sakuraraボード

『産経新聞』『チャンネル桜』『やまと新聞』『青山繁晴さん』『みおボード』を大応援しています☆日本がまともな国になるまでの期間限定の予定です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | EDIT | TOP↑

「主人は不器用でも嘘はつかなかった」故中川元財務相夫人、郁子氏【MSN産経ニュースより】

script_topilog,http://jss.afpbb.com/mbsv/sdata/medianewsdelivery/msnsankei/ameba/js/utf8/110033000/c13822a72d86396e500150d723a237d3_57b7ae128cbfedc33d816b8de48e53b5.js
MSN産経ニュースに、中川昭一さんの奥様・郁子さんのロングインタビューがありましたのでご紹介します。
「主人は不器用でも嘘はつかなかった」故中川元財務相夫人、郁子氏 (2010.7.17 16:34)
11日投開票の参院選では、昨年10月に急逝した中川昭一元財務相=享年56=の家族や親族が3つの党に分かれて戦った。
おじの中川義雄氏(73)はたちあがれ日本の比例代表候補、いとこで義雄氏の長男、中川賢一氏(43)はみんなの党の北海道選挙区候補としてそれぞれ出馬した。
そして、昭一氏の妻、郁子(ゆうこ)氏(51)は自民党候補の応援に飛び回った。
昭一氏の後継者といわれている郁子氏。どのような思いで参院選に臨んだのか。昭一氏への思いは。
近況も含めて語ってもらった。(田中靖人)

--昭一氏の急逝から9カ月が経過した
「主人が元気でいたらどういうふうにしていたかな、と考えながら過ごしてきました。私の一番の仕事は2人の子供たちを支えていくことです。しかし一方で、主人は本当に皆様方にいろいろと迷惑をかけたこともありましたが、少し不器用なところがあるくらいまじめで正直に56年間の人生を貫いたと思います。
特に、今注目されている財政問題や食糧問題、水資源問題、これらは日本にも来る問題だと熱心に勉強して訴えていましたが、昨年の衆院選では皆さんの心に届かず当選できなかった。その主人の気持ちをどうやって皆様方にお伝えしたらいいのか、ということであると思います」


--参院選で自民党候補を応援したのは
「長谷川岳さん(39)にお目にかかったのは、参院選公示から1カ月ほど前でした。主人が初めて国政に出たのが30歳の時でした。主人はその当時、長谷川さんほど雄弁ではなかったですし、もちろん長谷川さんのようなイケメン青年でもありませんでした。けれども、何か思い出が重なり、応援をさせていただきたいという思いになりました」

「長谷川さんは、主人が常々言っていた食糧、水資源、エネルギーの3つに絞って話していました。主人が、十勝への思いや、十勝の農業の発展が日本を守り、日本人を守るんだという話を常々していたのを思いだしました。主人の思いを少しでも実現してくれる人に当選してほしいと思いましたし、選挙戦が進むにつれ、長谷川さんの話の中に『国益』という言葉も出てくるようになり、うれしく思って、ますます応援してしまいました


--長谷川氏が昭一氏と同じ自民党の候補だったということだけが応援の理由ではなかったと
「自民党や日本全体のことを言うのは、思い上がりになるので申し上げにくいですが、(昭一氏の地盤だった)十勝地方に限って考えると、十勝の保守勢力がバラバラになっては困るという思いがありました」

「実は、主人は26年間の政治生活の中で『自民党を辞めるかもしれないけどもいいか』ということを私に2回言ったことがありました。私は、どういう立場になろうと、自民党を辞めようと、政治家を辞めようと、主人が信念を持って行動することだったら何でも応援していきたいと思っているから、という答えを常にしていました。で、自民党を辞めるのかな、と思いましたら、結局のところはやっぱり自民党に残ってがんばりました」

「ここは想像でしかありませんが、主人は落選中でも自民党を離党することはなかったと思います。なので、お世話になった自民党を支える立場を変えなかったと思います」

「話は飛びますが、息子は高校でアメリカンフットボールをやっています。地味なオフェンスライン(が担当)ですが、試合を見に行って、幼なじみでスター選手のクオーターバックの写真を撮って気づきました。息子や仲間がものすごい形相で必死に道をつくってるんですよ。あ、それがあって初めてクオーターバックはパスが投げられるんだな、と」

「主人がきっと今までしてきた仕事は、(農水相や経済産業相の時代に)WTO(世界貿易機関)交渉なんかでがんばっている間に、『日本の農業、ちゃんと育ってよ』って思って、歯を食いしばってやってたんじゃないかって。安倍さん(晋三元首相)、麻生さん(太郎元首相)、小泉(純一郎・元)首相らにお仕えしてきましたが、マウスピースをぐっとかみしめて必死に守っていたのが中川昭一の人生なんじゃないかと思います

「いつも思いだすことがあります。経産相時代、カンボジアに行ったときに、子供たちの施設を視察したそうです。そのときの印象を『日本の子供たちの目はキラキラと輝いてないね。どうしてだろう』と話していました。その言葉に、主人が亡くなってからも気になっていましたが、テレビでふと、隣町の幕別(まくべつ)町出身のスピードスケート選手、高木美帆さん(16)が、主人も建設に尽力した全天候型スケートリンクを背景にインタビューを受けているのを見ました。その高木さんの目がキラキラと輝いていて、主人に見てもらいたかった。何かを目指している子供は、すごく目が輝いている」

「そこで、なぜ子供の目が輝いていないのか、ということですが、正義を貫く勇気を社会が子供に教えていないからではないでしょうか。主人は本当にばか正直で不器用でしたが、うそをつくことが決してなかった。社会で生きていくにはうそもつかなくちゃいけないかもしれないけれど、せめて政治家はうそをつかないでほしい

「鳩山由紀夫前首相が(実母から)毎月1500万円ももらっていて『知らなかった』と責任を取らなかったような国にしないでほしい。菅直人首相も、言っていることがコロコロ変わる。変わるのは、うそをついてるからですよね。こんな単純なこと、子供でも気が付きます。だから子供の目が輝いてないんだと思います」


--参院選で義雄氏はたちあがれ、賢一氏はみんなから出馬した。「中川」が事実上3分裂の格好となった
「親戚(しんせき)であっても、国やふるさとを思う気持ちはそれぞれ違って構わないと思います。お付き合いも続くと思います。主人が元気だったらこういう形にはならなかったと思いますが、もし今、急に降りてきて何かを言うとしたら、口癖だった『まあいいじゃないか。みんなそれぞれ大変なんだから』と言うと思います」

--昭一氏の後継者として郁子氏を衆院北海道11区から擁立する声がある
「そう言っていただくのはありがたいが、とても出過ぎたことです。ただ、やはり…うーん。今はとにかく、十勝の保守がバラバラにならないように、ということが唯一の願いですし、バラバラにならないでほしいという気持ちを十勝の皆様にお伝えするのが仕事だと思っています」

*☆*:;;;:*☆*:;;;:

長谷川岳さんって、杉村太蔵氏と公認争いをされていた方なんですね。
長谷川岳オフィシャルブログ

*☆*:;;;:*☆*:;;;:

自民党には他にも頼もしい若い方々が当選されているようです。こういう方々が増えて、安倍さんや西田議員、稲田朋美議員を先頭に安心できる保守政党になっていったらいいなぁと熱望します。

クライン孝子の日記より転載
■2010/07/18 (日) 自民党の勝利に安心するな 思い切った改革を(1)
今回の参院民主党惨敗ですが、何よりもほっとしたのは 名もないわれわれ国民ではなかったかと思います。

それには、
1)草の根の女性の力による功績が大きかったと思います。例えば、
<<活動一周年を迎えた「そよ風」 (花ウサギの「世界は腹黒い」より)
http://hanausagi.iza.ne.jp/blog/entry/1703202/>>

それに、地方の方々の力も無視できませんでした。
2)仙台で7年前に立ち挙げた理事長藤江道子氏を中心に地道に広げた「次世代を育てる会」などの功績も見逃してはなりません。

先日藤江氏より電話があり、「今回の参院選では偶然だったけれど、自民党の若手で
宮城地方区では
くまがい大(ゆたか)【松下政経塾出身】35才
仙台市生まれ 
http://www.kumagai-yutaka.jp/index.html
比例では
宇都たかし(動画)航空自衛隊出身【松下政経塾出身】35歳
公式サイト「生まれ変わるなら、また日本がいい。」
http://www.youtube.com/user/UtoChannel#p/u/0/vsdWYiWsoAs
を推薦し、応援したところ当選して嬉しかった」って。

3)何だかだと批判されながらも、旧勢力(年輩)と新勢力(若手)の板ばさみに遭いながらも、目に見えないところで、自民党を民主党以上に変えようとしてみせた自民党幹部の努力も見逃せないと思います。

見飽きた古顔がテレビに出るたびに、テレビを消したというある友人も、
「今回自民党には一票入れるのは余程よそうかとおもったけれど、そんな自民党でも小泉進ちゃん一年生議員を重用するなど、候補者も若手を思い切って起用して、世代交代を図る姿勢を見せた気がし、その努力を買って、先の衆院選では民主党にいれたけど また戻って今度は若手に期待し一票を投じた」と。

この有権者の一票に答えて 自民党は、今後も逆戻りしないよう、次世代の質のいい政治家育成のために、また民主党から政権奪還を一時も早く実現するために真の保守政党を目指して、まい進して頂きたいと思っている。

以下
西田昌司参院議員の忠告を真剣に耳を傾けて
「自民党の勝利に安心するな -昭和と平成の違いを考えよう-」
http://www.youtube.com/watch?v=uextItvA7po ← 必見です!
高橋昌之のとっておき】自民党は参院選勝利も出直し的党改革を
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100718/stt1007180701001-n1.htm


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

拙ブログ:中川昭一さん関連エントリー
中川昭一さんカレンダー&10.27 中川郁子夫人、中川義雄議員挨拶【文字起こし】


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
みおさんの一日も早い病気回復をお祈りします。
皆様からも暖かい応援&祈りをどうぞよろしくお願い致します。
本日の 『みおボード


やせ我慢AさんTwitterより~  
*画像をクリックするとTwitter画面に飛びます。
☆sakuraraボード☆-miosan_yaseAsan3
やせ我慢Aさんからの掲載許可のお返事です♪
ツイッターで遊んでばかりの、A太郎です^^)
あんなコメントが、何かのお役に立つなら自由に使って下さい。
みおちゃんに、新しい出会いが増えることを祈って。

やせ我慢AさんTwitter
やせ我慢Aさんizaブログ

みおさんとの出逢いはコチラ☆
志は高く、熱く燃える女性「みおさん☆」(出逢い)
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

スポンサーサイト

| 中川昭一さん | 2010-07-18 | comments:0 | EDIT | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sakurara2012.blog.fc2.com/tb.php/249-c7c54d4f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。