sakuraraボード

『産経新聞』『チャンネル桜』『やまと新聞』『青山繁晴さん』『みおボード』を大応援しています☆日本がまともな国になるまでの期間限定の予定です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | EDIT | TOP↑

【MSN産経ニュース】石平氏寄稿 焦る中国に応じた日本&『凛として愛』拡散にご協力お願いします!

script_topilog,http://jss.afpbb.com/mbsv/sdata/medianewsdelivery/msnsankei/ameba/js/utf8/110043000/828c6fc7f82d8b4bed686188080406ec_57b7ae128cbfedc33d816b8de48e53b5.js
本日は水曜日です! →  水曜夕方はみんなで青山繁晴さんのお話をお聞きしましょう!
9月15日(水)のアンカーは…
▽菅代表再選 小沢氏の次の一手は!
 民主代表選最中に発生 尖閣沖漁船衝突事件の対応は… 青山がズバリ
▽コツメカワウソの赤ちゃん 水槽デビュー!
▽スポらば

アンカー過去文字起こし(ぼやきくっくりさん)
【一覧】「アンカー」青山さんコーナーテキスト起こし

アンカー過去動画(青山繁晴氏のファンサイト・淡交ブログさん)
アンカーの映像一覧
映像が削除されている場合は、「淡交」 非公開サイトをご覧下さい。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

MSN産経ニュースより
石平氏寄稿 焦る中国に応じた日本(2010.9.14 01:33)
沖縄・尖閣諸島(中国名・釣魚島)付近で中国漁船と海上保安庁の巡視船が接触した事件をめぐり、中国の戴秉国(たい・へいこく)国務委員が12日未明、丹羽宇一郎駐中国大使を緊急に呼び出し、日本側の対応に抗議したことが注目を集めている。
強硬姿勢をさらにエスカレートさせた無礼千万の呼び出しには実は、自らのメンツを保つ形で早急に事態の収拾を図ろうとする中国政府の思惑が見え隠れしている。背景には、中国国内で高まりつつある「政府の弱腰」に対する批判があろう。

戴国務委員は抗議の中で、中国政府の最大の要求として「漁民と漁船の即時送還」を求めた。
しかし、注意深くみると、それは、2日前の10日に中国の楊潔●(=簾の广を厂に、兼を虎に)(よう・けつち)外相が丹羽大使を呼び出して突きつけた要求とは全然違うことが分かる。

楊外相が「船長を含めた乗組員全員」の即時送還を求めたのに対して、戴国務委員の要求からは「船長」という言葉が消え、「漁民と漁船」だけが残ったのである。戴国務委員と楊外相の要求の違いは、中国外務省の公式サイトでも確認できる。

実はそれこそが、思惑を伴う中国政府の小細工なのである。
事件への処理に当たり、日本側は領海侵犯事件としてではなく、逃亡するため日本の巡視船に体当たりした中国船を拿捕(だほ)し、公務執行妨害で船長だけを逮捕した。

つまり、船長の処分とは別に、一般乗組員と漁船の早期送還は最初から日本側の既定方針であり、それは中国側もよく承知していたはずである。
あるいは日本政府は12日前の時点で、乗組員と漁船の早期送還を中国側にすでに伝えていたのかもしれない。

だとすれば、12日未明に大変なけんまくで丹羽大使を呼び出して「漁船と漁民の即時送還」を求めた戴国務委員の行動は、むしろ国内の目を意識した一種の芝居だったといえるだろう。
焦点の船長への言及を意図的に避け、日本側の既定方針であるはずの漁民と漁船の「早期送還」を強く求めて見せた「芝居」の真意はおそらくそういうことだ。

船長の処分という最大の争点を避けて日本側との「落としどころ」を見つけ、事態の沈静化を図ろうとする一方、日本側が既定方針通りに漁船と漁民の送還を決めることを見据え、それが実現した際には、あたかも「中国政府の圧力の成果」であるかのような印象を国内に与え、国内で先鋭化しつつある政府への「弱腰批判」を払拭(ふっしょく)することができるのである。

大した緊急性もないのに、わざと未明に丹羽大使を呼び出した戴国務委員の奇怪な行動もまさに、「中国政府が強い態度に出たことで日本側がひれ伏した」との宣伝効果を高めるための演出とみることができよう。

そして、あたかも中国側のろうした小細工に呼応したかのように、日本政府は13日午前、船長以外の一般船員の送還を正式に発表し、彼らは中国政府のチャーター機で帰国したのである。

同時に、事件に抗議するため、12日に中国福建省アモイから尖閣諸島へ出航する計画だった中国の民間団体がアモイにとどまっていることが、13日になって分かった。
彼らを足止めしたのが中国政府であることはいうまでもない。

この一連の動きからは、中国と日本の両国政府が水面下において「事態収拾」のシナリオを描き、それを実行に移したのではないかとの見方も浮かび上がる。もし、そうだとすれば、日本の領土保全にかかわる重大な問題で中国側との妥協に安易に応じた日本政府の姿勢こそが問題なのである。
     ◇
石平(せき・へい)氏 1962年、中国四川省生まれ。北京大学哲学部卒。88年に来日。民間研究機関を経て評論活動に入る。2007年、日本国籍を取得。

*☆*:;;;:*☆*:;;;:

『花うさぎ』さん
【緊急拡散依頼】12日未明の丹羽大使への抗議は、実質対日最後通牒!(2010/09/15 06:48)

『テレビにだまされないぞぉ』さん
漁船乗組員帰国で中国「外交勝利」、日本政府へのハッカー攻撃も 【ニュースバード・NEWS23】:
中国漁船、海保巡視船体当たり事件の中国メディアの報じ方【朝ズバッ!・ニュースバード】

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

こういうニュースを見ると、私は今が多くの日本人に『凛として愛』を知らせるチャンス!と思ってしまうのですが(^^。
ニュースで、中国・韓国問題を取り上げる時、『凛として愛』を見た後だと、マスコミを見る印象が変わると思います。

私の頭の中は最近、『凛として愛』の「真実を隠し、覆い隠すものは誰か。」というシーンがグルグル回ってます(>_<)。
このシーンは、マスコミの正体に気付いていない人には考えるきっかけになるのではないかと、一般者向けの『凛として愛』告知ハガキを作ってみました。産経新聞も盛り込み(?)ました☆

*☆*:;;;:*☆*:;;;:

『真実を隠し、覆い隠すもの』…どうか皆さんもその正体を考えてください。
残念ながら今の日本では「真実の歴史」を学校でも、マスコミ(産経新聞除く)でも教えてくれません。自分で調べない限り「真実の歴史」に辿りつけないのです。どうかその正体をご自分で調べてください。
(検索 ⇒ 歴史問題の捏造 マスコミの正体 朝日新聞の正体

*☆*:;;;:*☆*:;;;:

Word&PDFデータは「愛国女性のつどい 花時計」さんの、【凛として愛 拡散専用掲示板】に貼られると思いますのでご利用頂ければと思います(メンバー登録が必要です(無料))。

どうか「凛として愛」拡散にご協力をお願いします。

sakuraraボード-凛として愛_一般向け

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

以下、お知らせ&お願いですm(_ _)m。

9月20日(月)沖縄県立武道館で行われる「沖縄防衛決戦!」で、愛国女性のつどい 花時計も共催、「凛として愛」DVD250枚配布いたします。どうか大勢の方が集まりますように周知をよろしくお願い致します。

(9/20)挙国一致で守り抜け!「沖縄防衛決戦!」チラシ
http://blog.goo.ne.jp/jiritsukokka/e/89989175b687c74fe9342be0b60ef87

拙ブログ:JSN■沖縄県民緊急フォーラム 89歳!感動の訴え! 「開会の挨拶」呼びかけ人:仲村俊子さん 他


日の丸掲げた「平和行進」が沖縄で!(2010-01-24)『狼魔人日記』より

日米同盟堅持で自由と平和を守ろう!平和行進!(沖縄)
http://www.youtube.com/watch?v=gJyCVYelzYY


甦れ美しい日本 第696号のメルマガに以下の文章がありました。
もう80歳を超え、日教組と戦っている伊藤先生も呼びかけをされているそうです。メールをやらないと聞いていましたが、速達の周知は凄いと思います。

<<伊藤玲子先生は沖縄に飛びます。都合の付く方に一人でも多く参加してほしいと、今朝案内が速達で届きました。伊藤先生の熱意を共有いたしましょう。特に九州、沖縄方面の方でお時間がおありの方は、ぜひご参加下さいますようご案内申し上げます。>>

【日教組】伊藤玲子さん、義家弘介議員【動画&テキスト起こし】


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

青山繁晴さんからのお願いです! 11月23日に大阪・中ノ島公会堂で横田みぐみさんご両親、有本恵子さんご両親と講演会をされるそうです。チケットは「チケットぴあ」で発売だそうです。
青山繁晴さんは「永遠の一秒」という舞台で「語り」もされます。こちらも「チケットぴあ」で発売されていますのでよろしくお願いします。

ON THE ROAD 青山繁晴の道すがらエッセイより
8月23日から、お願いします(2010年08月18日 08時43分33秒)
みなさん、どうか再び立って、結集してください。
ブルーリボンに込められた日本海の青、空の青をつたって、同胞に、わたしたちの志が伝わることを、こころの底から願って。


ふだんとは違うお知らせを、ふたつ(2010年08月16日 20時00分04秒)

2008年12月1日の大阪・中之島公会堂での模様&ブルーリボンについてはこちらにも書かれています。
太平洋へ飛び立つまえに その2(その1から読んでください)(2010年04月30日 20時23分13秒)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

拙ブログ
20100425拉致事件解決へ12年目の国民大集会「われわれはあきらめない」【文字起こしあり】より
田口八重子さんのお兄様のお話。
その中でみんなと討議した中身なんですが、目に見える抗議をしてこう、取り組みをやろう、それは何かと言いますと、私たちがつけているこのブルーリボンのバッチありますね。このブルーリボンのバッチは国会でも何人かの先生しかつけていない状態なんですけども、それがテレビ放映、国会放映がされれば写るわけなんですよ。それを北朝鮮の金正日は気にしてるんです絶対。

私たちのやっている運動をじっと見ています。日本人の怒りがどの程度、な~んだ風化してるんじゃないかと、そんなバカにされたような事は絶対見させてはいけないんです


基本的には拉致被害者救出の署名運動をやりながら、この皆さんの国民の方々、それから国会の先生の各党派の方々にブルーリボンのバッチをつけていただくとこれが抗議行動なんです。


ブルーリボンを急募しています!【話の花束さんより】

*☆*:;;;:*☆*:;;;:

ブルーリボンバッチはコチラで購入できます。
救う会
日本ブルーリボンの会

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

愛国女性のつどい 花時計」さんで「凛として愛」拡散プロジェクトを実施中です。現在は「敬老の日」に向けて、「老人ホーム」に凛として愛を伝えよう!をやっています。花時計さんの「凛として愛 拡散専用掲示板」にデータなどありますのでご利用ください(登録が必要です(無料))。

sakuraraも参加する事に致しました。ご協力をどうぞよろしくお願い致します。
DVDの購入はコチラ → 「愛国女性のつどい 花時計」(1枚千円)

sakuraraボード-凛として愛1

sakuraraボード-凛として愛2

YouTube『凛として愛(4/7)』 
http://www.youtube.com/watch?v=MjhR4NvXiEs

3分50秒頃 (DVD:32分過ぎ)
日本の侵略行動と言われた満州事変は、まさに戦後に捏造され、今日まで長く続いているものなのだ。真実を隠し、覆い隠すものは誰か。
sakuraraボード-凛として愛3

YouTube『凛として愛(5/7) 』 
http://www.youtube.com/watch?v=kTP3t4cdL3Q

6分30秒頃 (DVD:44分ぐらい)
子どもを愛し、妻を愛し、兄弟を慈しみ、両親を尊敬する多くの先人、誰一人、日本が侵略戦争をしたとは思っていません。外国の土地を強奪した事実もありません。
礼(れい) 義(ぎ) 智(ち) 信(しん) という厳しい道徳観の中で育った日本人は、不正義を憎み、卑怯・卑劣を嫌う武士道を軍人魂として教育されてきています。

あなたがもし日本人ならば、そして正義を愛するならば、かつての日本人も同じ日本人です。
あなたがたが誇れる先人の方々です。

あなたが自分を信じるならば、日本を守った先人を信じてください。英霊を、先人の「愛」を見つめてください。


*☆*:;;;:*☆*:;;;:

拙ブログ:『凛として愛』関連
【凛として愛】 泉水隆一監督ありがとうございました。
「凛として愛」ジャケットを作ってみました。
成人式式典で「凛として愛」上映はいかがでしょう?♪【山田宏杉並区長テキスト起こしあり】
全国民に観て欲しい映画「凛として愛」☆【一部テキスト起こしあります】

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

どうか、産経新聞が多くの日本人に知られ、読まれますように☆
産経新聞の大ファンになった父は、いろんな方に「産経新聞はいいですよ。楽しみが増えました。」とお話したり、手紙を書いているそうです☆ 
残念ながらまだまだ「産経新聞」という名前自体を知らない方がたくさんいらっしゃるような気がします。
父もそうでしたので(^^。もっと言えば数年前の私も(^^。

どうか「産経新聞」の周知・拡散をよろしくお願いします。
「一人でも多くの産経新聞読者が増える事が日本がよくなる近道だ。」と私も、たぶん「産経新聞」を知っている方々も全員そう思っていると思いますし、上記記事の井上政典氏もおっしゃっています(^O^)。 

*☆*:;;;:*☆*:;;;:

土屋たかゆき議員ブログ ■今日の”つっちー”■ 2010年6月3日の日記より 
雑誌「正論」・参議院選 裏マニフェストを暴く
※マスコミは民主党の革命性について、また、財政の悲劇的な破綻について報道しません。
閣内不統一についても、自民党内閣でしたら大騒ぎ、それが、「何とか民主を勝たせたい」一心です。
雑誌「正論」「WILL」などは、正確に時局を報道する貴重な「資料館」とも言えます。是非、論文をお読みいただき、『知人、友人、恋人、奥さん(笑い)に、これが本当のことだ』とすすめて下さい。
※新聞では、産経です。私は、自宅で産経を取っておりますが、駅売りでも「産経」を引っ張り出して目立つようにして、『産経新聞下さい』と買います。読んだ新聞は、わざと「網棚」へ。必ず読む人がいるからです。
更に、ホテルで食事をする時『産経新聞ある』と聞きます。『在りません』と返事がある時には、名刺を出して『5大紙は揃えておくのが、ホテルの常識でしょう。支配人に伝えて下さい』と言います。
旅行先でも同じことを言っています。大概、次の日には改善されています。是非、ホテル業界も大変ですし、食堂も同じです。お客の要望は聞きますので、そうした、小さな努力で、「本当のことを国民に広める」運動にもご協力をお願いします。

*コチラ↓のブログさんに土屋議員のエントリーを教えて頂きました。
愛国を考えるブログ
『朝日新聞はとらないのが、ホテルの常識でしょう。支配人に伝えて下さい』(2010年08月17日)

*☆*:;;;:*☆*:;;;:

拙ブログより
井上政典【世の中を不安に思うとき】=みなさん、産経新聞を購読しましょう。☆☆甦れ美しい日本☆☆
みなさん、産経新聞を購読しましょう。それがこの閉塞した日本を変える一番の近道だと思うようになりました。メルマガではどうしてもたくさんの人に読んでもらえません。
このまま、この一部の空間だけで傷を舐めあっているだけでいいのでしょうか? とても不安になりました。


父、産経新聞に見事にはまる!&親孝行に産経新聞をプレゼント☆
そして思いました。こうやって父みたいにマスコミや新聞が伝えている事に違和感を感じている人が、産経新聞でカチッとはまってくれたら、こういう人がもっと増えてくれたら、日本はもっとよくなるんじゃないか、もっともっとたくさんの方が産経新聞の事を知ってくれたらと
どうか「親孝行に産経新聞!」と思われた方、産経新聞に問い合わせてみてください。
親世代の方は「何か欲しいプレゼントある?」とお子様に聞かれたら、「産経新聞……」と呟いてみてください(^O^)。
一人でも多くの方が産経新聞の事を知ってくれますように。。。


*☆*:;;;:*☆*:;;;:

まさか、右翼と呼ばないで!』さんも、お母様に産経新聞を送り付け中(?)(>_<)だそうです。
日本が危ない! 欧州在住の筆者が外から奮迅 何が起きてる日本? 民主党の危険を探る守ろう日本、目覚めよ日本人 !
私は先月から母に産経新聞を送り付けています。やまと新聞は親類に送ろうかと考えています。皆さんもこの新聞を支えてください。それから桜のサポーターになってください お願いします

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

今、産経新聞を6ヶ月以上契約すると、
産経グループ各紙のご案内
東日本地区なら… 「ひなちゃんマグカップセット」か「部屋干しトップ」
九州・山口特別版なら… 「櫻井よしこ氏のサイン入り著書」プレゼントです☆

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

8月10日は「やまと新聞」の日でした! → 本日(8月10日)、「やまと新聞」の日!【応援キャンペーン】

やまと新聞HP 
やまと新聞会員募集のご案内
会費月々500円です☆

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実 韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった/水間政憲
¥1,680 Amazon.co.jp

国民の遺書 「泣かずにほめて下さい」靖國の言乃葉100選/小林よしのり 責任編集
 ¥1,470 Amazon.co.jp


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
みおさんの一日も早い病気回復をお祈りします。
皆様からも暖かい応援&祈りをどうぞよろしくお願い致します。
本日の 『みおボード


やせ我慢AさんTwitterより~  
*画像をクリックするとTwitter画面に飛びます。
☆sakuraraボード☆-miosan_yaseAsan3
やせ我慢Aさんからの掲載許可のお返事です♪
ツイッターで遊んでばかりの、A太郎です^^)
あんなコメントが、何かのお役に立つなら自由に使って下さい。
みおちゃんに、新しい出会いが増えることを祈って。

やせ我慢AさんTwitter
やせ我慢Aさんizaブログ

みおさんとの出逢いはコチラ☆
志は高く、熱く燃える女性「みおさん☆」(出逢い)

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
スポンサーサイト

| 産経新聞/阿比留記者 | 2010-09-15 | comments:0 | EDIT | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sakurara2012.blog.fc2.com/tb.php/288-69246671

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。