 東條被告の主張の核心は、「日本は侵略戦争をやったのではない。自存自衛のためだった」ということである。マッカーサーのこの発言は当時日本の大新聞で報道された形跡はなく、今日に至るまでテレビでも報道されたという話を聞いたことがない。東條被告の処刑後だったのは残念であるが、彼を裁かせ、死刑にさせたマッカーサー自身が、その後間もなく東條被告の弁護人になったようなものである。
この事実はすべての日本人が知るべきであり、できるなら世界中の人に知らせたい。

 ニュールンベルク裁判でナチスを裁かせた人が、後になってヒトラーやゲーリングの弁護をやったという話はない。日本はナチス・ドイツではなかったのである。

 第四の理由は、昭和史を見る上での東條供述書の意味である。昭和史に関する本はいろいろ出ており、興味ある記述も多いが、多くは秘話や、裏話や逸話の発掘や紹介である。人体には頭蓋骨や背骨があると共に、指の骨もあれば、爪や爪の垢もある。敗戦までの昭和史を人体に譬えるならば、東條供述書はその頭蓋骨から背骨に当たる部分である。凡百の昭和史は、せいぜい腕の骨か足の骨、多くは小指の骨や、爪や爪の垢をいじくっている感じである。国務と統帥の乖離問題や、ABCD包囲陣や、アウタルキーの問題が中心にこないような敗戦前の昭和史は、頭蓋骨と背骨がない人体のようなものであろう。

 第五の理由は、東京裁判は過去の問題でなく、現代の問題であり、未来につながる問題であることである。この裁判を正しく理解することなしでは、日本の歴史教育の基盤も砂の上に置かれたようなものであろう。たとえば最近東京の経済同友会が小泉首相の靖国神社参拝に反対する主旨の提案を出したが、その幹事会でこんな発言があったという。

「靖国問題も絡め、“東京裁判は打倒だったのか”との話があったが、戦勝国の裁判が間違っていたと学んだとしても60年前には戻れない……」(『産経新聞』平成18年6月8日。下線渡部)


 しかし戻れるのである。また日本人は戻らなければならないのだ。そのためは前に引用したマッカーサーの議会証言だけでも十分なのである。教育の場にもどし、さらにテレビや新聞といったマスコミの場にもどし続けるならば、将来の日本人の姿勢がピンとするのだ。結果として媚中・拝中の卑屈な日本人を国政の重要な場から一掃できるのである。

 右にあげた5つの理由から、東條被告の宣誓供述書は、昭和史、特に戦争の時代の昭和の時代に関心ある人、また特にその時代の研究者が、その立場にかかわらず第一番に読むべき文書であると信ずる次第である。
(中略)

東條英機という人物
(中略)
 東條さんほど戦後の日本で憎まれた人はないと言ってもよいのではなかろうか。私の中学で四十年勤続という博物学の名物老教師が、授業の途中でこう言ったことがあった。

「自殺し損ねるとは東條は何という奴だ。本当に自殺する気ならピストルを顳顬に当てて撃てばよいのだ。腹に撃つ奴があるか」

 その口調は慢罵といったものであった。その頃、私もそう思ったことはこの老教師のその時の姿も口調もよく覚えていることからわかる。

 しかし事実は違うようである。東條さんは心臓に撃つつもりで近所の医師に、その点に印をつけてもらっていたという。そしてアメリカ兵がやってきたのを見た時に撃った。そのピストルは軍人であった義理の息子が少し前に自決したものだったという。ところが東條さんの心臓は普通の人より少しずれていたのだそうである。では何ぜ顳顬に撃たなかったのかと言えば、死後、必ず写真に取られて世界の新聞に出るに違いないと考え、顔をこわしたくなかったのだという。(注:自殺未遂の真相については下記動画を見てください。東條由布子さんが詳しくお話されています)

 いずれにせよ、東條さんがあの時死なないでくれてよかったと思う。拘置所に入ってからの東條さんは、すべての人の尊敬を受ける人物であることを証明した。元タイ国大使であり、明治以降の日本外交史の基本図書の著者である岡崎久彦氏も、戦争の勝負を別とすれば、東條さんは日露戦争の首相桂太郎よりも偉いだろうという主旨のことを言っておられるが、けだし卓見であると思う。東京裁判以前は東條さんに反感を持っていた人も、裁判における東條さんの言動を見て、例外なく尊敬の言葉を残している。

 東條さんは天皇陛下に戦争の責任のないことを第一に考えて発言した。同僚や他の日本人に責任を押しつけようとした発言は皆無であった。敗戦の責任を全部引き受けるつもりであった。そしてキーナン主席検事との応酬においても、一歩もひかずに日本の立場――自衛戦であったという主張――を主張し、この論争は「東條の勝」という印象をみんなに与えた。この時は「悪玉とされた東條の評判がよくなった」と伝えられている。死に直面した時に、その人物の真価がわかると言えよう。

この供述書が、これまで顧みられずにきた理由とは
 いずれにせよ東條さんの宣誓供述書が残されたことは、日本人にとって有難いことであった。その後間もなくマッカーサー自身が東條さんの主張が正しい事を認めたではないか。ただ大東亜戦争に対する東條・マッカーサーの史観が、日本人の間に普及していないことが残念である

 その主たる理由は今では明らかだ。占領期間中、二十万ともいわれる人たちが公職追放となったからである。この追放令の中心は民放局のケーデス一派だと言われる。彼らはアメリカ民主党の左派であり、中には後にコミンテルンのエージェントだったと判明した者もいた。石橋湛山や松下幸之助も追放されたのだから、その基準がいかに無茶苦茶なものであったかわかる。その公職追放令の嵐の中で、うんと得をした者たちがいた。戦前の左翼思想家や在日コリア人などなどである。特に重要な敗戦利得者は、左翼インテリだった。
(中略)
 例として二人の学者の名前をあげたが、これは典型的な敗戦利得者で、そのほかの例は数え切れない。この敗戦利得者たちは日本の主要な大学の主要なポストを占め、その弟子たちは、あるいは日本中の大学に教授として散らばり、あるいは大新聞の記者となった。正に癌細胞の転移にも似た様相を呈したのである。

 こうした敗戦利得者とその弟子たちが、戦前の「日本のよさ」とか「日本の立場や言い分」を肯定することはない。東條さんの宣誓供述書が戦後の日本の学界や言論界でまともに取り上げられることがなかったのは当然である。しかし敗戦日本を支配し、東京裁判史観や公職追放令のもとのもとだったマッカーサーさえも、東條史観に同感していることは日本人の常識なってよいと思う。

━─━─━─━─━─

おわりに――虚偽につき固められた「昭和史」に決別を(P.533~)
マッカーサー証言の持つ万鈞の重み
 私が東條大将の東京裁判における宣誓口述に基づく昭和史を述べてみようという気になったのは、「はじめに」でも述べたように東條さんの言い分を守ろうという腰の引けた話ではないのです。なぜこれをしようと思ったかというと、まず第一に東條さんが「この戦いは自衛戦である」と主張して止まなかったことです。それはこの宣誓口述に見る限り、日本が一歩一歩そこに追い込まれていった過程がわかります。日本が喜んで戦争を始めたという形跡はどこにもありません。むしろ日本のアメリカに対する交渉は「お願い、お願い、お願い」という姿勢でした。

 戦争前になると、日本には物資が何もなくなりました。アメリカとの戦争の前にすでにわれわれは子どものおもちゃでも、ブリキ製のものはみな供出したものです。子どものブリキのおもちゃまで供出して侵略戦争しようなどという国があろうはずがありません。

 さらに強調したいことは、日本がこの戦争に突入したのは、日本は本当に物質的に首を絞められていて、このままだらだらと交渉を続けられると日本の陸海軍は確実に活動不能となります。石油も何もないわけですから、産業も全滅することになります。そうした事情からやむにやまれず戦争に突入したのであって、まったく自存自衛のためだったと主張していることです。

 それだけなら一つの説得力ある主張ということで終わりですが、東京裁判をやらせた当のマッカーサーが国に帰り、アメリカの軍事外交に関する最高の場である上院の軍事が外交合同委員会で、先般の戦争が、東條首相が述べたように日本が自存自衛のためにやむを得ず行なった戦争であったということを認め、次の一句を述べています。

「従って、彼ら(日本人)が戦争に突入した目的は、主として自衛のために余儀なくされたことである」
「Their purpose, therefore, in going to war was largely dictated by security」

前にも申し上げましたが、この英文は、すべての日本人が覚えておかなくてはなりません。

(中略)
 マッカーサーも後になって「日本の言い分は正しかった」と言っています。これは「東條の言い分が100%正しい」と言っているのと同じことです。ですから私は、このことを日本の人に知ってもらいたいのです。

 事実、この上院外交軍事合同委員会におけるマッカーサーの言葉には、魔法の働きがあります。私が知っている一例を挙げると、平成17年(2005年)、杉並区ではどうも「新しい歴史教科書をつくる会」が編集した歴史教科書(扶桑社)が採用されるのではないかという情報が流れ、荻窪駅あたりでは山田区長を弾劾する演説が行なわれ、ビラがまかれていました。採択を阻止する思惑もあってか、教科書の採択決定を前にした区議会において、区長に対する質問が行なわれました。

 杉並区議会は少し変わっていて、全共闘崩れの議員が2,3人、議席を占めています。彼らは、保守的な傾向を持つ山田区長を、とっちめてやろうという意図だったと思います。それがわかっていますから、当日の傍聴席にはその筋の人々で満席の盛況で、異様な雰囲気でした。

 そこで件(くだん)の議員から、「区長、あなたはこの間の戦争を聖なる戦争だと思っているのか。侵略戦争だと思わないのか」という主旨の質問がありました。

 それに対して山田区長は、「侵略、聖戦というと定義が難しいから、それには立ち入らないとして、この前の戦争が侵略戦争ではなく自衛の戦争であったということは敵の大将のマッカーサーがちゃんと言っている」と述べ、先に紹介したマッカーサーの発言を原文で暗唱したのです。そうすると、わいわい騒いでいた議場が突如シーンとなり、それで終わりました。これは魔法の言葉です。ですから私は、日本のすべての人にこの文言を知ってもらいたいのです。

*☆*:;;;:*☆*:;;;:

【追記】上記マッカーサー発言について花うさぎさんが日本政策フロンティア主催「歴史公民教科書公開討論会」で質問してくれました。

教科書採択 育鵬社が「裏切り行為?」(2011/08/13 08:11)
質疑の時間で、私が手を挙げ、「GHQ最高司令官だったマッカーサーが、後に、日本の戦いは自存自衛だった、という発言をしているが、二社はこのことを教科書に記述したのか?」と質問させてもらいました自由社は「書いたが検定ではねられた」、育鵬社は「書くつもりはない」との回答でしたが、両者の歴史認識と記述のスタンスには基本部分で相当大きな差があると感じた次第です。

~コメント欄より~
<sakuraraコメント>
それから「マッカーサーの自存自衛発言」の事を聞いて下さってありがとうございます。
「書くつもりはない」という返事にガクッとしました(>_<)。
この言葉は、育鵬社・推薦人の「渡部昇一」さんが、「全国民が知っておかなければならない言葉」とおっしゃっていますし、是非、学校で教えるべき言葉だと思うんですけど残念です。

<花うさぎさんお返事>
なんてつまらないことを聞くんだ、とばかりの返事でした。

教科書は学者の研究論文の発表の場ではないのだから、左に偏りすぎた教科書が主流の中で、多少は妥協しても細かいこというな、と言わんばかりの話を随所でしてました。

確かに東京書籍よりは育鵬社が良いに決まってますが、それにしても、というのが正直な感想でした。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

以下、お知らせ&お願いです。

~テーブルに、冷蔵庫に、チラシをペタッ! 家庭内ポスティング♪~
を、よろしくお願いします!

ブログチラシ保管箱
http://blogchirasi2011.web.fc2.com/index.html

花うさぎさんPDFコーナー
みおボードPDFコーナー

みおボードちらし
元エントリー:【みおボード】金美齢さん関連エントリー/おばあちゃんと、金先生。他
*画像クリックでPDF画面に行きます。
sakuraraボード-mioboard

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

日本ブルーリボンの会HP
*画像をクリックすると購入画面に飛びます。(携帯ストラップ850円(税込))
sakuraraボード-ブルーリボンストラップ sakuraraボード-携帯ストラップ

国旗ストラップ: 多くの皆様の「何処にでも携えて行けるようにストラップを」とのご要望にお応えして作成しました。携帯電話などに着けていただき何時も救出を願ってください。よろしくお願いします。

「日の丸つきブルーリボンバッジ」に込めた想い
横田めぐみさんの父、横田滋さんは以前ある取材で、
「めぐみが日本に帰ってきた時には、大きな日の丸でめぐみを包み込み、しっかりと抱きしめてあげたい!」と語られました。

横田滋さん「あの子が帰ってくるまで…」くよくよせず若い気持ちで (夕刊フジ)
(前略)
たまに友人から気晴らしにと誘われるカラオケでは、十八番の松田聖子の「赤いスイートピー」を歌い、「あまりくよくよせず、なるべく若い気持ちでいることが元気のヒミツ」とも。

だが365日、心は常に北朝鮮のめぐみさんにある。
「めぐみが小さい頃は、双子の弟がいるため母親の両手はいつもふさがっていて寂しい思いをさせた。だから私が、いつもめぐみの手を引いて2人だけで映画館やスケート、宝塚歌劇に連れて行き『ベルサイユのばら』などをみたことを思い出します

まさに、ひたすら娘の姿を追い求めてきた人生。滋さんは言う。
「めぐみが日本に帰ってきたら、親がいないのではかわいそう。あの子が帰ってくるまでは、助けてくださいと祈りつつ、元気でいてやりたいのです」

滋さんは今月、78歳になった。ペン・カメラ 山岸信美

*☆*:;;;:*☆*:;;;:

拉致被害者&ご家族の人生を無駄にしないために!Ver.2 (…実は増元さんの後に、青山繁晴さんのアンカー動画を貼ってます(^^)


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

どうか、産経新聞が多くの日本人に知られ、読まれますように☆
電車で朝日新聞を読む人が減りますように!!

sakuraraボード-産経新聞

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

現在「愛国女性のつどい 花時計」さんで「凛として愛」拡散プロジェクトを実施中です。
sakuraraも参加する事にしました。ご協力をどうぞよろしくお願い致します。
DVDの購入はコチラ → 「愛国女性のつどい 花時計」(1枚千円)

凛として愛(1/7)


花うさぎさんエントリーより
「凛として愛」上映会に感激の拍手!(2009/12/28 00:02)
靖國は「国難に私達も戦う!」と誓う場(2010/06/18 09:43)
不死鳥のように甦った「凛として愛」!(2010/07/25 09:13)

sakurara作「凛として愛」DVDジャケット♪
「凛として愛」ジャケットを作ってみました。







☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
みおさんの一日も早い病気回復をお祈りします。
皆様からも暖かい応援&祈りをどうぞよろしくお願い致します。
本日の 『みおボード


やせ我慢AさんTwitterより~  
*画像をクリックするとTwitter画面に飛びます。
☆sakuraraボード☆-miosan_yaseAsan3
やせ我慢Aさんからの掲載許可のお返事です♪
ツイッターで遊んでばかりの、A太郎です^^)
あんなコメントが、何かのお役に立つなら自由に使って下さい。
みおちゃんに、新しい出会いが増えることを祈って。

やせ我慢AさんTwitter
やせ我慢Aさんizaブログ

みおさんとの出逢いはコチラを☆
志は高く、熱く燃える女性「みおさん☆」(出逢い)
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
スポンサーサイト

| 凛として愛 | 2010-02-05 | comments:6 | EDIT | TOP↑

COMMENT

1 ■感動しました

山田区長のご尽力に、改めて感謝します。短いけれども、価値のある講演でした。闘争しなければ自由は得られないですね。文字起こし、ありがとうございました

| 仁 | 2010/02/06 15:31 | URL | ≫ EDIT

2 ■Re:感動しました

>仁さん
コメントありがとうございます。
ブログ開設してから初めて頂いたコメントが、優しいコメントでしたのでとても嬉しいです!
私も山田区長のお名前は伺っていましたが、お話を聴くのは初めてでした。
こうやって静かに言葉を大事にして闘ってらっしゃる姿に感動しました。
多くの人に伝わるといいなと思っています。
ありがとうございました。

| sakurara | 2010/02/06 16:43 | URL | ≫ EDIT

3 ■凄い!

こんな凄いブログをアップしているなんて知りませんでした。
早速ブックマークして定期的にチェックさせて頂きます。

凛として愛の映画上映、英霊来世のライブ、大賛成です。今日も中野ゼロホールで四曲聞いてきました。本当に良いですね(^^)。

| 花うさぎ | 2010/02/06 18:23 | URL | ≫ EDIT

4 ■Re:凄い!

>花うさぎさん、こんばんは。
お越し頂きありがとうございます!

> こんな凄いブログをアップしているなんて知りませんでした。
え~~~?(T_T)
花うさぎさんに真っ先に報告メールをしたんですけど(3日朝に)、返事がなかったので何か失礼な事を書いてしまったかと思っていました。
でもメールタイトルが「ブログ作ってみました!」でしたので、勧誘メールと思われて削除されたかな?とも思ったので、TBを付けさせて頂いたのですが、コッチですね、きっと(笑)。
2.2の国民行動も大きな刺激になって、ホント突然に作ってしまいました。
いつかこういうブログが必要なくなる日本になるといいなと思いますが、今は自分に出来る事をしたいと思います。

> 早速ブックマークして定期的にチェックさせて頂きます。
ソ、ソレはちょっと怖いです(笑)。どっちかというと最新情報とかは花うさぎさんたちにお任せして、私は後からまとめブログみたいに出来たらいいかなと思っています。
もう結構花うさぎさんのエントリーは使わせて頂きました。コレからもよろしくお願い致しますm(_ _)m。

> 凛として愛の映画上映、英霊来世のライブ、大賛成です。今日も中野ゼロホールで四曲聞いてきました。本当に良いですね(^^)。
あ~今日でしたか。田母神さんや藤井源喜さんのですよね?
私は英霊来世さんの曲を聴きながら、英霊来世さんのブログを読み直してました。ホントにホントにいいですよね。←この言葉しか出ませんf(^-^;
多くの人に英霊来世さんの事を知って、聴いてもらいたいと思います。

| sakurara | 2010/02/06 19:14 | URL | ≫ EDIT

5 ■文字お越しを転載させて頂きました

講演内容だけでなく、この映像の文字お越しされた事にも感動しました。
それで転載させて頂きました。
今後ともよろしくお願い致します。

| 「淡交 サイト」 管理人 微力 | 2010/02/08 20:19 | URL | ≫ EDIT

6 ■Re:文字お越しを転載させて頂きました

>「淡交 サイト」 管理人 微力さん
お越し頂きありがとうございます!

> それで転載させて頂きました。
ありがとうございます!
いつも青山繁晴さんの情報をチェックさせて頂いていますので光栄です。

> 今後ともよろしくお願い致します。
コチラこそ、硫黄島関連でエントリーも転載させて頂いています。今後ともよろしくお願い致します。
青山さんの事を多くの人に知ってもらえるように応援&祈っています。
ありがとうございました。

| sakurara | 2010/02/08 22:09 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sakurara2012.blog.fc2.com/tb.php/15-fca643bc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。