sakuraraボード

『産経新聞』『チャンネル桜』『やまと新聞』『青山繁晴さん』『みおボード』を大応援しています☆日本がまともな国になるまでの期間限定の予定です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | EDIT | TOP↑

頑張れ日本!全国行動委員会結成大会_すぎやまこういち氏/三橋貴明氏【テキスト起こし】

100202全国行動委員会結成大会すぎやまこういち氏/三橋貴明氏

                                *( )内は会場の反応です。
すぎやまこういち氏(作曲家)
皆さん、今、日本の国はどういう状態にあると思っていらっしゃいますか?
僕の感じ方ではですね、今日本は内戦状態にあると思っています(拍手)。
内戦というのは軍事力を伴っただけのものではないと思います。
日本の内戦状態は、政治の世界、メディアの世界、われわれの世界全部で、情報戦争、政治戦争の内戦状態で、反日軍と日本軍が戦っている状態だと思っています(拍手)。

で、今日会場にいらっしゃってる皆さん、それから檀上に並んでいる皆さん、これは全員日本軍です。
ところが一方、街へ出ると反日軍がたくさんいたりしますよね。
で、この内戦状態というのわねぇ、例えばアメリカなどではありません。
私の記憶ですとフォークソングブームで、ベトナム戦争に反対を唱えた人たちがいます。ジョンバイズなんて歌手がいたりして、あ~いう人たちもアメリカ政府の政策に反対し、ベトナムの派兵に反対してはいましたけれども、決して反米ではないんです(拍手)。

こういうことが日本と大きく違う。で、現在のアメリカを見ても、例えば一番リベラルな新聞と言われるニューヨークタイムズを見ても、決して反米ではありません。
ですからアメリカには内戦はないんです。で、世界のまともな主要国で、日本のように政治メディアの世界で内戦状態になっている国はないんです。
なんとか、このみなさん、この檀上の全員、力を合わせて日本軍が反日軍に勝たなければいけないんです。頑張りましょう!

すぎやまこういちの世界
意見広告『THE FACTS』を出した理由-すぎやまこういち氏に聞く
有志「すぎやまこういち氏」一考 博士の独り言
「すぎやまこういち」がひらがなの理由について

「10・27請願&追悼」そして伝説へ すぎやまこういち


僕はもう年寄りですからね、ちょっと冷めた眼で考えてみたいと思うんですが、私が偶然目にした文書にですね、「日本解放工作要綱」という40年ぐらい前のわけのわかんない、出所不明の文章があります。
ご覧になった方もいらっしゃると思うんですが、それを見ますと、わけのわからない文章なんですが、それに書いてあることは「日本解放」という事は、日本で共産革命を起こす、日本を解体するための「工作要綱」なんですね。

まず第一歩にやるべき事は「日本の教育界をジャックして、それで日本解体のための洗脳教育を実現する」これは日教組を使って着々と出来ている感じがします。この辺(肩をさする)鳥肌が立ってきます。

それから次に解放要綱にですね「マスコミ界をリクルートする」。
マスコミの世界、新聞、テレビをリクルートして、国民に洗脳教育をする。

それから「政治の世界食い込んで政治家を次々にリクルートする」。

そのリクルートをするためには、「どんな手段を使ってもよい、ハニートラップ、マネートラップ、洗脳、脅迫、なんでもいい、どんな手段を使ってもいいからリクルートせよ」と書いてあります。
これも見てみますと、着々々と音がするように実現しつつあるような感じがします。

で、それで恐ろしいと思うのは、我々国民が頼りにすべき自民党の中にも着々々と行っている音が聞こえてきますね。これ鳥肌が立ちます。(谷垣総裁!)

それで解放要綱に書いてある予測がまさに一つ一つ上手く行ってきてるんですが、唯一その解放要綱にないのが、40年前ですから、「インターネットの出現」と言うものが書いてないんです(拍手)。

ですから、この計画を阻止するためには、どうやってインターネットを活用するか、インターネットの世界でどう訴えていくかという事も、とても大事な事だと思います(拍手)。

戸井田先生にも頑張って頂きたい、そういう意味ではね、インターネットの世界に強い方ですから。

というわけで、私のできる範囲で少しでも「日本国を守るために」音楽家の一人としても今後とも頑張っていき、発信して行きたいと思っておりますので、よろしくお願いします。

「10・27請願&追悼」の模様:花うさぎさんブログより
請願受付集会&移動に三千人!(2009/10/28 08:27)
日教組は必ず解体します!(2009/10/29 10:12)
10.27 請願は八万通!(2009/11/09 07:12)
【追記2010.5.1】
すぎやまこういち氏「国想う在野議員の会」を語る(2010/05/01 09:19)

*「日本解放第二期工作要綱 - Wikipedia
國民新聞: 中国共産党「日本解放第二期工作要綱」目次(A)(B)(C)
「日本解放第二期工作要綱」 博士の独り言
阿比留記者
「日本解放第二期工作要綱」は本物なのでしょうか(2006/10/08 09:23)
「日本解放第二期工作要項」について改めて思うこと(2010/01/30 10:31)

*************

三橋貴明氏(経済評論家)
まだ、こうやって皆様大勢の方の前でしゃべるのは慣れていないんですけれども、私あの外国人参政権について問題視してお話をさせていただくときに、必ずメディアの問題を取り上げるようにしています。
日本のメディア、マスコミと呼ばれる人たちは問題を煽るのが大好きですよね。基本的に報道は日本=悪というような報道をします。これがマスメディアです。もう一つ彼らの得意なことがあります。それは人のせいにすることです(拍手)。

よく聞きましたよねー「自民党のせいです」「官僚のせいです」とか、あるいは「日本社会のせいです」とやっています。そういう意識がみんなの間に広まった結果ついに、国会で、民主党という政権が、その政権の要職の方々が「自民党のせいだ」とかですね、あるいは「検察のせいだ」とかそういう状況に至ってしまったわけですよ。
基本的にメディアがそういう状況であって、社会もそういう空気に染まってしまったと。

このまま行ってですね、万が一、日本が取り返しのつかない状況になったとき、私達は何て言うんでしょう。その時私達はこういうんですか? 「民主党のせいだ!」「あるいはマスコミのせいだ!」
それは違うと思います。もし本当に日本が取り返しのつかない状況になったら、それは絶対に、私達日本国民自身のせいなんです(拍手)。

私には、実はあまりプライベートな事は話さないんですけれども、一人、娘がいます。8歳です。小学2年生ですね。ものすごい美少女なんですよ、親が言うのもなんですけれども(笑・拍手)。

10年後に彼女は18歳になります。若い花盛りな、たぶんもう父親のことは嫌っていると思います。そういう年頃ですから。その時にですね、今の日本よりももっといい日本というものを彼女のために残したいと思います(拍手)。
そしてその時、彼女が私に「お父さん、まぁお父さんと呼んで頂けるかどうかわからないんですけれども、とにかく、お父さん、日本って何でこんなにいい国なんだろう」と言われたときに、「それは僕達のおかげだよ」と、堂々と言うために、戦いぬこうと思っています。
よろしくお願い致します。

新世紀のビッグブラザーへ blog
Yahoo!ブログ - 新世紀のビッグブラザーへ blog
三橋貴明後援会
三橋貴明氏が参議院選出馬!(2010/01/23 06:40)

草莽崛起 外国人参政権反対 有楽町マリオン前街頭宣伝 三橋貴明氏
概要:2009/11/14に有楽町マリオン前で行われた、外国人参政 権反対の街頭宣伝の様子です。
http://www.youtube.com/watch?v=rseNuTa7vNc(3分)


高い所から失礼します。ほとんどの方は初めてだと思います。はじめまして「三橋貴明」です。
まぁ皆さんお疲れでしょうですので、短めにやりたいと思うのですけど、まず民主党について考えた時に、「部落解放同盟」に支援されてるとか、「日教組」に支援されてるとかですね、そういう政党があったっていいですよね? 日本というのは○○○(聞き取れずm(_ _)m)の自由というのがあります。政治活動の自由もありますので、そういう政党自体があるのはわたくしは問題視するつもりはありません。

しかし、「韓国、民団」に支援されているというのは、これは問題でしょう。
外国人に支援されている政党がどこにあるんですか!
さらにもう一つ言えば、そういう政党があってもいいけれども、それをマスメディアが日本人にちゃんと報道しましたか? そういう情報がちゃんと我々の手元に来て、それでも民主党が選ばれたんだったら、それは「民意」だと思います。

しかし、実際、総選挙の時に、マスメディアがやっていたのは「政権交代」の4文字だけじゃないですか(そうだー!)。
しかも、民主党はマニフェストからわざわざ「外国人参政権」を落としたわけですよね、それは彼らが「外国人参政権」を推進すると票が取れないとわかったからこそ、落としたんです。
それを政権を取った民主党が、マニフェストを聖書とか、あるいは毛沢東語録のように掲げてマニフェスト原理主義で、ダムを潰すとか、ダムを辞めるとか言ってますけど、じゃあ外国人参政権なんてありえないじゃないですか。マニフェストに載っていなかったんですから。

こういう情報をキチンと我々の手元に届けてくれた上で、いろいろやるなら構いませんけれども、実際に自民党の議員の方々が、国会の臨時国会で、外国人参政権の事について鳩山さんに、質問しましたよね。鳩山さんがタジタジになりました。それをNHKすら報道しないというのはどういうことなんでしょう?

これは我々はインターネットを使って、衆議院TVというもので、稲田さんとかあの方々の大活躍を見てきました(下記、動画貼りました)。しかし一般の日本人の方々は見ることが出来ないんです。

そして知らぬ間にいつの間にか、外国人参政権が成立しているという、恐ろしいマスメディアのファシズムが今起きているという事をみんな理解しなくてはいけないと思うわけです(そうだーーー)。

実際に総選挙の時に民主党は、確かに多数の議決はとりました。しかし民主党に総選挙で、選挙区で投票した人はわずかに3300万人しかいないんですよ。残りの7千万人の日本人は一切民主党に投票していないわけなんです。その人たちがまるでいなかったごとく扱うマスメディアというのを私たちは許してはいけないと思います。

最後に7千万の日本人が民主党に投票しなかった。そして3300万人の日本人だってもう目が覚めてるでしょう。私たちは多数派であると、マジョリティーであるという事を理解して、周りの人たちにこの情報を伝えましょう。それを日本を救う、日本を再生する道だと思います。
ありがとうございました。

草莽崛起 外国人参政権反対 有楽町マリオン前街頭宣伝の模様:花うさぎさんブログより
守るぞ日本! 国民大行動 in 銀座に二千人!(2009/11/14 22:52)
真に日本国民が立ち上がれば謀略は粉砕される!(2009/11/16 20:37)

~~~~~~~~~~~~~~~~

NHKで中継しなかった国会質疑

鳩山首相「死を覚悟してでも、国政参政権を与えたい」
http://www.youtube.com/watch?v=XtbqVHxQxEo(8分)


鳩山総理 VS 稲田朋美議員 外国人参政権
http://www.youtube.com/watch?v=qHXbYJpsbIg(10分)


外国人参政権 稲田朋美 vs 千葉景子
http://www.youtube.com/watch?v=y0kiOkZfCsk


【稲田朋美】「日本解体法案」阻止! [桜H21/11/12]
YouTube概要:11月5日の衆議院予算委員会にて、外国人地方参政権問題や拉致問題、夫婦別姓問題などが国益を毀損することを鋭く指摘した氏をお迎えし、今後の政策の動向などについてお聞きしていきます。
http://www.youtube.com/watch?v=VnZLV2LQ9hc(23分)



千葉vs棚橋を15分まで縮めてみた(脱税総理編)
YouTube概要より:平成21年11月17日衆議院法務委員会。
棚橋泰文氏(自民・改革ク)が、千葉景子法 相を厳しく追及した場面の「脱税総理!」編。
「脱税総理」「鳩山システム」という新語 を生んだこの質疑をまたもテレビメディアはスルー。
がんばって縮めてみましたが15分 を超えてしまいました。日本人必見!




千葉vs棚橋を10分弱にまとめてみた(辛光洙編)
YouTube概要より:平成21年11月17日衆議院法務委員会。
棚橋泰文氏(自民・改革ク)が、千葉景子法 相を厳しく追及した場面の「辛光洙釈放嘆願書署名問題」編。
千葉氏の法相としての拉致問題に対する認識を問う重要なやり取りであったにも関わらず またもテレビメディアはスルー。
もっと短くまとめようと思ったのですが、ツッコミどころがもったいないので10分弱になりました。今回はおちゃらけ無しです。


「シンガンスに署名した国会議員は」で検索 GO!




☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
みおさんの一日も早い病気回復をお祈りします。
皆様からも暖かい応援&祈りをどうぞよろしくお願い致します。
本日の 『みおボード


やせ我慢AさんTwitterより~  
*画像をクリックするとTwitter画面に飛びます。
☆sakuraraボード☆-miosan_yaseAsan3
やせ我慢Aさんからの掲載許可のお返事です♪
ツイッターで遊んでばかりの、A太郎です^^)
あんなコメントが、何かのお役に立つなら自由に使って下さい。
みおちゃんに、新しい出会いが増えることを祈って。

やせ我慢AさんTwitter
やせ我慢Aさんizaブログ

志は高く、熱く燃える女性「みおさん☆」(出逢い)
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

スポンサーサイト

| 保守国民運動 | 2010-02-09 | comments:0 | EDIT | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sakurara2012.blog.fc2.com/tb.php/24-f3b01399

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。