sakuraraボード

『産経新聞』『チャンネル桜』『やまと新聞』『青山繁晴さん』『みおボード』を大応援しています☆日本がまともな国になるまでの期間限定の予定です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | EDIT | TOP↑

◎西村真悟 「沖縄防衛決戦」集会に参加して □□■平河総合戦略研究所メルマガ■□□より

本日は水曜日です! →  水曜夕方はみんなで青山繁晴さんのお話をお聞きしましょう!
スーパーニュースアンカー|関西テレビ
9月22日(水)のアンカーは…
▽尖閣漁船衝突事件で 中国が報復措置 新戦略“三戦”作戦とは? 青山がズバリ
▽失墜した検察の威信 事件の証拠隠滅で 特捜エース検事を逮捕 捜査の深い闇に迫る!
▽スポらば

アンカー過去文字起こし(ぼやきくっくりさん)
【一覧】「アンカー」青山さんコーナーテキスト起こし

アンカー過去動画(青山繁晴氏のファンサイト・淡交ブログさん)
アンカーの映像一覧
映像が削除されている場合は、「淡交」 非公開サイトをご覧下さい。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

□□■平河総合戦略研究所メルマガ■□□(2010年9月21日 NO.705号)
☆☆甦れ美しい日本☆☆ より
------------------------------------
◎西村真悟 「沖縄防衛決戦」集会に参加して
------------------------------------
二十日午後一時より、那覇空港近くの沖縄県立武道館で、
「沖縄県民、自由と平和のための国防決起集会 『沖縄防衛決戦』 基地闘争の工作機関誌沖縄二大紙にだまされるな」
と題する集会が開かれ出席してきた。

主催は、「自由と平和のための国防決起集会実行委員会」
共催は、『在日米軍基地ネットワークユニオン」と「沖縄と共に『自立国家日本』を再建する草の根ネットワーク」という団体。

この集会に、八十三歳の自称「ばあさん」、私から言えば「愛国少女」の元鎌倉市会議員の伊藤玲子さんが出席するという。それで私も出席することにした。尖閣で中国共産党が攻勢をかけてきているときに、「ばあさん」いや「愛国少女」を一人行かせて自分が行かないのは男が廃ると思ったからだ。

そして、武道館での集会後、午後三時過ぎから五時近くまで、那覇市内中心部までデモ行進をして、八時三十分に関西空港に帰着した。

集会は二百五十人ほど。集会後の行進は多数の日の丸と一本の星条旗を掲げた百人ばかりのデモだった。
そして、沖縄における歴史的な集会とデモだった。

主催者と沖縄県内からの参加者は、皆中国は単に尖閣を奪いに来ているのではなく、沖縄を獲りに来ているという共通の危機意識を持っていた。そして、沖縄県内の二大紙は、沖縄の実情を全く伝えず沖縄を中国に売り渡すような報道ばかりをしていると憤っている。ちなみに、本日の報道は、一面がアメリカ軍兵士が交通事故を起こしたというもので、尖閣の状況や中国の対日非難は報道されていない、と言っていた。

そして、参加者は、中国が沖縄が「中国のものだ」と言い始めたことに敏感に反応し怒っていた。なるほど、報道写真に映る中国人反日デモ隊は「琉球奪還」と書いたTシャツを着ている。

集会の雰囲気を伝えるために、主催者が用意したデモに際するシュプレヒコール案を紹介する。十項目あるうちの三項目はマスコミ批判だった。如何に沖縄のマスコミが偏向しているか。
シュプレヒコールは次の通り。
1、マスコミは、度重なる中国の領海侵犯に抗議せよ。
2、マスコミは、沖縄を中国に売り渡すな。
3、県民を扇動し、国防を無視した、マスコミは絶対許さんぞ。
4、中国は、ウソつくな。
5、尖閣は古来より日本の領土だ。
6,沖縄県議会も中国領海侵犯に抗議せよ。
7、憲法九条を改正して国家を強化せよ。
8、尖閣を守るために、与那国島に自衛隊を配備せよ。
9、日米同盟は日本の命綱、絶対に守るぞ。
10、日米同盟を強化し、沖縄の自由と平和を守ろう。

以上、今日の集会の雰囲気を一番知っていただけると思い、デモで叫ばれた十項目を全て紹介した。
道行く人も、車の人も、このデモに、「おおー」という感じで注目したようだった。
 
沖縄は、これから、知事選挙や市長選挙の季節を迎える。
その中で、沖縄の二大紙は沖縄の実情を沖縄県民と本土の国民に伝えず、その上に、昨年来の鳩山由紀夫の普天間基地移転問題に関する無責任かつ無能な右往左往は、選挙で冷静で適切な投票行動をできなくさせるほど県民を怒らせている。

なにしろ、総理大臣が大まじめで、「普天間基地は国外に移転する、最低でも県外だ」と言ったのである。それから、「よく考えれば」・・・「やはり県内でした」と言ったのである。誰でも怒る。

仮に総理大臣が大まじめに、「税金はゼロにします。すばらしい決断でしょう」と言ったあと、「よく考えれば・・・やはり税金は必要で、増税します」と言えば、あほーと怒る。これと同じだ。

この無責任きわまりない民主党内閣によって、沖縄は既にかき回されている。この無能、無責任という政治的空白を突いて、中国が攻勢をかけてきているのだ。
県民が、共産党に近い者を知事に選ぶ雰囲気に囚われ流されないことを切に願う。

最後に、この集会で、満州人で日本に帰化した鳴霞さんが発掘した、「中国共産党の沖縄属領化工作文書」が紹介された。

中国共産党は「琉球共和国の創設」を仕組み、沖縄を我が国から分離させてから奪おうとしている。そして既に、「琉球臨時憲法九条(案)」を作っている。

それによると、奪う範囲つまり共和国の範囲は、第四条で「琉球共和国は、三つの主要な州である奄美州、沖縄州そして八重山州と琉球群島の全てからなる」と決めている。

驚くべきことに、中国共産党は、奄美大島をも奪うつもりだ。

尖閣は沖縄県の一部である。中国は、尖閣だけを奪おうとしているのではない。沖縄本島と奄美大島を奪おうとしているのだ。

こういう、恥ずべき嘘を平気で掲げて我が国の領土を奪おうとする強欲で傲慢無礼な相手に対しては、我が日本国民が「断じて許さん」と決意するとき、初めて事態が解決する。

今までの「中国を刺激しない」という歴代内閣の方針が、この度の傲慢な攻勢を招き寄せたのだ。
私は、この集会を一回だけで終わらせることなく、これから沖縄に同じ思いをもつ日本国民が集まる回数を増やしていこうと述べて壇を降りた。

以上、本日中に本日の沖縄の集会「沖縄防衛決戦」を知っていただきたくキーをたたいた次第。
(前衆議院議員)

------------------------------------
◎井上政典 【日本人のすばらしさを再認識した連休】
------------------------------------
86歳の両親を連れて、福岡から新幹線と在来線を乗り継いで、信州に行き黒部立山アルペンルートを横断しました。よぼよぼした両親を親切な人々の適切な行為で無事安全に渡りきる事ができ、黒部や立山の絶景を両親に見せる事ができました。三連休の中日でとても混雑している中、各駅の係りの方の献身的な努力に頭が下がりました。ありがとうございました。

ここであらためて日本人のすばらしさを再認識した次第です。それは、弱者に対するいたわりの気持ちとその崇高な精神に則った無償の行為、それに自分たちの仕事に対する誇りとこの雄大な景観を一人でも多くの方に楽しんでもらおうとする献身的な職業規範でした。

それも、年齢の高い駅員さんが率先して行動し、それを若い駅員さんがおどおどしながら見よう見真似でお世話をしていたのです。両親が感謝の気持ちを述べると照れたような若い駅員さんの笑顔が印象的でした。そうやって自分たちの仕事の誇りを後輩に伝えてそして訪れる観光客に景色だけでなく、人間の心のすばらしさまで伝えてくれているのだ思った一日でした。

何とか歩ける両親もできるだけほかの人の迷惑にならないようにと一所懸命に移動し、他の人の迷惑にかけないようにしていましたが、たいへん混雑している中周りの人も温かいまなざしで見守っていただきました。ありがとうございました。

日本人のすばらしさを実感したのですが、報道を見るとCHINA政府の傍若無人にはまったく腹が立ちます。このすばらしい日本人の心情や行為をどうして理解できないのか不思議になります。

日本に来た事のある観光客は押しなべて親日家になる人が多いといいます。自分たちが聞いていた日本人と現地で接する日本人がまったく違う事が初めて分かるからです。アルペンルートにもたくさんのCHINA人観光客がいましたが、ガイドさんや駅員さんの指示に従って何の混乱もなく、皆気持ちよく混雑した状況に対応していました。

きっと彼らも日本人のお行儀のよさとその規律と誇りを持った駅員さんたちの行動を見ながら、きちんとルールを守る事が一番早くそして気持ちよくこの混雑を抜け出せる方法だと気付いたはずです。どの駅員も怒鳴ることなく、穏やかにそして笑顔で皆に協力を求め、そして感謝している姿は美しいとかいえません。

私は社員研修をする職業柄、こういう社員がたくさんいる会社は発展するだろうなと見ていました。だから、景色のすばらしさはもちろんの事、この駅員さんたちの姿に感動をしていました。

百人ほどのCHINA人観光客もおとなしく黒部の自然を堪能しながら、日本人のすばらしさを理解し、自分たちの政府のおかしさを再認識したのではないかと思います。

日本政府も、CHINAを刺激しまいとしているのか、何にも手を打つことができないのか、高官の交流中止や、CHINA人一万人の訪日中止、市民交流の出演辞退勧告など国際社会を意識した手を次々に打っています。

あまりにも日本を舐めているとしか思えません。

でも日本には憲法9条があります。きっとこの憲法の威力でCHINAがその手を緩めてくれると左巻き政権である菅内閣の閣僚たちは思っているのでしょうか。

ここで、提案です。

次のような日本国のCMを作成し流してみてはいかがでしょう。
 
1.漁船が日本の巡視艇にぶつかってくる映像。
2.各CHINAの日本に対するさまざまな仕打ちを列挙する。
3.それでも日本は耐え忍んで、この船長を公務執行妨害で粛々と裁く姿勢を見せる。

そしてしかたなく、上海万博の日本館を警備上の不安を問題にして、休館する。

こういう政府のメッセージを作成して、全世界に流しましょう。
いかにCHINA政府が横暴かを国際世論を味方につけるべきです。

それができない外務省ならもう存在の必要がありません。それを作って流すのが国営放送局であるNHKの仕事ではないでしょうか。

日本のすばらしさは黙ってみてもらえば理解してもらえるという考えは世界では通用しません。一回だけはきちんとしたもので反論すべきです。それは今しなければなりません。

一辺たりとも日本の領土を侵害されるのは防がなければなりません。情報戦争でしっかり勝てるようしなければ、政権の意味がないのです。

菅氏よ、この局面をきちんと対応する事が政治生命に影響する事を理解せよ。
さもなくば次の国会で岡崎トミ子のような売国奴を大臣に任命した責任の追及は目に見えている。
私はあなたが大嫌いだが、日本国のために敢然と立ち上がる事を期待します。

その前に立ちはだかるものあらば、仙谷といえども容赦せず切り捨てる事が長期政権の道だということを勘のよいあなたならきっと分かるでしょう。

日本はすばらしい。だからこそ私たちは誇りをもてるのです。

それを政府が率先垂範して欲しいと思います。
(歴史ナビゲーター)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【尖閣問題関連】

産経新聞/阿比留記者『国を憂い、われとわが身を甘やかすの記
写真・中国が認めた日本帝国八重山郡尖閣列島(2010/09/21 06:00)

ぼやきくっくり』さん
中国政府の感謝状に「沖縄県八重山郡尖閣諸島」(2010.09.20)
「諸君!」2006年2月号 掲載 永久保存版 歴史講座
【もし中国にああ言われたら——こう言い返せ】
「尖閣、そして沖縄までは中国の領土」と言われたら フォトジャーナリスト・山本皓一

テレビにだまされないぞぉ』さん
尖閣沖衝突事故の『証拠ビデオ』で公判維持は難しい【NEWS23・スッキリ】(2010年9月21日 (火))
日中関係悪化で、鳥越氏「小沢氏を中国特使に」 【スーパーモーニング】(2010年9月20日 (月))
中国に学ぼう!SP 中国の世界制覇戦略【そこまで言って委員会】(2010年9月19日 (日))
今日の中国反日デモと、尖閣沖衝突事故漁船の穴 【日テレ・TBSニュース】(2010年9月18日 (土))
尖閣沖衝突事件「日中関係緊迫」 何故強硬な姿勢なのか?!【ミヤネ屋】(2010年9月17日 (金))

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

以下、お知らせ&お願いです。

青山繁晴さんがご自分のブログで楽屋や舞台の様子を報告されています。現在、観客が少ないのが悩みだそうですので、お時間がある方は是非! 足をお運び下さい! sakuraraもチケット取りました☆
こういう舞台をみんなで応援する事も日本を護る事につながると思います。どうぞよろしくお願いします。
9月26日(日)までです。

ON THE ROAD 青山繁晴の道すがらエッセイより
語りを始めます(2010年09月17日 06時49分12秒)
楽屋にて(2010年09月19日 14時45分06秒)
▼さて、この舞台劇「永遠の一秒」は、いまのところ、観客の数が少ないのが、正直、みんなの悩みです。
もう一度、この下の書き込みを見ていただき、おひとりでも多くのかたがご覧になり、監督や俳優、スタッフのみなさんの志に報いていただけないでしょうか。

「永遠の一秒」公式HP
「永遠の一秒」公式ブログ
チケットぴあ

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

現在「愛国女性のつどい 花時計」さんで「凛として愛」拡散プロジェクトを実施中です。
sakuraraも参加する事に致しました。ご協力をどうぞよろしくお願い致します。
DVDの購入はコチラ → 「愛国女性のつどい 花時計」(1枚千円)

凛として愛(1/7)


拙ブログ:『凛として愛』関連
【凛として愛】 泉水隆一監督ありがとうございました。
「凛として愛」ジャケットを作ってみました。
成人式式典で「凛として愛」上映はいかがでしょう?♪【山田宏杉並区長テキスト起こしあり】
全国民に観て欲しい映画「凛として愛」☆【一部テキスト起こしあります】

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

どうか、産経新聞が多くの日本人に知られ、読まれますように☆

なんと『水間条項』で下記文章を発見しました! 中国情報部、産経新聞の購読者数に目を光らせているそうです。これは何がなんでも親孝行に産経新聞です(^o^)! よろしくお願いします!!

緊急拡散《尖閣を如何にして守るか、日本の世論の動向を見ている中国人民解放軍!》(2010年09月19日 16:00)

この緊迫した尖閣問題をマスメディアで唯一詳細に報道しているのは、産経新聞だけですが、産経新聞の購読者数の動向調査も中国情報部が目を光らしてますので、日本人の断固とした意志を見せつける為にも産経新聞の購読をお願いいたします。

*☆*:;;;:*☆*:;;;:

土屋たかゆき議員ブログ ■今日の”つっちー”■ 2010年6月3日の日記より 
雑誌「正論」・参議院選 裏マニフェストを暴く
※新聞では、産経です。私は、自宅で産経を取っておりますが、駅売りでも「産経」を引っ張り出して目立つようにして、『産経新聞下さい』と買います。読んだ新聞は、わざと「網棚」へ。必ず読む人がいるからです。
更に、ホテルで食事をする時『産経新聞ある』と聞きます。『在りません』と返事がある時には、名刺を出して『5大紙は揃えておくのが、ホテルの常識でしょう。支配人に伝えて下さい』と言います。
旅行先でも同じことを言っています。大概、次の日には改善されています。是非、ホテル業界も大変ですし、食堂も同じです。お客の要望は聞きますので、そうした、小さな努力で、「本当のことを国民に広める」運動にもご協力をお願いします。

*コチラ↓のブログさんに土屋議員のエントリーを教えて頂きました。
愛国を考えるブログ
『朝日新聞はとらないのが、ホテルの常識でしょう。支配人に伝えて下さい』(2010年08月17日)

*☆*:;;;:*☆*:;;;:

拙ブログより
井上政典【世の中を不安に思うとき】=みなさん、産経新聞を購読しましょう。☆☆甦れ美しい日本☆☆

父、産経新聞に見事にはまる!&親孝行に産経新聞をプレゼント☆
どうか「親孝行に産経新聞!」と思われた方、産経新聞に問い合わせてみてください。
親世代の方は「何か欲しいプレゼントある?」とお子様に聞かれたら、「産経新聞……」と呟いてみてください(^O^)。
一人でも多くの方が産経新聞の事を知ってくれますように。。。

*☆*:;;;:*☆*:;;;:

まさか、右翼と呼ばないで!』さんも、お母様に産経新聞を送り付け中(?)(>_<)だそうです。
日本が危ない! 欧州在住の筆者が外から奮迅 何が起きてる日本? 民主党の危険を探る守ろう日本、目覚めよ日本人 !
私は先月から母に産経新聞を送り付けています。やまと新聞は親類に送ろうかと考えています。皆さんもこの新聞を支えてください。それから桜のサポーターになってください お願いします

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

今、産経新聞を6ヶ月以上契約すると、
産経グループ各紙のご案内
東日本地区なら… 「ひなちゃんマグカップセット」か「部屋干しトップ」
九州・山口特別版なら… 「櫻井よしこ氏のサイン入り著書」プレゼントです☆

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

8月10日は「やまと新聞」の日でした! → 本日(8月10日)、「やまと新聞」の日!【応援キャンペーン】

やまと新聞HP 
やまと新聞会員募集のご案内
会費月々500円です☆

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実 韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった/水間政憲
¥1,680 Amazon.co.jp

国民の遺書 「泣かずにほめて下さい」靖國の言乃葉100選/小林よしのり 責任編集
 ¥1,470 Amazon.co.jp


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
みおさんの一日も早い病気回復をお祈りします。
皆様からも暖かい応援&祈りをどうぞよろしくお願い致します。
本日の 『みおボード


やせ我慢AさんTwitterより~  
*画像をクリックするとTwitter画面に飛びます。
☆sakuraraボード☆-miosan_yaseAsan3
やせ我慢Aさんからの掲載許可のお返事です♪
ツイッターで遊んでばかりの、A太郎です^^)
あんなコメントが、何かのお役に立つなら自由に使って下さい。
みおちゃんに、新しい出会いが増えることを祈って。

やせ我慢AさんTwitter
やせ我慢Aさんizaブログ

みおさんとの出逢いはコチラ☆
志は高く、熱く燃える女性「みおさん☆」(出逢い)

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
スポンサーサイト

| その他 | 2010-09-22 | comments:0 | EDIT | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sakurara2012.blog.fc2.com/tb.php/290-0c4fa8ec

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。