sakuraraボード

『産経新聞』『チャンネル桜』『やまと新聞』『青山繁晴さん』『みおボード』を大応援しています☆日本がまともな国になるまでの期間限定の予定です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | EDIT | TOP↑

全国民に観て欲しい映画「凛として愛」☆【一部テキスト起こしあります】

私が「凛として愛」を見るきっかけとなったエントリーです。
「凛として愛」のDVDジャケットを作る時にも泉水隆一監督のお話を使わせて頂きました☆

花うさぎの「世界は腹黒い」
「凛として愛」上映会に感激の拍手!(2009/12/28 00:02)

「凛として愛」DVDは「愛国女性のつどい花時計」さんHPから

よろしかったらDVDジャケットを → 「凛として愛」ジャケットを作ってみました。

凛として愛(1/7)
http://www.youtube.com/watch?v=Hpz5rFqI7jA


凛として愛(2/7)


凛として愛(3/7)


凛として愛(4/7)


凛として愛(5/7)


凛として愛(6/7)


凛として愛(7/7)


YouTube「凛として愛」1/7より

国家によって 安全と平和 生命と財産を 護りきれなかった 国民の悲惨さを 私たちは知らない

この一篇を明治開国から 大東亜戦争に至るまで 祖国のために力の限り 戦った幾千万の将兵と
銃後の守りに尽くされた 総ての先人に 感謝と畏敬の念をこめて 捧げます

昭和二十年八月―― 広島 長崎に 原子爆弾が投下される

八月十五日
日本は三年八ヶ月に及ぶ 大東亜戦争に終止符を打った 建国以来 初めての敗戦であった

この日から 
日本の近代史が ひび割れた鏡のように 歪んで伝えられていく 汚辱の日となった

戦争に 負けたのは仕方がない だが

日本人は 戦いに敗れても 誠実さが必要だった 
日本という国に 祖国に尽くした 幾百万の英霊に 
幾千万の先人に 愛をこめて感謝を 捧げるべきだった

・・・が 果たせなかった 多くの日本人が裏切った

戦後の荒廃した日本に 赤旗がなびき 社会主義思想が広まり
戦勝国による一方的な 東京裁判が開かれる中で 
日本の近代史は 偽りに満ちた 悪意のもとに 書き替えられていった

(小学校の時に初めて遊就館に行ったんですけれども、その時に、あのー初めて戦争に行った方の、遺書や想いが綴ってある資料を見て涙が出てきたんです。それで、そのことについて私は小学校で何も教わってなかったなと気がついたんです。教科書にもあまりそういう事が載ってなかったし、日本の歴史だけじゃないかも知れないんですけど、世界の歴史を学んでも、やっぱりその時代に生きた人にしかわからない歴史っていうのがあると思うんです。絶対にそういう状況にならなきゃわからない……)

私たちの国には 明治維新以来 幾たびかの困難に 敢然と立ち向かった
日本民族の 不屈の歴史があります

たった一つしかない命を 国家に同胞に 捧げた 凛とした真実の 歴史があります

その扉を今 開け放そう

凛として愛

六十数年前 ニッポンはアメリカを始め世界百十数国を相手に大戦争をした。
しかし、その戦争は国家国民の安全と平和を守るため、アジアの安定を築くため、世界の平和をこい願ったものである事に間違いなかった。
戦場に出て行った将兵はみな同じ考えであり、力の限り彼らは戦った。
だが、こと志と違い、戦いに敗れたことでニッポンの掲げた理想は実ることはなかった。

ニッポンは敗れたままでいる。
平和を享受する現代ニッポンから遠く離れた異国には未だ収集されない将兵の遺骨が山野に埋もれている。
いつになったらニッポンは戦いに散った将兵を暖かく迎えてくれるのだろうか、全国民が祈りを捧げてくれるのだろうか。
靖国神社に祀られる二百四十六万六千余柱の英霊は未だ侵略戦争の汚名をきせられたままでいる。かつて南方の島々で戦ったニッポン軍に援軍は来なかった。ならば今から援軍を送る。
ニッポンを変える援軍を送る。あなた方の真実を、痛みを、私たちは伝えていきます。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【2010.6.19追記】
花うさぎの「世界は腹黒い」
靖國は「国難に私達も戦う!」と誓う場(2010/06/18 09:43)
> この時は20分強という短い時間でしたので、是非ゆっくり話を聞きたいと思ってきたのですが、最近得た情報では病状が思わしくなく、かなり危険な状況だと聞きました。
> それでも耳元でこの「凛として愛」についての話をすると、担当医もビックリするくらい病状が回復するというのです。監督のこの作品にかけた執念みたいなものを感じます。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

拙ブログ:「凛として愛」関連エントリー
「凛として愛」ジャケットを作ってみました。
成人式式典で「凛として愛」上映はいかがでしょう?♪【山田宏杉並区長テキスト起こしあり】


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
みおさんの一日も早い病気回復をお祈りします。
皆様からも暖かい応援&祈りをどうぞよろしくお願い致します。
本日の 『みおボード


やせ我慢AさんTwitterより~  
*画像をクリックするとTwitter画面に飛びます。
☆sakuraraボード☆-miosan_yaseAsan3
やせ我慢Aさんからの掲載許可のお返事です♪
ツイッターで遊んでばかりの、A太郎です^^)
あんなコメントが、何かのお役に立つなら自由に使って下さい。
みおちゃんに、新しい出会いが増えることを祈って。

やせ我慢AさんTwitter
やせ我慢Aさんizaブログ

みおさんとの出逢いはコチラ☆
志は高く、熱く燃える女性「みおさん☆」(出逢い)
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
スポンサーサイト

| 凛として愛 | 2010-02-03 | comments:5 | EDIT | TOP↑

COMMENT

1 ■無題

こんばんは。「凛として愛」のテキスト起こし、ありがとうございます。

これで私が以前にテキスト化したものをあわせると。主立った部分が出来ますね。

いつか使わせて頂きたいと思います。

| 花うさぎ | 2010/02/14 22:03 | URL | ≫ EDIT

2 ■Re: 私も使わせてください。

花うさぎさん、こんばんは。体調大丈夫ですか?

> これで私が以前にテキスト化したものをあわせると。主立った部分が出来ますね。
> いつか使わせて頂きたいと思います。

そうですね、私も花うさぎさんが起こされた部分を使わせて頂こうと思っていました。
できれば全編完成させたいと思っていますので、花うさぎさんが起こされた箇所も使わせて頂けると助かります。
こっちの分は全然持って行ってかまいませんので(^^。でも誤字・脱字見つけたら教えてくださいm(_ _)m。

| sakurara | 2010/02/14 22:22 | URL | ≫ EDIT

3 ■無題

あの~私のブログで使っている画像やテキストはいくらでもお使い下さいね。

保守系ブログが協力し合って全体のボリュームを拡大したいと前から思っていますので。

20日のメディア コントロール ジャパンで西村幸祐さんが何を言うか、聞いてきます(^^)。

| 花うさぎ | 2010/02/17 18:17 | URL | ≫ EDIT

4 ■Re: ありがとうございます!

花うさぎさん、こんばんは。
> あの~私のブログで使っている画像やテキストはいくらでもお使い下さいね。
は~い、ありがとうございます。もうたくさん使わせて頂いてます。いつもアチコチ探し回ってすいません(^^。

> 保守系ブログが協力し合って全体のボリュームを拡大したいと前から思っていますので。
そうですね、もっとたくさんの人に知ってもらいたいですね。私のとこからもリンク先に飛んでいってもらって、少しでもお手伝いできたらいいなと思います。

> 20日のメディア コントロール ジャパンで西村幸祐さんが何を言うか、聞いてきます(^^)。
ご報告待ってます!
そうそう花うさぎさん「頂門の一針」に紹介されてましたね。
【純正保守の立場からペンとカメラを駆使して毎日「世界は腹黒い」というブログを精力的に連打している「花うさぎ」さんは「日本が普通の国になるように、産経新聞を応援しています」という「サブタイトル」までつけている。
「産経新聞」社内にも、コレに応える自負は強いはずだ。 】

ブログを作るようになってから、もう情報を取っている方たちは産経新聞のスタンスはわかってらっしゃいますが、取り始めた方たちにとっては産経新聞のリンクが貼ってあると与える影響も大きいんじゃないかと思うようになりました。産経新聞って?と興味を持ってくれるといいなと思います。
実は私もネットで情報を取るまで、産経新聞の名前しか知らず、朝日と産経の違いも知りませんでしたので(^^。
産経新聞も最近いろいろ言われているみたいですが、阿比留記者がいらっしゃる限り大丈夫!と思いたい!です(^^。

花うさぎさんizaブログ:http://hanausagi.iza.ne.jp/blog/

| sakurara | 2010/02/18 01:30 | URL | ≫ EDIT

5 ■アドレス貼り忘れました。

「頂門の一針」
http://www.melma.com/backnumber_108241_4764961/

| sakurara | 2010/02/18 01:34 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sakurara2012.blog.fc2.com/tb.php/8-39a1fb2d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。