sakuraraボード

『産経新聞』『チャンネル桜』『やまと新聞』『青山繁晴さん』『みおボード』を大応援しています☆日本がまともな国になるまでの期間限定の予定です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | EDIT | TOP↑

【必見!!】 小泉進次郎議員の応援演説&講演1【文字起こし】

こんなに演説が上手いと思いませんでした! これを全国民が見たら、マスコミがちゃんと流したら、日本はまともな国に大きく一歩近づくと思うのですが?! だからマスコミは流さないのかぁ。。。

ネット上では、マスコミによる小泉進次郎議員叩きがはじまるという情報も流れているようです。
小泉進次郎叩きがはじまる」←検索画面に飛びます。(追記:自分のエントリーが先に出るようになってしまいました(>_<))

マスコミに叩かれるってことは本物ってことですね☆(^o^)
叩かれる前に、動画を拡散したいと思いますのでよろしくお願いします。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

小泉進次郎応援演説川口駅東口キュポラ広場1
Boljoa — 2010年05月22日 —
参議院議員候補予定者(埼玉県)関口まさかず氏街頭演説前の衆議院議員小泉進次郎氏の応援演説です。2010/5/22 12:30~

新藤義孝議員(新藤議員は硫黄島(いおうとう)の戦いで有名の栗林忠道大将のお孫さんです → 拙エントリー
どうぞ、小泉進次郎。私が紹介する必要もないけど、とにかく頑張ってくれてるよ。
そしてみんなで自民党、(関口さんもあがんなさい)、関口さんも、みんなでとにかく自民党を立て直して国をよくしよう、このために頑張って今日はですね、小泉進次郎さん来てくれました。
みなさんで大きな歓迎の拍手をお願い致します。じゃあ小泉さんよろしくお願いします
sakuraraボード-koizumi1

小泉進次郎議員
こんなにやりにくい演説はありません。期待値を上げるだけ上げられて小泉進次郎目当てと言われ、皆さん期待したものというのはそれほどよくないんですよ。(聴衆笑)
映画を観てもそう。全米ナンバー1とかいう映画に限って、見に行くと以外にそんな事ないんですよ。
小泉進次郎も目当てで来たけども、そんな事なかったなぁと言われないように、今日、残りの10分、15分ぐらい演説を頑張りたいと思います。

埼玉県川口市、まさかこんなに多くの皆さん、集まってくださるとは思わなかった。
私、埼玉県のつながり何かあるかなぁ~とか、川口市の皆さんと何かつながりはないかなぁと考えてきたんですが、思いついたのは本当にくだらない事だった。

私の地元は横須賀市、私の家から歩いて5分のところにあるお蕎麦屋さん、定食屋さんの名前が「埼玉屋」。(聴衆笑) それだけだった。
sakuraraボード-koizumi2

でも今日のおかげで、またいつか、埼玉、そして川口に来るときにこのキュポラ広場を思い出すと思うんです。
sakuraraボード-koizumi3

今日ここへ来る前に、移動中にブログを書いてきたんですが、そのブログに書いたのが「キュポラって何ですか?」って書いたんです。

私、今日演説を聞いて「小泉さんキュポラ広場でやってもらうからね」と聞いて、しかし「キュポラってなんだろう?」「キューポラー?」それで新藤先生にさっきちょっと聞いたら、まぁそのキューポラーというものがなんぞやというのを教えてくれました。

皆さんも地元ですから是非、キューポラーとはなんぞやというのを小泉進次郎の演説に来たきっかけで考えたなぁ、そう思って頂ければと思います。
sakuraraボード-koizumi6

今日、私がお伝えしたいこと。
先週、私も国会で思わぬ混乱に巻き込まれました。私のイメージも随分変わったと言われました。
「なんとなく笑顔で、ちょっと頼りない感じがあったのに、あなた怒れるんだね」って言われました。(聴衆笑、サイコー!)

あれは怒らざるを得ない場面になっちゃったんです。あの強行採決。

実はあの強行採決も、あの時強行採決が起きるというのは前からわかってるんです。
与野党で折衝やってますから、今日は絶対強行採決やってくると思う。
それで私が最後、強行採決をされる側に立つことになったんです。
sakuraraボード-koizumi7

でも私は国会議員になってからまだ一年も経っていない。経験もない、キャリアもない。
だから先輩の自民党の国会議員の皆さんに、私はこう聞いたんです。

「先輩、強行採決をされる(ようは切られ役)、切られ役ってどうやってやればいいんですか?」って聞いたんです。
sakuraraボード-koizumi8

そしたら先輩たちなんて言ったか。

「今まで与党で切ってただけだからわからないねー。(聴衆笑) あなたに任せるよ。その場の空気を読んで見事に切られてきてくれたまえ。」
sakuraraボード-koizumi9

それでその場になりました。だんだんいつもと違う空気というのがわかってくるんです。
場に張り詰めた空気、民主党の議員はどんどん入ってくる。
そして私たち自民党も先輩方が私の後ろで段々支え始めてくる。

そしてあの私がこう指を指して、ずっと委員長に対して話をしている場面になりました。
sakuraraボード-koizumi10

そして結果、打ち切られる事になった。
しかし、あの場面。私が言ったように先輩からの指示はないんです。私の全て一存だけ、でも不安になって来るんですよ。

ずっと時間が過ぎてもガンガンやらなきゃいけないでしょ。しかしやってるうちに、私の周りにいる自民党の先輩たちも

「お前そろそろいいぞ。そろそろ座ってもいいんだぞ」そういう風に思っているのか、それとも、
sakuraraボード-koizumi11

「何時間たとうとも最後までやれ」と、そうやって思われてるのか、自分でわからなくなってくる。

ま、そこが後は自分の腹の決め所なんですね。もうあそこで決めましたよ。もう自分でやるしかないと。これは周りが何と言おうと、最後までやろう。そして結果、委員長がバサッと斬ってくれた。

そして強行採決が終わって、終わった後に先輩たちが私に言ってくれたのが

「よくやった。」まるで遠くの長旅から帰ってきた息子を迎える親のように、みんなが「お前よくやった。たいしたもんだ。」そうやって先輩方が迎えてくれたんです。

私のこの自民党の強行採決、あの強行採決をやられた場面、あの場面ももう一度インターネットで見ましたよ。YouTubeとかいろんな画面であれ見れます。

あの場面ももう一度映像で見て気づいた事がある。誰かが転んだとかじゃないですよ。(聴衆笑)
その話はもういいんです。気づいたことがある。

それはあの時私がマイクの前でこうやってずっと一人で立っていた時、私の周りにいたのは誰だったかという事なんです。
sakuraraボード-koizumi12

あの時、私の周りを支えてくれていたのは全て自民党のベテラン議員だった。
自民党のベテラン議員。今は自民党の負のイメージ。テレビに出てれば「変わらない」と言われ、派閥の誰かが発言をすれば、「やっぱり自民党はまだまだ派閥が力を持っている」と言われる。「自民党も変わらない」と言われる。

しかし、私はあの場面を見た時に、「変わらない」といわれている自民党も少しずつ変わりつつあると思ったんです。

今までだったら、あのようなテレビに映る場面。前に出てたのはベテラン議員。テレビの場面はベテランが立ちたい。若手・中堅に与えるチャンスはテレビが映らないところ。だいたいそういう事だった。

しかしあの強行採決の場面。チャンスを私に与えてくれた。最年少の私に与えてくれて、私の周りを支えてくれたのが、ベテランの方々だったんです。

なぜ私の周りをベテランの方が支えたか。それは私のマイクを守るため、私の発言権を守るためだったんです。

自民党は数が少ない。民主党は数が3倍いる。私のマイクを奪おうと思えばいつでも簡単に奪うことができる。しかし、私の発言を守るために、私の周りに人垣を作って、私が最後まで発言を続けることができるように守り続けてくれたのがイメージが悪いと言われる。自民党のベテランの議員だった。

私は新しい自民党の姿が出てきたと思った。若手・中堅にチャンスを与え、前に立たせ、それを後ろで支えるのが自民党のベテランであり、先輩の議員。こういう一致団結が自民党に出てきたんです。

私はだから自民党は変わりつつある。そして自民党に変わる希望はあると思ってるんです。
もちろん、まだまだ変わる度合いは足りません。自民党の支持率もなかなかあがらない。
sakuraraボード-koizumi13

しかし私は自民党の支持率が上がらなくて良かったと思ってるんです。
この程度変わったぐらいでもしも自民党の支持率がぐんと上がったら、これぐらい変わればまた与党に戻れると勘違いする。しかし長い目で考えればまだまだ変わらなきゃいけないところがいっぱいある。

皆さんも自民党の去年の9月の言葉、覚えていると思います。
なんと言ったか、新党になったつもりで解党的な出直しをして立ち直ります。と自民党は言ったんです。その言葉を今聞いて、その通り新党になったように解党的な出直しを自民党はしていると思う方、私は結構いないと思う。(聴衆笑)

それが多くの皆さんの率直な感想だから自民党も民主党もダメだといわれるんです。

でも私は去年のあの厳しい戦い。選挙。自民党で戦った身です。あの時は自民党と言えば人は逃げていた。このように人が集まったのは民主党の候補者に対してですよ。

私に対しては世襲の批判も強かった。毎日こうやってマイクを持って街頭に立てば、面と向かって罵倒され、非難を浴び、足を踏まれ、肩をどつかれ、ペットボトルは投げられる。そういう毎日を過ごしてきたんです。

あの時、私も地元からこう言われたんですよ。

「なぜ自民党から出るんだ。自民党から出ないで、無所属から出た方がよっぽど勝てるじゃないかと言われたんです」
sakuraraボード-koizumi14

小泉進次郎応援演説川口駅東口キュポラ広場2

◎しかし演説力が凄いな凄すぎる。これで1年生議員かよ。
◎1年生議員とは思えない演説です。国会での質疑もカンペなしの堂々としたもの。いいとこ生まれのお坊ちゃんと批判するなら、政界一のお坊ちゃん総理のザマはどうなんだろうね?
◎並みの29歳じゃないなぁ、国益を護る議員であって欲しい。

たしかにその方が選挙は楽だったかもしれない。
しかし、なぜ私が自民党から出ようと思ったか。
sakuraraボード-koizumi15

それは自分の信念と哲学が、自民党と近いからなんです。政治家がどこの党にいるか。どこの党に所属をするか。これはなぜ決めるんですか。
sakuraraボード-koizumi16

その時支持率が低いから、その時支持率が高いからという事で、どこの党にいるかを決めて、その政治家に信念はありますか?

私はないと思う。だから私は自民党を選んだんです。

じゃあ自民党の持っている信念と哲学はなにか。それは一言で言えば、自立心を国民に訴える事なんです。

いつまでも国に頼ることじゃない。まずは自らが自らを助けること。自らを律して自らが立つという事を、国民一人一人に訴えかける事が、自民党の哲学であり、信念なんです。

私は政権交代してよかったと思うことがあるんです。それは民主党が教えてくれたんです。
sakuraraボード-koizumi17

何を私たちに教えてくれたか。それは民主党と自民党の違いです。
民主党のやりたい国づくり。簡単に言えばこう。

あれもやります。これもやります。やりたいこと、やって欲しいことを言ってください。
お金は後で考えます。これが民主党の国づくりですよ。
sakuraraボード-koizumi18

自民党はどうか。あれもやりたい。これもやりたい。でもそれをやるには皆さんの努力が必要なんです。
だから皆さんが努力をしたい。努力をすればきっと報われると思われるそういう政策を自民党はやる。
皆さんやらせて下さいというが自民党の考え方なんです。

私はその自民党の考え方に共鳴をした。共感をした。そしてその想いを一人でも多くの皆さんに共有してほしいと思ったんです。

皆さんよく考えてください。今の日本の状況を。私は今29歳。

皆さんの中には、もう私の父親、もしくはおじいちゃん、おばあちゃん世代の方々もいらっしゃるでしょう。
戦争の後、私のような若者が苦労をしなかった。言葉には出来ない苦労をされた方が多くいらっしゃる。そしてその後に高度経済成長を遂げて右肩上がりのバブルの時代を謳歌をした方々もいるでしょう。

しかし、私の世代にそういう経験はありません。これから私が人生を終えるまで、私の人生の中で、私の世代の中で、今の20代、30代、そういう時代を迎える事がないかもしれない。

人口は減る。子どもは減る。高齢者は増える。借金は世界一。こういう国の現状を考えた時、政治はどういうメッセージを発しなきゃいけないか。ばら撒くことじゃないでしょう。

今の政治の現状を、日本の現状を正直に伝えて、私たちにできることは限りがある。
しかし、私たちがその課題を乗り越えて、後世がもう一度右肩上がりの成長を楽しめるような、そんな国をもう一度作ろうじゃないかという事が政治の役割じゃないですか。私たちの役割じゃないですか。

私は同時代の皆さんに言いたい。人口も減る。子どもも減る。借金は世界一。でも悲観はしないで下さい。
私たちの世代の役割は、人口減少を食い止め、子どもの減少も食い止め、借金を返して行くこと。
そしてその後に、私たちの後世が、私たちの世代に感謝できるような国を作ることなんです。

そのために私たちが必要としてるのが、皆さんの力なんです。皆さんの力、まずお求めしたいのが今から二ヵ月後に来る、参議院の選挙です。
sakuraraボード-koizumi19

この参議院の選挙、なぜ参議院の選挙をやるのか。なぜ参議院があるのか。その原点を考えて欲しいんです。

今までだったら衆議院と参議院、衆議院が格上で、参議院が格下だみたいな思われ方をしてた。
しかしそれは変わります。

衆議院は480人、参議院は244人。
衆議院は任期が4年、参議院は任期が6年。
衆議院は解散がある、参議院は解散がない。

この違いは多くの皆さんわかったと思う。
sakuraraボード-koizumi20

でも参議院というのが一体何をやるところなのか。これを問われた時、すっと出てこなかったと思う。
しかし今回の選挙でわかります。

参議院がやるべきこと。それは衆議院をチェックすること、このチェックすることが参議院の役割なんです。
sakuraraボード-koizumi21

今の衆議院、民主党が300議席を持っています。480のうちの300ですから、3分の2以上持ってるんです。何でもできる。自民党も止められない。他の野党も止められない。

いい政策をやっていれば私たちが止める必要はないんです。しかし明らかにこの国にとってよくない、間違った方向に日本を導いてしまうと思ったその政策をやろうとした時、一体誰が民主党を止めればいいんですか。
sakuraraボード-koizumi22

衆議院で出来ないなら、参議院で止めるしかないんです。
参議院が民主党をチェックするんです。そのチェックする事が今回の参議院選挙の意味なんです。

私たち自民党が民主党の事をチェックします。そして私たち自民党が民主党の事をチェックできてるか、皆さんが自民党をチェックしてください。

皆さんから見て、自民党がちゃんとチェックしてると強い野党に生まれ変わったと思ったその時、私たちが自信を持っていう言葉、それが「政権奪還」という四文字なんです。

今はまだそれは早い。その前に私たちが取らなきゃいけないのが、この参議院の選挙なんです。

どうか皆さんの力でこの参議院の選挙、過半数を自民党に与えて欲しい。皆さんのチェックする力を自民党に与えて欲しいんです。
sakuraraボード-koizumi23

私がこれを言う時、一つの反論が出てくる。
sakuraraボード-koizumi24

皆さんの中でも今の私の話を聞いて、首をかしげた方もいるかもしれない。
その反論の一つは、そう事が起きたらまたもう一度「ねじれ」が起きるじゃないかという批判、「ねじれ」が起きたら衆議院は与党、参議院は野党が握る。国政が混乱してしまうんじゃないかという一つの反論が出てきます。

しかし私はその反論にもう一度再反論をしたい。
この「ねじれ」は今までのねじれとは違う。
これから日本が解決しなきゃいけない問題は何か。

一つは社会保障。医療や介護や年金。この問題を解決しなくてはいけない。
そしてもう一つはそれに伴う消費税を含めた税制の抜本的な一体改革。
そして三つ目が普天間問題を含めた安全保障のビジョンを構築すること。
sakuraraボード-koizumi25

この三つ。これを日本でちゃんと作るためには与党だけでは出来ないんです。野党だけでも出来ないんです。超党派で出来る限りの議員の協力が必要なんです。

そのためには何が必要かと言ったら、300の議席を持っている民主党さえ、野党の言葉を聞こう、野党の声を聞かなきゃ進まないと思わせる事なんです。

それには参議院で野党が過半数を握り、与党が野党の声を聞くベースを作らなきゃいけない。

そのために必要なのが国会の「ねじれ」なんです。

この「ねじれ」は今までの「ねじれ」とは違う。皆さんが作る、そして超党派でこの国を作らなきゃいけない本当の改革をするためのベースとなるものが「ねじれ」なんです。

皆さん、よく考えてください。皆さんの考えた結果に、私は無理やり「自民党、自民党」と言いたくない。
皆さんが考えた結果、その自民党を今応援する事がこの国にとって、国民生活の向上に、豊かさにとっていいんだと思った結果、自民党を応援してほしい。
sakuraraボード-koizumi26

私はその信念があり、自信を持ってるから離党者が出ても、支持率が上がらなくても、自民党で頑張ろうと思ってます。

皆さんの生活が、この日本の未来が私たちの世代、そして上も下もあらゆる世代とともに発展するために力いっぱい頑張ってまいります。

まずはこの埼玉、川口、関口さんを勝たせて下さい。
関口さんを勝たせ、関口さんを参議院の一員にしてチェックする機能を関口さんに与えてもらおうじゃありませんか。
sakuraraボード-koizumi27

皆さんの力を自民党に、そして過半数を取るために私たちに与えて下さいますことを心からお願いを申し上げ、小泉進次郎の街頭演説をさせて頂きました。
皆さん長い間のご清聴、本当にありがとうございました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

関口まさかず街頭演説後の小泉進次郎握手
Boljoa — 2010年05月22日
参議院議員候補予定者(埼玉県)関口まさかず氏街頭演説後の小泉進次郎氏の握手の様子です。2010/5/22 12:30~


sakuraraボード-koizumi28

sakuraraボード-koizumi29

sakuraraボード-koizumi30

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

この演説だけで小泉進次郎氏スゴイ!と、十分満足されている方は多いと思いますが、まだまだ次の動画も期待を裏切りません! それ以上にご満足頂けると思います! 以下の動画の文字起こしはコチラ

小泉進次郎講演1 関口まさかずさんを支援する決起集会
Boljoa — 2010年05月22日 — 関口まさかずさんを支援する決起集会 衆議院議員小泉進次郎氏による激励のことばです。2010/5/22 PM2:00~

~YouTubeコメントより~
◎演説のうまさ、度胸の良さ、人当たりの良さは父親の何倍も上いってる感じ。一本筋通ってるし。なんかすげーなこの人。
◎その通りだ。安保は選挙に持ち出してはいけない
◎つかみがいいね。

小泉進次郎講演2 関口まさかずさんを支援する決起集会


講演3 関口まさかずさんを支援する決起集会http://www.youtube.com/watch?v=Lxdpg6CZy9w

~YouTUbeコメントより~
◎この人凄いな。男だけどジャンヌダルクみたい。
◎現われた。こいつは本物だ。我々の残された希望は、あんただ。妙なトラップに引っかからず、ましてや友愛なんかされないように気を付けてくれ!
◎話し方が上手い
◎将来の首相だね。国民の心を捕らえる術をもっているのにはすごい。
◎進次郎には華があるなぁ~。感心した。
◎やべえなぁ納得しちゃったよ
◎小泉、凄い。並みの新人ではない。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


小泉進次郎オフィシャルブログ「日本の政治を未来のために~自由民主党~」

4時間40分遅れ!!(2010-05-25 20:14:56)
こんばんは。小泉進次郎です。
13時に予定されていた本会議、何時に開会されたと思いますか?
今日は、4時間40分遅れの、17時40分!所要時間が2時間15分で、今さっき本会議が終わりました。
そもそも、本会議が遅れたのは、民主党が総務委員会で強行採決をした放送法を今日の本会議にかけたいから。しかしその法案は本会議にかけられることはありませんでした。何をやりたいのか。誰の指示でこういうことが起きるのか・・・。新人の私にはよく分かりません。

今日から「禁足」も出ているし、こういう国会状況が続く見込みです。
普天間、口蹄疫、景気動向など、問題は山積みなのに、この国会状況との落差、ギャップは一体なんなのか・・・。
今日の本会議では口蹄疫問題についてのやりとりがありましたが、民主党側の答弁や質問は、ひとことで言って「心がない」。現状に対する危機感、解決に向けた覚悟というものが感じられない対応でした。
本会議がこんなに遅れた結果、今日予定されていたスケジュールは全てキャンセルする羽目に。

以前ブログで書いた「国会の非常識」が今日も当然のように見られました。こうやって「非常識」が「常識」になっていってしまうんだな・・・。国民には理解されない「常識」に。
今日も一日お疲れ様でした。

ランチに完敗…。(2010-05-25 13:20:43)
トマト苦手みたいです(笑)

埼玉県、『熱(暑)』かった!!(2010-05-22 16:49:42)

埼玉県川口市。『キュポラ』って…?(2010-05-22 12:10:10)

おにい、初登場!!(2009-11-26 00:56:39)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

みおボード
ほっともっと・・・あなたをアイス♪♪(2010-05-02)より
「自助共助公助」って、いい言葉だなあと、やけに感動しちゃいました。
まずは自分で頑張って、次に仲間内で助け合って それでも厳しいときは、国とか公に助けてもらう。
この順番が無いと、 なんでも他人や国や地域に助けてもらうのを待つ、自堕落な人間になって
額に汗して頑張った人が報われない いいかげんな社会になってしまうんだろうと思ったのさ♪
日本はもはや、社会主義国になったのだと思えばいいのか・・・ もう、あほらしくて(笑)

「美しい」 この言葉以上に、みおの目指す 人としてあるべき姿、ふるまい 生き方は 無いなと思いました。
「美しいみお」になります!! いやぁ日本って、美しい国ですね~ 茨城も美しい街♪





☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
みおさんの一日も早い病気回復をお祈りします。
皆様からも暖かい応援&祈りをどうぞよろしくお願い致します。
本日の 『みおボード


やせ我慢AさんTwitterより~  
*画像をクリックするとTwitter画面に飛びます。
☆sakuraraボード☆-miosan_yaseAsan3
やせ我慢Aさんからの掲載許可のお返事です♪
ツイッターで遊んでばかりの、A太郎です^^)
あんなコメントが、何かのお役に立つなら自由に使って下さい。
みおちゃんに、新しい出会いが増えることを祈って。

やせ我慢AさんTwitter
やせ我慢Aさんizaブログ

みおさんとの出逢いはコチラ☆
志は高く、熱く燃える女性「みおさん☆」(出逢い)
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
スポンサーサイト

| 小泉進次郎 | 2010-05-26 | comments:0 | EDIT | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sakurara2012.blog.fc2.com/tb.php/198-f47fb1ca

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。