sakuraraボード

『産経新聞』『チャンネル桜』『やまと新聞』『青山繁晴さん』『みおボード』を大応援しています☆日本がまともな国になるまでの期間限定の予定です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | EDIT | TOP↑

口蹄疫(こうていえき)について/怒りが憎しみに……4(衆院農林水産委・江藤拓議員動画&議事録)

江藤拓議員ブログより
更なる苦難(2010/5/14 20:54)
空港に降りてスタッフから受けた最初の報告は、新たな発生確認でした。
その中には、私も彼も特に親しい友人の酪農家も含まれており、泣きながらの報告でした。
私も絶句するしかありませんでした。
こんな報告を受けたのはもう何回目でしょうか…。
救いは彼が電話で「必ず再起するかいよ」と言ってくれた事です。
事態は深刻さを増すばかりです。
弱音は決して吐きませんが、明日が怖いのも正直な気持ちです。

(江藤拓 5/15 22:51)
大変返信が遅れました。申し訳ありません。
皆さんの行動が少しづつ政府の姿勢をマスコミの姿勢を変えつつあるのを感じています。

ネット上の声を顔の見えない無責任な声だという人も居ますが、ほとんどの方々が、真剣に考え意見を下さることに感謝しています。
政治家の日常が皆さんの目にほとんど見えない現実が、ブログを始めた事によってお知らせできることにやり甲斐を感じています。
みんなを励まし、勇気を与えられる様に頑張ります。

━─━─━─━─━─

緊迫(2010/5/15 10:58)
今日も朝から尾鈴に入っていますが、現場の緊迫感は半端ではありません。
各役場の町長さんとも情勢分析をしましたが、加速度的に広がる事態に、児湯郡の町長さんが集まって、の会議も開かれます。

(江藤拓 5/15 21:29)
今日も真剣なご意見を沢山頂き、有り難うございます
ご意見にお答えし切れていないことに申し訳なく思っています。
現場では私以上にムリしているみんなが沢山います。
私が体調不良なのは働き過ぎと言うよりも、自己管理の甘さです。
ご心配かけて申し訳ありません。

勧告の件は分かりません。色んな説が飛び交い混乱しています。
取材については、みんな余裕がないのでしょう。
ここにきて急に取材陣が増えました。ご勘弁頂きたいと思います。

野菜の契約農家などに確かに影響がではじめており、私も大変気がかりな問題です。

ご指摘の通り、非常事態である、宮崎だけの問題ではない。
という認識に政府が立ってくれなければ、取り返しのつかないことになりかねません。
いや、もうなっているのかもしれません・・・。

━─━─━─━─━─

牛乳(2010/5/15 12:56)
昼に尾鈴農協に戻り、昼飯を皆で頂きました。
パンと女性職員がくれたシュークリームとバナナ。
それに牛乳でした。
トロントロン牛乳は川南の牛乳です。
飲みながら泣けてきました。

(江藤拓 5/15 21:52)
宮崎の物産をネットやショップで買って下さる気持ちが本当に有り難いです。
尾鈴の皆さんにも皆さんのネットを通じての応援やご厚意はちゃんと伝えています。広島はすいません分かりません。

募金もずいぶん集まっているようです。金額の大小ではありません。頂いているのは暖かいお気持ちだとみんな思っています。

━─━─━─━─━─

危機(2010/5/15 23:28)
昨日 「明日が怖い」と書きましたが、理由がありました。
昨日の夕方、宮崎の種牛を一元管理している、家畜改良事業団の職員から「疑わしい肥育牛が出ました」と連絡があったのです。
検体の検査結果が届きました。残念ですが感染が確認されました。
最悪のシナリオです。
連絡をくれた職員は何度も「申し訳ありません、申し訳ありません」と繰り返しました。
彼らは全力を尽くしました。自分達を責める理由など欠片もありません。
農林水産省の担当課長と、深夜までこれからの事を
話しましたが、宮崎牛の将来を守るための、正に正念場を迎えました。
特例として移動させた6頭については、厳重な監視の下、経過観察することになりました。
この事については、色々とご意見があろうかと思いますが、ご理解頂きますよう何卒お願いします。

(江藤拓 5/16 10:31)
今朝は農協が不気味に静かです。それは自宅が発生して出勤できない職員が増えたからです。
しかし電話はどんどんかかってきます。良いニュースは全くありません。

ビルコンSは連休明けまで国からは届きませんでした。
宮崎県経済連・畜連・役場・農協が調達したものです。
消石灰が届いたのは30日。
クレンテは29日でした。
初動が万全だったと言うのはそれは違うでしょう。

懲罰ですか?知りませんが受けて立ちますよ!
体は離れていても、心は一つというお気持ちに感謝します。
何度も書きましたが、皆さんの励まし思いやりの行動が何より私の、そして現場で苦しむ皆さんの支えになっています。
もう遅いという考えは間違って増した。
昨日は私もまともに字も書けないくらい動揺してしまいました。
確実に危機のステージは加速度的に上がっています。
これから出来ることを現場の皆さんのご意見を聞きながら提言してまいります。

(江藤拓 5/16 22:03)
官房長官が来県。それで政府を挙げてこの問題に当たることになってくれるなら私は歓迎します。

ワクチンの使用を求める声も地元では出ていますが、時間稼ぎにしかならず、ワクチンをうつだけの獣医の確保など現状ではふかのうです。
政府から送られてきた獣医さんの中には、静脈注射もままならない人もいて現場では困っています。
一生懸命やってくれてはいるのですが、派遣前に人選を行うべきでした。
現場が求めている者が国から届いていないことは明白です。

━─━─━─━─━─

不気味な空気(2010/5/16 11:21)
今朝の尾鈴農協は不思議に静かです。
自分の家に発生した職員は出勤できないからです。
しかし電話はどんどん鳴ります。良い報告は全くありません。
農協にも殺処分の順番・埋設の遅れに苛立ち、抗議の電話、私に詰め寄る方もいました。
精神的にギリギリまでみんな追い込まれています。

(江藤拓 5/16 21:50)
私へのご声援は、地域で頑張っているみんなへの応援として受け止め、有り難く感謝します。
さすがに今朝の雰囲気は今までとは違いました。
みんな人間です。限界もあります。
でも、みんな頑張っています。
発生のプロセスは軽はずみな事は言えませんが、最も厳重に警戒してた事業団。
最も近い発生農家から3キロ以上離れていることを考えれば、政府が否定する空気感染の可能性が高い考えられます。

そうであれば事態はご指摘のように限られた地域での発生ととらえる政府は根本から考え直さねば大変なことになります。

幸い自殺された方は確認されてません。
残念な事ですが、明日も発生件数は増えるでしょう。
しかしみんな戦意は喪失してません!

神様に祈願して下さったり、県産品を買って下さったり、募金をしてくださったり、このブログに思いを書き込んで下さるだけでも有り難く、感謝しています。

(江藤拓 5/17 07:14)
心が悲鳴をあげている・・・。正にその通りです。
私を含めてみんな毎日眠れない夜を過ごしています。
先の総選挙で自民党の農政通がのきなみ議席を失いました。
議席は無くとも、中川昭一がおられたら・・・という気持ちは日々感じています。
先生は本物の「愛国者」でした。


国民の生命財産を守ることは、国家としての最低限の義務であるはずです。とにかく今日も尾鈴に行ってから上京し、谷垣総裁に現場の状況を報告します。

━─━─━─━─━─

一体どこまで(2010/5/17 09:55)
遂に恐れていた新富町にも感染の疑いがある牛が出てしまいました。
地元のみんなの名誉の為に言っておきますが、必死に不眠不休で周辺市町村に広がらないように頑張ってきました。
政府の認識の軽さ、現場さえ見ようとしない姿勢。
初動の遅れに大きな責任があります!
尾鈴・児湯農協に立ち寄ってから、谷垣総裁に報告の為に上京します。

(江藤拓 5/18 17:50)
沢山の書き込みをいつもありがとうございます。
民主党国対が本会議の開会を遅らせているので、今日は12時くらいまでかかりそうです。

書き込みを読ませて頂くと勇気づけられると同時に勉強にもなります。プラズマクラスターですか?いけるかもしれませんよね。
地元対策本部に伝えます。
子供に仕送りが出来ない方が出てきています。子供手当よりまずこんな方々に政治は手をさしのべるべきでしょう。
みなさんはよく「何にもできない」とか「無力な自分が悔しい」とか書き込まれますが、無関心でいる人、分かっていても感じない人に比べたら大きな仕事をされているのでは内でしょうか。

味方が沢山いると言われると素直にうれしいです。
ウイダー飲んで頑張ります。

(江藤拓 5/17 19:44)
明日の口蹄疫対策本部開催に向けて、現地報告のまとめをしています。本当にマスコミが動き出したのは皆さんのおかげですね。
その力に正直びびる位です。
赤松農相に対する侮辱発言で懲罰動議ですか(笑)
どうぞどうぞ、確かに目上である以上最低限の礼儀はつくすべきだったかもしれません。
しかし、地域の苦しみを身近に20間近くも見てきた私は、大臣の態度にはどうしても我慢が出来なかった。
私の怒りは現場の皆さんの怒りを代弁したものです。
動議が提出されれば、反論の機会が与えられるはずです。
願ったり、叶ったり!
その理由を嫌というほど大演説するつもりです。
このところ、心躍ることなどありませんでしたが、楽しみにまっています。止める必要はありません。

DF-200ですか。知りませんがあす問い合わせてみます。
強権の発動は難しいですね。お気持ちは分かります。
それをすれば全ての物流に影響が出てます。
難しい判断ですが、全く無い話でもなくなってきたのかもしれないとさえ、思い始めています。

━─━─━─━─━─

感謝(2010/5/18 06:24)
皆様 本当に有り難うございます!
ついに政府が1000億円の予備費投入を決めました。
皆さんがネットや口コミで口蹄疫問題に真剣に考えて下さり、行動してくださったお陰です。
皆さんが国を動かしたといえます!
私が委員会で10年前の時に習って、100億円をまず用意して、現場の不安を払拭する様に求めたとき、全く受け入れなかったのに!
今となっては、100億円ではとても足りませんが、1000億円あれば、さしあたりめどがつきます。
重ねて皆さん!本当に誠に有り難うございます!
具体策については、すでに詳細わたる申し入れを3度にわたりしてありますので、政府は変な意地を張らずに、現場の立場に立って早急に内容を固める事を、強く求めて参ります。

(江藤拓 5/18 17:32)
失われた物、心に空いた大きな穴はどうにもなりませんが、これで財源を裏付けとした対策を提言できます。
その上では、ほっとしていますが、これまでに流されなくても済んだはずの涙を思うと、また苦しい気持ちになります。

早速、家畜伝染予防法改正等プロジェクトチームの初会議が先ほど終わり、基本的な骨子はだいたいまとまりました。
私は宮越座長の下で座長補佐をすることになりました。
忙しくなりそうです。

しかしこの法律は基本的に発生予防と蔓延防止に力点をおいたものなので、生活の安定へ助勢や再建においてはなじみません。

新たな視点での検討をおこないます。
それにしても1000億円が「言った、言わない」という話ならおおごとです。
まさかないとは思いますが・・・。

━─━─━─━─━─

口蹄疫対策本部(2010/5/18 09:33)
口蹄疫対策本部が畜産関係の皆さんにお集まりいただき、行われました。
家畜伝染予防法の早期見直しを谷垣対策本部長から、宮越部会長と私に任されました。
1000億円を有効に使えるような法律に直す為に、これから直ぐにかかります。

(江藤拓 5/19 07:00)
予算は発生した農家への補償等宮崎県にだけ充てられるのか?という問題は大切な指摘です。
まずは宮崎に全力を注ぐ事が大切なことですが、九州各県もセリ市は中止で事情は同じ。これまで政府に提出した申し入れにも、この事はしっかり記載してあります。マル緊の支払い免除も必要です。ごもっともなご意見です。

知事に攻撃が集中しているようですが、政府が県に全ての責任を転嫁しようとしているように感じます。
大変不愉快です!
今すべき事は責任追及ではなくて全力を尽くすこと!
私だって大臣に対する爆発しそうな怒りを抑えているのに!

━─━─━─━─━─

支援金のお願い
川南町と都農町役場に支援を頂く為の口座ができました!
お気持ちだけでも頂けたら有難いです。

川南町役場
尾鈴農協 本所
普通 0088983
川南町口蹄疫対策支援金
川南町長 内野宮正英

都農町役場
尾鈴農協 都農支所
普通 0049251
都農町口蹄疫支援本部
代表 河野正和

どうぞ宜しくお願い致します。

(江藤拓 5/19 06:44)
皆さま本当に本当にありがとうございます。
私は泣いてはいけないのですが、皆さまの気持ちが有難くて涙がとまりません。苦しみの中にも救いがあることを実感しています。カタカナ表示も早速加えます。

ご指摘の通り、10年間の口蹄疫とは型も違うようです。一番の違いは、10年前は牛だけで豚には感染しませんでした。
豚に感染すると感染力は1000倍以上になります。
豚への感染が報告された日の衝撃は忘れられません。

感染経路は中国政府が今回も全く情報交換に応じませんので確認が出来ません。困った問題です。

私も3人の息子がいて2人は中学生でサッカーをやってます。
強いチームとは言えませんが、試合中止になれば残念です。
特に次男は3年生ですので、これからの大会は特別です。

コンビニの件は石破政調会長に相談します。

「命をいただいて・・」というコメントは胸に響きました。
産業動物だと言ってしまえばそれまでですが、頂いた命に感謝して、手を合わせながら人間は謙虚にならねばなりません。

━─━─━─━─━─

明日の本会議で質疑の機会を頂きました。(2010/5/19 16:00)
明日の本会議で質疑の機会を頂きました。
議題は別件ですが、手短に済ませて、口蹄疫について正したいと思います。

(江藤拓 5/21 06:29)
沢山の書き込み有難うございます。本当に励まされます。
あんな内容のない野次。私は何とも思っていません。
国民の苦しみに真剣に向き合う姿勢の無い、小沢幹事長に忠誠を尽くすことに必死な彼らは初めから相手にしていません。しかしここまで酷いとはガッカリですが。

長い戦いも覚悟せねばならないかもしれません。
ワクチンは切り札ではありませんから。
全ての皆さんの問いかけに答えられずに申し訳ありません。
ただ最後に、「志があればどなたでも政治家になる資質がある」と私は信じています。
私みたいな、ガキの頃はダメダメだった私でも、必死に取り組めば何とかやっていけているのですから。

(江藤拓 5/20 17:42)
本会議の質問は事前に原稿を提出しなければならないので、やりずらいですね。
委員会のように、どんどん自分の心に湧き出るものをいうことが出来たら、もっと良かったとおもいまが・・・。
ルールですから仕方ありません。下を向くのは嫌なんですけど。

いやあ凄い野次でしたね。「大根役者!?」とか繰り返し叫んでいた民主党議員がいましたね。お笑いですけど(笑い)。

今日で一ヶ月になります。この間政府より皆さんの方が真剣に考え、行動してくださっています。誠にありがとうございます。

1頭60万円ですか。何も分かっていませんね。
豚も3万5000円ですか。呆れてしまいます。
本気で経営再建を約束するものとは、程遠いものです。
ワクチンを今健康な牛に豚に打つのであれば、各個体ごとに十分検討して、畜産農家が納得できる常識的な価格での査定をおこなわなければ、同意を得ることも困難でしょう。

日向夏ジュース一本、売れる毎に何十円か寄付ですか。実は経営も余り順調とも言えないようなので、相談だけはしてみます。

沢山の募金の窓口が出来て、かなり?集まっているようです。
消毒用のバスタオルなども沢山いただきました。
皆さんの御好意に感謝いたします。

━─━─━─━─━─

宮崎へ(2010/5/21 06:45)
ワクチンを打って健康な牛まで殺処分するというなら、まず国として蔓延を阻止できなかったことをお詫びして、使用を許して頂く姿勢がまずは基本であるべきです。
混乱している現場にとにかく帰ります。

これまで10キロ圏内であっても、畜産農家は必死にウイルスの侵入を阻止するために不眠・不休で努力してきたのです。
それを殺処分するのであれば、畜産農家の苦しみは筆舌に尽くしがたいものがあるでしょう。
昨日の本会議では、保障金額が余りにも不十分であることを指摘しましたが、それ以上に心の痛み・苦しみを理解することから始めるべきです。

それを知っていただきたくて、本会議場で現場の窮状を訴えたのですが、大臣だけではなく、ほんの一部を除いての民主党議員にもパフォーマンスだと思われたのは、残念なことです。

━─━─━─━─━─

総裁命令(2010/5/21 08:24)
口蹄疫対策本部長である谷垣総裁から「江藤君、ワクチン接種に対する現場の受け止めを対策本部を代表して意見聴取してきてくるように」と、ご指示を頂きました。

さすがに総裁は、感度か鋭いと思います。

月曜日には報告書を提出します。

(江藤拓 5/21 20:01)
ワクチンは苦しい思いを畜産農家に与える事を政府は知るべきです。
これまで一ヶ月間の苦しい戦い。生き残ったのに結局は殺処分。健康な家畜にウイルスを入れる事になるのも、断腸のおもいです。
現場の獣医さんの意見も今日頂きました。火曜日の質問に生かします。

谷垣総裁は人の心の痛みが分かる方です。赤松大臣の真逆でしょうか?!
健康な牛殺処分する。金ではありません。
心の問題なのです。

(江藤拓 5/22 08:25)
「養豚の音なき終わりにすべもなく 只ありがとうの感謝あるのみ」これは川南町の養豚農家の森本ひさ子さんが宮日に送り今朝の新聞で掲載されたものです。
ワクチンの決定により、豚や牛の鳴き声も畜舎の臭いも、全て消えることになりました。
事態がここに至れば受け入れるしかありませんが。
この一ヶ月間にみんなの胸に刻み込まれた深い傷は、癒えることはないでしょう。

━─━─━─━─━─

時間との闘い(2010/5/21 17:38)
急きょ宮崎に帰りましたが時間が足りません。
今日も昼飯ぬきです(笑)

西都・新富・高鍋・木城・川南・都農の対策本部と各農協全てで、ワクチン接種の同意を得られるか、保証の問題など、ご意見を現状を聞かせて頂きました。

今、最後の都農が終わりました。今日はゆっくり風呂に入って、早く寝ます。
火曜日の農林水産委員会では、一時間もらいましたので「がっつり」やらせて頂きます!

(江藤拓 5/22 08:10)
皆様、本当に有り難うございます。
最も恐れていた最悪の事態。種雄牛のうち一頭にも感染の疑いが確認されてしまいました。
天を仰ぎ、祈るばかりです。

━─━─━─━─━─

祈り(2010/5/22 08:03)
「言葉を失う・・」この一ヶ月何度も経験した事でした。
幾度、涙を流したか解りません。しかしもう涙も枯れました。

最も恐れていた最悪の事態。特例的に避難させていた種雄牛のうち一頭にも感染の疑いが確認されてしまいました。残りの五頭に神様のご加護のあらんことを。

19日には少し様子がおかしいとの事でしたし、口蹄疫の特徴である水泡も20日の段階では見られないとの事でしたので祈っていましたが駄目でした。

畜産農家のこれまでの苦悩を振り返り、これからの事を思えば今一度奮い立たねばなりません!

今は、これからワクチンを打たれて殺処分される運命の牛・豚達の事を思い、これまで命を絶たれて逝った家畜たちの冥福を祈るばかりです。

(江藤拓 5/23 21:37)
沢山の有意義なご意見有り難うございます。
6頭の避難をした時、地元でも「例外はおかしい!」「エースだから特別扱いか!」「県の牛だけは特別なのか!」など、私も沢山の抗議を受けました。

国会議員ですから、自分の地元の事だけを考えて行動すべきではないことは解っています。子豚も忠富士も同じ命です。

しかしこれから宮崎県の和牛生産の将来を考えると、私はお叱りを頂いても、種雄牛は残したいと思います。
全国に子牛を提供してきた宮崎の役割を早期に回復するためにも。

そして今回、全てを失って途方に暮れる和牛繁殖・肥育農家の皆さんに再起に向けた希望を持って頂く為にも。

焼却処分については、周りの環境に与える影響、時間、コストを考えると困難です。ベストの方法であることは確かですが、これまでの頭数となると尚更です。

真剣にこの問題を考えてくださる皆さんに感謝します。

FAO国連食糧農業機関の口蹄疫対策専門チームの派遣申請を断ったかどうかはまだ確認できていません。
確かに政府の動くが鈍いならFAOに協力を求めるのも考えるべきでしょうが、現場に受け入れる余裕があるのかと言えばありません。

終息後に再発防止と、原因究明に協力を求めるのは必要でしょう。

沢山のご意見に今日も十分にお答え出来ない事に、申し訳なく思いますが、ご容赦ください。

(江藤拓 5/22 22:08)
今日も沢山の書き込みを頂き有り難うございます。募金の窓口も広がり、多額の善意が寄せられています。皆さんのお陰です。

保険の解約をしに来られた話しは良くわかります。私の所には「生活費が尽きた・・」という訴えも届いています。

れん&そらさんのお話は何とコメントすればいいのか・・・。
心のケアを政府には求めてきましたが、神経を逆なでするような発言や突然の遅すぎる方針に、現場では苛立ちが増してしまっています。「自殺者だけは何としても出さない」これはみんなが常に思っていることです。

街頭演説は政治家の基本です。地元だけではなく東京で出来ないか広報局と相談してみます。
私は埋却地は全て国が買い上げて、畜魂碑を立て公園にすることを提案するつもりです。
空中防除は、路地野菜などのことを考えても困難です。
全ての書き込みはもちろん読ませていますが、全てにお答えできず申し訳ありませんがお許しください。

絶対負くるか!諦めてたまるか!!
私も同じ気持ちです!!!

━─━─━─━─━─

(2010/5/23 10:08)
今日の宮崎は激しい雨です。木々は緑が際立ち、不思議に静かな気持ちになります。
口蹄疫ウイルスは雨によって広がりが抑えるという説もあります。
しかし、消毒ポイントのみんなは大変だろう、農家が散布した消毒薬が流れてしまわないか?
ワクチン接種にあたる人達も苦労するだろう。
やはりそんな事をすぐ考えてしまいます。

(江藤拓 5/23 21:27)
確かに報道に火がついた様に動き出しました。
それに答えるように政府も動き出しましたね。
巨大マスメディアの皆さんには、自分たちの持っている影響力の大きさにおごることなく、国民の見方で常にあって頂きたいと思います。
そのメディアを動かした大きな力が皆様で合ったことは間違いありません。
今も、そして終息後も、心のケアは本当に大事です。
誤報もあるのでしょう。幸い自殺者はでていません。
しかし明日はわかりません。生き甲斐を奪われた者の苦悩は計り知れないものがあります。
中川義雄先生からは激励の電話、アドバイスなど頂き感謝しています。
闘いはまだいつ終わるともしれません。皆様の暖お気持ちを支えに、明日早い便で上京します。

━─━─━─━─━─

頑張ります!(2010/5/24 08:01)
これから上京します。
口蹄疫対策本部にまずこの週末にかけて集めた現場の状況を報告して、夜までには家畜伝染予防法の改正案をまとめて、明日の午前中には国会に提出。
それに明日は一時間農林水産委員会で質疑ですので、その準備もせねば!
栄養ドリンク飲んで頑張ります!

(江藤拓 5/24 21:42)
今日も沢山のご意見、お励まし感謝に堪えません!
今夜はちゃんとした返信が出来ないことをお許し下さい。
時間がないのです!

私は別に気にしてないのですが、皆さんが私の代わりに怒って下さって恐縮です。
色々言われましたが、あの場所はよくみんなの言っている事が聞こえますねえ(笑い)
唯一今でも、カチンと来てるのは「金が欲しいのか!」といわれたことですね。
はい!金が欲しいです!何とかこの地獄からみんなを救い出すために、そして再起して貰うために!
金より国民に対する思いやりをもっと欲しいです。

ようやく口蹄疫対策緊急措置法が先ほど上がりました。
これから明日の質問の準備にかかります!!

━─━─━─━─━─

農林水産委員会の質疑は終わりました。(2010/5/25 12:00)
農林水産委員会の質疑は終わりました。
大臣に現場でご苦労されている皆さんに、せめて「お悔やみの言葉」「ワクチン接種に至った、せめてものお詫び」を求めましたが、ダメでした。
質疑が終わってから、口蹄疫対策緊急措置法を事務総長に提出しました。
午後から本会議。
終了次第、農家水産委員会が再開されます。

(江藤拓 5/26 14:01)
今日も沢山のご意見ありがとうございます。
ご激励を頂くことがどれほど私の支えになっていることか。
強がっても私も弱い人間です。皆様、本当に有り難うございます。
学校でバスタオルを集めて頂いたり、至る所で義捐金を募って頂いたり感謝いたします。
私は厳しい意見を委員会ではの述べますが、それは現場の皆様を代弁しているのであって、かなり我慢していることはご理解頂けると思います。責任追及は控えてきたつもりです。

殺処分を待つ日々の苦悩は想像を絶するものです。辛すぎます。
今すぐにでも訪問して一言声をかけたいのですがそれも出来ませんし・・・。

(江藤拓 5/25 17:05)
私には意地でも謝罪したくなかったのでしょうね。
ずいぶん恨まれてるみたいですから。
しかし今日も「言い逃れ」「はぐらかし」「逆ギレ」でしたね。
全部、論理的に打ち返しましたけど(笑い)

今週中には農水大臣の不信任案が出るようです。
与野党の壁を越えて終息宣言が出るまではぐっと堪えて
やりたかったのですが、当事者能力が無いのは確かですから仕方ないのでしょう。
出来れば自ら辞任して頂くのが今後の委員会運営を考えるとベストなのですか・・・。

━─━─━─━─━─

与野党協議(2010/5/26 17:28)
昨日、口蹄疫対策特別措置法案を国会に提出した事はご報告しました。
昨日から自民党・公明党案を軸に民主党にも呼びかけ、三党で協議を進めてきました。

本日、民主党の法案も提示され、協議を行って参りましたが、目標としていた、本日の農水委員会において、委員長提出の形で速やかに可決をすることを目指しましたが、合意に至りませんでした。現在も断続的に協議を進めております。

本来なら、本日16時に赤松大臣に対する不信任決議案を提出する予定でしたが、提出すれば完全に与野党は対立する構図になってしまいますので、合意に至るまでは提出を見送ることといたしました。

口蹄疫問題を「政争の具」にしているというご批判もありますが、このことからも、そうではない事がご理解いただけると思います。

(江藤拓 13時間前)
毎日沢山のご意見、お励まし有難うございます。
全国から沢山のご支援、宮崎の農産品を買っていただくお心使いに感謝しています。昨日は一山越えて良く眠れました。

現行法の改正こそが本丸ですが、それには大変な時間と手間がかかってしまいます。
ですからまずは特措法で損失・かかったコストに対する国の補填義務、基金を創設して畜産農家以外の損失に対しても対応することを明確にし、再建に向けての責任を法案に明記できた事は良かったと思っています。
しかし最後まで残った民主党との相違点が、皆さんご懸念の「殺処分の権限」の点でした。

民主党から出された条文は極めてストレートなものでしたが、かなり細かくその権限発動に条件をつけることで合意せざる負えませんでした。
政治の難しさ、野党の厳しさを実感しています。
自民党法案の提出者としては、悔しさが残ったのも本音です。

━─━─━─━─━─

今日も(2010/5/27 13:49)
今日の段階でも五頭の希望は無事です。
一時からの本会議はたま例によって開会のめどがたちません。うんざりです。

(江藤拓 2時間前)
ようやく本会議が始まりました。
とにかく待機している時間が5時間もあるなんて、サボっているのも同然で、国民の皆様に申し訳なく思います。
与党に復帰したら、こんな国会運営にはしないようにしたいと思います。
経済的な損失もさることながら、心の傷の深さは今の政府には理解出来ないのでしょう。
私も委員会で、ケースワーカーや相談員の必要性取り上げましたが、心が折れてしまっては、再建だどできるはずがありません。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

MSN産経ニュースより
宮崎県内10カ所で新たに口蹄疫の疑い 種雄牛の飼育施設でも(2010.5.16 11:06)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

YouTubeにも農林水産委員会の動画がありますが、江藤拓議員のHPからも、動画と議事録が見れます。

衆議院議員江藤拓ホームページ
2010年4月22日/2010年5月11日/2010年5月14日農林水産委員会
http://www.face.ne.jp/etohtaku/seimukann/framepage4.html

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【口蹄疫関連情報】
江藤拓議員ブログ
口蹄疫(こうていえき)について/怒りが憎しみに……1(江藤拓議員ブログ他)
口蹄疫(こうていえき)について/怒りが憎しみに……2(江藤拓議員ブログ・藤井厳喜氏ツィッター)
口蹄疫(こうていえき)について/怒りが憎しみに……3(衆院農林水産委・江藤拓議員質問動画あり)

ムッチーさんブログ
【口蹄疫】弥永睦雄さんのブログより1【転載】
【口蹄疫】弥永睦雄さんのブログより2【転載】 チャンネル桜動画あり【一部文字起こし】

【口蹄疫】宮崎がんばれ!![畜産・酪農・養豚]←Amebaブログ現在総合1位! 内容も詳しいです!

【亡国への旅】赤松農水相との意見交換に参加された酪農家のつぶやきまとめ
5月10日に宮崎県庁で行われた赤松農林水産大臣と県知事及び畜産農家との意見交換会に参加された方の呟きをまとめました。

2010宮崎口蹄疫特設ページ-宮崎を世界にライブ配信!宮崎のUstreamerサイト:ミヤザキ★ユーストリーマーズ

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

みおさんが18歳の時に書かれたエントリーです。
私は、18歳なりに松岡農相を擁護する。(2007年5月29日)

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
みおさんの一日も早い病気回復をお祈りします。
皆様からも暖かい応援&祈りをどうぞよろしくお願い致します。
本日の 『みおボード


やせ我慢AさんTwitterより~  
*画像をクリックするとTwitter画面に飛びます。
☆sakuraraボード☆-miosan_yaseAsan3

やせ我慢Aさんからの掲載許可のお返事です♪
ツイッターで遊んでばかりの、A太郎です^^)
あんなコメントが、何かのお役に立つなら自由に使って下さい。
みおちゃんに、新しい出会いが増えることを祈って。

やせ我慢AさんTwitter
やせ我慢Aさんizaブログ

みおさんとの出逢いはコチラを☆
志は高く、熱く燃える女性「みおさん☆」(出逢い)
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
スポンサーサイト

| 口蹄疫(こうていえき) | 2010-05-17 | comments:0 | EDIT | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sakurara2012.blog.fc2.com/tb.php/182-87a5bfd2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。